プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国のバス爆破、ウイグル独立組織が犯行声明 米テロ情報分析企業が公表(産経)

中国のバス爆破、
 ウイグル独立組織が犯行声明
  米テロ情報分析企業が公表

7月26日11時9分配信 産経新聞


 【ワシントン=山本秀也】中国雲南省の昆明市内で路線バスが連続爆破された事件で、米バージニア州のテロ情報収集・分析企業、インテルセンター社は25日、新疆ウイグル自治区の中国からの分離・独立を叫ぶ「トルキスタン・イスラム党(TIP)」が犯行への関与を認めるビデオ声明を出したと発表した。声明は五輪関係施設に対する新たなテロ攻撃を予告する内容となっている。

 声明は事件2日後の23日付で、「雲南におけるわが聖なるジハード(聖戦)」と題されている。声明でTIPのセイフラ司令官は、「五輪開催の停止を求めるわが党の警告を中国当局は無視した」と、犯行の動機を説明した。

 その上で、「われわれの目的は五輪関連の最も重要な施設を標的とすることだ。これまでにない新たな戦術で、中国中央部の数都市に対する攻撃を試みる」と、新たなテロ攻撃を予告した。

 これまでの犯行として、声明は昆明など雲南省内での路線バス爆破のほか、上海でのバス炎上(5月)▽浙江省温州での対警察テロ(7月)▽広東省広州でのプラスチック工場爆破(同月)-を「TIPの志願者」による犯行として挙げた。

 TIPは、米中両政府がテロ組織として認定している新疆ウイグル自治区の組織「東トルキスタン・イスラム運動(ETIM)」と同一組織とされ、今年5月に中国支配への闘争を挑む「聖戦」の宣言が情報機関に入手されていた。

 ビデオ声明の真偽を確認する他の情報はこれまで伝えられていない。在米のウイグル人組織「ウイグル・アメリカン協会」(UAC)では、こうした「テロ情報」を理由に、「中国の治安当局が同自治区での弾圧を強めている」として、非難する声明を今月に入り発表している。

-------------------------------------------------
■まず おさえるべきは、ネタもとがアメリカであり、しかも新米保守媒体『産経』の記事であるという点。つまり、前提として、「反中国(共産党政権)」という基本姿勢からブレることは、ほぼないということ。■つぎに、ネタ自体が、「反中国(共産党政権)」という「過激派」集団の犯行(声明)であるがゆえに、「敵の敵は味方」という、典型的なユガミがからまること。つまり、チベット問題とならんで、トルキスタン系の運動は「敵の敵は味方」で、「のぞましい」うごきなわけだ(笑)。

■しかし、こまったことに、今回のうごきは、無差別テロなんだね。むろん、「こまる」のは、「そんな人権無視は、いかんだろう。いくら主義主張がただしかったにせよね…」という、われわれのような見解の層にとっても、「テロは絶対に悪」ときめつけてはじない大国とか各国権力中枢など、既得権集団の利害にとっても、という、全然ちがった意味でだが。

■いっておくが、日米政府は、「9・11テロ」以来、テロリストを全否定する論理をふりまわして、国内外の言論を封じてきたのだから、今回も無差別テロに全面的批判をくわえないと不自然だし、「在米のウイグル人組織「ウイグル・アメリカン協会」(UAC)では、こうした「テロ情報」を理由に、「中国の治安当局が同自治区での弾圧を強めている」として、非難する声明を今月に入り発表している」といった行動も、「テロリスト擁護」論として当然とりしまるよね。■そうでないと、これまでの議論からして、つじつまがあわないよ。

■こういった、右派メディアにとっての「いたばさみ」状態は、いい気味としかおもえない。ひごろ、左派攻撃はともかく、リベラル左派の言動にも、攻撃的な姿勢をとりつづけている媒体には、徹底的に「首尾一貫しろ」とせまるのがよかろう。■安倍晋三前首相がアメリカ議会でイジメられているときに、「宗主国アメリカ」の動向に、ほとんど沈黙でやりすごした『産経』。今回も、卑劣なスルーか?(笑)
■「偽善的な容共媒体、朝日」などと、いつも攻撃に余念がないわけだけど、「自分の主義主張もまともにつらぬけない、自称ナショナリスト媒体」とか、「テロの対象が、だいきらいな中国となると、いきなり客観中立報道とか、にげごしになる、卑劣な媒体、産経」といった批判に、どうこたえる?

■中国政府が事実上社会主義を放棄したあかつきには、現在のロシアなみに「復権」してしまうだろう「日本人」の評価を代表しているのが、『産経』『読売』あたりだとおもうが、テロリストの定義もまた、アメリカにポチしつづけるのだろうか? はずべき、西太平洋の政府のように。
スポンサーサイト

テーマ : 産経新聞 - ジャンル : ニュース

タグ : 中国 トルキスタン チベット ウイグル

<< 親の8割、公立小中学校に「満足」(朝日/ベネッセ調査) | ホーム | 生活保守主義としての「食の安全」意識とナショナリズム29 >>


コメント

"International Herald Tribune"(7月26-7日号)より中国ネタ

"China says it surpasses U.S. in use of Internet"
While several organizations have been projecting that China would surpass the United States in Internet users this year, the survey results announced Thursday were the first time a government agency has released figures showing China's market is larger than that of the United States.(15ページの結論部)
「中国は自国がインターネット使用者において米国を追い抜くといっている」
いくつかの団体が、中国が今年中に米国をインターネット使用者において追い抜くだろうとみつもっている一方、木曜日に公表された調査結果は政府の仲介者がはじめて中国の市場が米国のそれよりもおおきいとしめしている数字を公開した最初のときである。
(訳:貝枝五郎)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


中国新疆ウイグル自治区の武装警察に手榴弾、32人が死傷(読売)

■「中国のバス爆破、ウイグル独立組織が犯行声明 米テロ情報分析企業が公表(産経)」の「続報」みたいな記事。 ■同様な情報は、各紙つ...


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。