プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社説:秋山理事逮捕 今度こそ防衛利権の全容暴け(毎日社説)

■山田洋行・守屋武昌もと防衛事務次官など防衛省スキャンダルについては、旧ブログ以来、再三かいてきたが(たとえば「軍需産業と結びつく国防族(しんぶん赤旗)」)、最大の黒幕が逮捕された。■『毎日』の社説から。

社説:秋山理事逮捕
 今度こそ防衛利権の全容暴け

 防衛関連企業と防衛族議員とのパイプ役といわれる人物が24日、東京地検特捜部に逮捕された。社団法人「日米平和・文化交流協会」専務理事の秋山直紀容疑者である。逮捕を機に、特捜部には防衛利権の全容を解明する捜査を望みたい。

 秋山容疑者の逮捕容疑は、05年までの3年間に約2億3200万円を税務申告せず、約7400万円を脱税したという所得税法違反の疑いだ。防衛関連企業からコンサルタント料名目で受け取った多額の資金を不正蓄財していたという。

 秋山容疑者が防衛業界にいかに食い込んでいたかがうかがえる。企業も秋山容疑者の政界人脈を重視し、見返りを期待して資金提供したケースもあるのではないか。捜査ではこれらの資金がどこに流れたかを突き止めることが求められる。

 秋山容疑者の存在は昨年、前防衛事務次官の守屋武昌被告の収賄事件に絡んでクローズアップされた。贈賄側の防衛専門商社「山田洋行」や協会の理事を務める久間章生元防衛相らとの密接な関係が浮かんだためだ。今年に入り、国会での容疑者本人に対する参考人招致や山田洋行の元専務の宮崎元伸被告の証人喚問で、疑惑はさらに深まった。


 まず解明すべきは久間氏や山田洋行との関係だ。宮崎元専務の国会証言によると、山田洋行は秋山容疑者を通じて久間氏のパーティー券を購入していた。元専務が山田洋行のオーナーと対立して別の防衛商社を設立すると、久間氏は秋山容疑者も同席した宴席で、元専務に「オーナー親子はいい親子だ」と圧力ともとれる発言をしたという。

 久間氏は5月の訪米の際も渦中の秋山容疑者を同行したほどの間柄だ。この日、記者団に「秋山氏の金が我々に渡ったことはない」などと語ったが、きちんと記者会見を開いて速やかに説明責任を果たすべきだ。

 防衛庁(当時)が発注した福岡県苅田(かんだ)町毒ガス処理事業では、協会が関連業務を受注し、山田洋行が事業の下請けに入った。宮崎元専務は秋山容疑者の要請で地元対策費として1億円を渡したと証言したが、秋山容疑者は全面否定した。防衛庁が毒ガス処理の知識を持たない協会に入札参加を要請したうえ、専門家も紹介した不可解な経緯も明らかになっており、これらの解明も必要だ。

 協会の理事には久間氏以外にも歴代の防衛庁長官らが名を連ね、秋山容疑者は石破茂防衛相や額賀福志郎財務相らと宴席をともにしたことも認めている。関係する政治家は秋山容疑者とのつながりなどを改めて説明すべきだ。

 守屋前次官の問題が明らかになった昨年以降、防衛利権をめぐる政・官・業の癒着解明が特捜部の捜査に期待されたが、現時点では国民が十分に納得しているとは言い難い。今度こそ利権の構図を暴いてほしい。

毎日新聞 2008年7月25日 東京朝刊

-------------------------------------------------
■閣僚が うしろぐらい連中だらけであることは、なにも安倍内閣にかぎらないのであって、福田内閣も、にたりよったりだ。おびただしいスキャンダルをかかえたたま、「自殺した」ことにされている松岡利勝もと農林水産大臣は別格とすると、今回全容があきらかされないと、検察のスタンドプレーであることが バレバレの 鳩山邦夫法務大臣などの不見識な失言シリーズなど防衛族スキャンダルだけにとどまらない福田内閣は、ドスぐろ内閣といえる。■なにしろ、「軍需産業と結びつく国防族(しんぶん赤旗)」でも紹介したとおり、昨年までにかぎれば、「福田康夫首相は二月の会合で退会が確認されるまで(おなじく秋山直紀がしきっていた安全保障議員協議会の=ハラナ注)理事メンバー」だったんだから(笑)。
■ま、それはともかく、検察が、本気で政界浄化、利権解明をおこなわないと、やらせ司法というレッテルは、はがれないので、注意してほしい。
■それと、『毎日』やら『朝日』は、「今度こそ利権の構図を暴いてほしい」などといった、ひとごと、おかみだのみの姿勢で、お茶をにごすのではなくて、検察が本気で徹底究明せずにはいられないようなところまで、取材で論点をうきぼりにしないとおかしい。コネをふくめた取材網と、膨大な資金をもちあわせながら、ブログ以上のことをあきらかにできず、権力をおいつめられないなら、「権力の補完装置」「ブル新」などと、イヤミをいわれてもしかたがない。実際、記者クラブ制度で、ぬるまゆ体質の、なかよし特権クラブを維持するわ、石原都知事みたいな、いたけだかな政治家におどされると、こわごわ取材で全然つっこめないわ、「破壊的な取材力」に めをみはらされることは、ほとんどないからね。
■検察は、所詮国家権力の一部にすぎないのだから、法律エリートの自負心といったものに、自浄作用をもとめること自体がまちがっている。それを、大メディアがけん制できなくて、どうする。

■ちなみに、以下、直近にあげる『N.H.の雑記帳』なる資料サイトの作成者は、「沖縄はアジア戦略の要地であるから基地と共生、共存してほしい」といった失言を撤回し、のちにこれもからんで更迭されるはめになった、宝珠山昇もと防衛施設庁長官である。


●「秋山 直紀氏関連報道抜粋」「守屋・宮崎贈収賄事件関連」『N.H.の雑記帳

●「秋山直紀 脱税で逮捕 速報」「秋山直紀 日米安保障議員協議会」 「日本最後の武器商人?秋山直紀の反撃」 「東京地検特捜部 秋山直紀氏強制捜査は流産」 『現役雑誌記者によるブログ日記!by オフイス・マツナガ』
●「秋山直紀 -youtubeで見るニュース by オフイス・マツナガ
●「officematsunaga.livedoor.biz での 秋山直紀 の検索結果

●「【防衛利権 秋山氏招致】秋山直紀氏参考人質疑の要旨」「日米平和・文化交流協会の秋山直紀専務理事界隈にやたら不振な死が相次いでる件について」「山田洋行ー神戸製鋼所を結ぶ線は安倍晋三じゃなくて緒方重威 ・元公安調査庁長官」『日本アンチキムチ団』


●「【民主新党首】前原は、「安保利権」に群がる国賊である!」『反米嫌日戦線 LIVE and LET DIE(美は乱調にあり)』
●「防衛ロビイストと防衛利権に食らいつく人たち」『とむ丸の夢』

●「防衛省職員を参考人聴取 ガス弾処理事業めぐり東京地検(朝日)
●「山田洋行、防衛族団体に1億円か 協力費支出の文書(朝日)
スポンサーサイト

テーマ : 政治家 - ジャンル : 政治・経済

タグ : 防衛族 利権 検察

<< 生活保守主義としての「食の安全」意識とナショナリズム28 | ホーム | 石原産業廃棄物埋没調査報告期限(三重テレビワイドニュース) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。