プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ヴェーバー」って、「ベーバー」とちがう発音でよまれているか?

■yumiya氏が「「ヴ」のつかいかた」でのべているとおり、「ヴ」という表記に対応した、安定したニホンゴ発音なんてないとおもう。

…「ヴ」に関しては、先人がせっかく「ヴ」っていうかきかたを工夫したのに、それをつかわないのはよくない、みたいなことをいうひとがいるんだけど、これってそういう問題?

「ヴ」はもともと外国語の発音をあらわすためにかんがえられたかきかただから、それはそれでわるくない。外国語の学習書とかで発音記号のかわりにカタカナで発音をあらわすことがあるけど、そういうばあいには「ヴ」はおおいに役にたつ。このばあいは先人が工夫してくれたものをおおいに活用すればいい。[b]と[v]の区別があることばだったら、当然それは必要なことだ。

でも、外来語をかくっていうのはこれとははなしがちがうだろう。外来語は外国語じゃなくて日本語だ。外国語の発音をあらわすのに「ヴ」をつかうとしても、日本語になった外来語をかきあらわすのに「ヴ」をつかうのはおかしいんじゃないかな。

[v]に関連して[f]のことをかんがえるひともいるかもしれない。外来語のもとが[f]の発音のばあい、いまじゃふつうに「ファ」とかかいてるし、かいてるとおり「ファ」って発音してる(発音しにくいっていうひともいるし、「ファ」じゃなくて「フア」っていうばあいもあるけど)。ただし「ファ」の子音は英語の[f]とはべつもので、「フ」の子音[ɸ]だ。でもとにかく、「ファ」は「ハ」とか「パ」と区別できる。ところが、濁音になると区別がなくなって、日本語の発音としては「ヴァ」と「バ」の区別はない。

濁音になると区別がなくなるのは、ほかにもある。いわゆる「四つ仮名」(じ、ぢ、ず、づ)がそうだ。「シ」と「チ」の区別はつくのに、濁音になると「ジ」と「ヂ」の発音のちがいがなくなる。おんなじように、「ス」と「ツ」はちがうのに、「ズ」と「ヅ」だとおんなじになる。これは日本語に[s]と[ts]の区別はあるのに、これをそれぞれ有声音(濁音)にした[z]と[dz]には区別がないからだ(どっかの方言で「四つ仮名」の区別をしてるとこがあるらしいけど)。「ズ」ってかいても「ヅ」ってかいても、どっちも[zu]のことも[dzu]のこともあって、ちがいがない。

こういうふうに、[v]と[b]の区別がないもんだから、外来語についておもしろい工夫がうまれることもある。英語のアルファベットの「v」のなまえは[vi:]だけど、これをカタカナで「ヴィー」ってかいても発音は「ビー」になっちゃうから、「b」の「ビー」と区別するために、「v」のほうは「ブイ」っていうようになってる。「ヴィ」を英語のとおりには発音できないからこの部分は2拍の「ブイ」になって(「フィルム」が「フイルム」になるみたいに)、それから、「ヴィー」は全体としてもともと2拍だから、「ブイ」で2拍になった関係で「ー」はなくなったってことだろう。

こういうふうに、外来語のかきかたについては、「ヴ」なんてカナをつかわないで、あくまで日本語としての発音をかんがえて工夫するんじゃなきゃしょうがないとおもうんだけど。


----------------------------------------
■論破できるひとがいるのなら、皮肉でなく、きいてみたい。

■近刊で羽入辰郎『マックス・ヴェーバーの哀しみ 一生を母親に貪り喰われた男』という表記がまたくりかえされたが、これは、実際にどう発音されるだろう?
■たとえば“voice”が「ヴォイス」とかかれようと、それが〔vois〕と発音されている保証などない。やはり「ボイスレコーダー」などといった表記どおりに、〔bois〕としか、発音されていなさそうだ。

■yumiya氏は、「ドイツ語とかロシア語の[v]の発音をワ行でうつすことがあるけど、あれはなかなかいいんじゃないかな。ドイツ語とかロシア語は[v]のほかに[w]があるわけじゃないから、ワ行でうつすのはちょうどいい。」とのべているので、これにしたがうなら、「ウェーバー」という伝統的な表記になる。


●「クレオール化する日本語
スポンサーサイト

<< 一年の世相を一字で象徴しようというこころみ | ホーム | 食育・体育・パターナリズム >>


コメント

どうもどうもです。
ドイツ語のIT用語の件に関しては調査中です。
でも最新版の辞書の付録にある「コンピュータ用語集」の一覧引いても「発音」は載ってないんですね。ただ、英語との結合語は「英語風発音+独語風発音」が一語の中で合体していてちょっと気味悪いような。
例)Computersprache→コンピュータスプラッヒェ(=コンピュータ言語のこと)

さてさて、「バ」と「ヴァ」についてですが…。
区別しているのではないか、とも思います。
浅学の揚げ足取り狂いの妄想と笑い飛ばしてくださっても結構ですが…。

小生「バ」と書かれたものは、口をすぼめてから息を吐き出すように口を大きく開いて発音します。
しかし「ヴァ」と書かれたものは、上の歯を下唇に引っかけてから息を吐き出します。

何回か繰り返してみましたが、そうなっているのです。

そういえば、他人が「ヴェルディ」と言っているか「ベルディ」と言っているかも何となく聞き分けていたような気もしますし。

まあ、バカの妄想と思っていただいて結構ですけど。

毎度どうもです。

2ch kara kita Otokoさま

■実態としてどう発音されているかは、個人差や場面ごとのユレなど、いろいろあると推測できます。■ホントは音声学の知識のあるかたが、話者が意識して発音を日常とちがえてゆがめた口形にしないような状況設定をして計量分析すべきなんだとおもいます。
■ですから、今回のネタは、あくまで個人的見解とかじゃなくて、統計的分布の次元ですね。


■それはそれとして、ドイツ語のばあいは、おなじゲルマン語系ということで、用語が接合・癒着すると、そこれこそ、ピジン・クレオール的なことがたくさんおきるのでしょう。■日本列島内でも、ウチナーヤマトゥグチとかでは、たくさんおきていそうな…。首都圏と関西圏での単語の相互貸借のばあいは、よくわかりませんが。

タカマサさん、おひさしぶりです。yumiya です。
けっこうまえにかいた記事をとりあげていただいたようで、ちょっと みにきました。

コメント欄をよませていただいて、おもったのでずが、[b]と[v]の区別に関して かんじんなのは、「ヴ」とかかれたものを[v]と発音しているかどうかではなくて、バ行を[v]で発音することもある、ということではないでしょうか。外国語になれているひとが「ヴ」を[v]と発音していることは当然ありえることだとおもいます。でも、それは個人レベルのことですし、そのひとがバ行を発音するときに[b]としか発音していないといいきれるものなのでしょうか。

「ヴ」については、外来語ですし、外国語の発音を意識していることもありますし、この発音自体がやや意識的なものではないかとおもうのですが、カタカナの外来語のバ行ではなくて、それ以外の日本語のなかにあらわれるバ行については、もっと意識しないものであって、それを外来語の発音とおなじレベルで自分で観察できるものなのかどうか…。

バ行だけではありません。マ行も[v]の口のかたちで発音することがよくあります。上くちびると下の歯で[m]のような発音をします。ひとがしゃべっている口もとを観察していると(あまり礼儀ただしいこととはいえないでしょうが…)、これがけっこうみられます。この発音にはちゃんと「meng」というなまえの発音記号があって、「ng」をあらわす発音記号のしっぽを[m]につけたものになります。イタリア語とか現代ギリシャ語で、[f]と[v]のまえの鼻音にこれがあらわれます。これは正式な発音です。実際には英語とかにもあるとおもいますが、正式な発音ということにはなっていないようです。

マ行に関しては脱線ですが、とにかく、「ヴ」をいつも[v]と発音しているとしても、バ行でも[v]の発音があらわれることがあるのですから(そういうことがないというひともいるかもしれませんが、一般論として)、日本語に[b]と[v]の区別があるということにはならないとおもいます。

ふるいネタで、すみません

yumiyaさま

■ごぶさたいたしております。■わざわざ おこしいただき、ありがとうございます。
■え~とですね。コメント欄ということもあって、少々はなしをはしょりすぎました。
■かきたかったことは、発音記号的な次元に対応して、〔b〕〔v〕が実際に発音(識別)されているかどうかではないのです。「ちがうオトという主観にそって、実際に(意識的か、半意識的か微妙なものはあでしょうが)識別行動がおきているかどうかは、社会言語学的な関心もまじえて音声学的に実証分析しないと、実態はわかりませんよね?」といったことなのですね。
■外国語になれているかどうかは別として、小生は、「ヴェーバー」という表記を〔ve:…〕ってな感じで発音しわけることが、実際あります。■しかし、それが「C」をよみあげるときに、「スィー」って普通に発音している層でも、「ビタミン・スィー」みたいなのが現実じゃないかと。実際小生自身、固有名詞でないばあいは、たとえば”voice”を「ボイス・コントローラー」とか「ボイス・レコーダー」みたいな感覚で発音していますし、“team”のばあいは、「チーム/テーム」で、ゆれていることを自覚しています。
■まとめるなら、実態として、差異がはっきりしているかどうかってことを調査する必要があるし、それと話者の意識(主観)とは、とりあえず別の次元として分析する必要があるだろう、ってことです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。