プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

説明と同意のない公教育サービス

■哲学者の内田樹氏や、教育学者の宇佐美寛氏らは、学生が学習の起点において、学習の到達点や意義を把握していないとみる。

■もちろん、こういった教育論にたつ御仁たちが、みんな一枚岩というわけではない。■たとえば、内田氏/宇佐美氏自体が、教育課程の設計というか、目標を全然ちがうものとしてイメージしてる。内田氏は、教育は結果論であり、学習者はもちろんのこと、指導者も、学習者がどう変貌するかは予想しきれないとみているようだ。一方宇佐美氏は、大学での大規模授業であろうが、明確な指導過程・到達点をイメージし、学生への発問や質疑応答を通じたモニター作業によって理解度を把握しつつ微調整して、イメージにギリギリまで最大多数をおいこんでいく、という教育理念のようだ。■前者が、教員の大多数の実感・実態に即した教育観であり、後者のように、自他にきびしい、緊迫感のある禁欲的な教育観は実態として少数派だろう。
■そして、実際問題、教員志望者など資格取得指向の学生を中軸とした授業空間を前提にした後者と、学習者にそれほどまでに共通した目的意識があるはずのない、教養教育的な空間(いわゆる「お嬢さん学校」など)を前提とした前者とでは、おのずと、「到達点」の設定や過程などにおける、緊迫感が質的にちがってくるはずだ。 ■また、いかなる教育空間でも、指導者が設計した綿密な教育目標と計画にもとづいて、厳格にトレーニングがくりかえされねばならないといった、強迫的な発想は、ひとりよがりというものだろう。第一、信念のひとというほかない、宇佐美氏らが設定した教育目標や手法が、完璧であるという保証はどこにもない。それが凡百の中途半端な教育者より数段質・量両面ですぐれいているにしても、学習者全員に、いついかなるときにもで、いい影響しかおよぼさないという断定など、だれにもできない。「完璧でありたい」という理念と、現実に完璧であるかどうかは、ほぼ一致しないとおもわれるし、完璧な教育は、かみならぬ全知全能でない人間がおこなう不完全な認識と言動からして、原理的に不可能だ。■だから、かりに徹底的に計画をたて入念に準備をするにしても、つねに、不測の事態がおこること、意図しない結果が事実としてもたらされるという想定をしておくのが、当然だし、誇大妄想におちいらない現実主義というべきだろう。

■しかし、このように、ある意味対極的にみえる両者が、実は共通しているのは、「学生が学習の起点において、学習の到達点や意義を把握していないという」普遍的な経験則から、「だから、指導者主導で教育は実行されるべきだし、そうでなければ機能しない」という、保守的学習観である。
■いや、それが原理的にまちがっているいいたいのではない。むしろ、指導者が、そういった前提で指導体制の準備をつくり、実践していかないぎり、学習過程の暗黙の文脈にのりきれない層を大量にとりこぼして、事実として失敗するだろうから。■「資格試験に合格」といった、ごく単純な学習目標で一致しているような空間でないかぎり、指導者の責務は、かなりおもたいと。
■しかし、旧ブログにみならず、このブログでも何度かかいたことだが、「学生が学習の起点において、学習の到達点や意義を把握していないという」普遍的な事実をおして、「つべこべいわずに学習する」といった「おしつける」だけの正当性を、小中学校の教科教育や課外活動は含意しているか? それを、生徒・保護者にうけあえるか? である。
■内田氏のように、合気道を大学のクラブ活動でおしえるのであれば、何重の意味でも主体的に「やりたい」と、師匠の門をたたいたのだろうし、宇佐美氏が強烈な個性のもと強力な指導方針を維持していることは、いわゆる「赤本」でも名物教員としてウワサだったようだから、千葉大教育学部に進学して教員資格を取得するためにはさけられない関門としてうけとめられていただろう。■しかし、そういった主体的選択ではなく、政府が自治体を通じて、少年労働などを禁じたかたちで排他的・独占的・っ強制的にあたがう公教育は、「つべこべいわずに学習」と「おしつける」だけの正当性をもちえているか? 親には「義務」を課し、生徒にはほとんどほかの選択肢をあたえずに、あてがう権限の正当性

■治療がどのような結果をもたらすか、完全な予測ができないがゆえに、断言が原理的にできない医療。所詮、医学部での教育をうけていないしろうとには、完全には治療と予後の過程を理解しきれず、結局は医師団という権威主義が保証する「ブラックボックス」に期待をかけるほかない患者。■しかし、そんな空間でさえも、近年は、「説明と同意」が自明視される。かりに、医療訴訟が懸念されるとはいえだ。■それに対して、公教育は、なにか充分な説明をしてきだろうか? いや、現状の教育現場が、あまりに多忙で、そんなユトリなどない、という現実はおいておこう。もし、時間的ユトリがあるなら 説明する気があるのか? しなくていい明確な根拠があるのか?
■静岡の県立高校で公民科を担当してきた木村先生は、「おれの授業が聞けないのか」という、おサムライ意識があったと痛烈に同僚たちを批判する。予備校や学習塾にはありえない姿勢がはびこっていると。■しかし、高校は、まだ義務教育ではなく、一応「退避」に選択肢がある。小中学校で「おれの授業が聞けないのか」という、お侍意識がはびこっているなら、生徒・保護者は、にげようがない。私立や国立の学校や外国の教育機関を選択してにげだす資源をもちあわせていないかぎり。■いわゆる「モンスター・ペアレント」がでないかぎり、あるいは訴訟ざたにもちこむ異様に攻撃的な保護者にでくわさないかぎり(あるいは、そういった決定的にこじれることがないかぎり)、「説明と同意」なんぞ不要だという文化が自明視されているとしたら、それは、異様な構造といえるだろう。

■宇佐美氏のように、いきぐるしいばかりにデザインが徹底している指導姿勢が、小中学校にもちこまれたとしたら、いわゆる「プロ教師の会」の方向性がグロテスクに出現しそうで、こわい。それこそ、「学習の起点において、学習の到達点や意義を把握していないという」普遍的な事実が生徒にあるなら、なおのこと、おしつけていい根拠が保証されていないとまずい。■一方、内田氏のように、「教育は結果論」として、ゆるくとらえられていればいいかといえば、それもちがう。義務教育は、排他的に時間を独占し、ほかの選択肢を事実上否定しているのだから、「どのヘンが着地点か?」が、ある程度生徒・保護者に提示されていないかぎり、「説明と同意」という説明責任をはたしたことにならないからだ。


■つまるところ、一見対極的にみえる教育観が皮肉にもうきぼりにするのは、「きみらは、よくわかっていない」という、ある意味もっともな現実認識から出発する、「おしつけ」の論理の破綻だ。■「自分にはかなりみえているが、保証はできない」という論理にせよ、「自分には完全にみえているので、保証するからしたがえ」という論理にせよ、多様な生徒、多様な人生、多様な情報の交錯する義務教育空間に対して、あまりにあいまいか、あまりにごうまんか、というほかない理念にみえる。■「多様な生徒に対して、そして予測不能な将来に対して、自信をもって義務教育を課せる」とする、その自信は、はたして、どこからもたらされるのか? という、根本的な疑義がうまれてくるのである。
■たとえば、エホバの証人が柔道・剣道等の授業をうけることを拒否したことが、訴訟ざたになった(神戸高専剣道実技拒否事件)が、小中学校で、宗教的信条などと無縁な生徒層が、格闘技などとは無縁なスポーツをあてがわれるのは、「体育」として当然正当化できるのか? なぜ、陸上競技や球技や競泳やダンスなどの、マネごとをさせられる義務があるのか? それは、生徒が教育をうける権利、自分の将来を決するための学習権と、どうすりあわせがついているのか? 単に「いろいろな体験をつむことは、やくだつから」といった理由で合理化できるのか? である。■これらの疑念が、体育などにとどまらないことは、いうまでもない。英語・数学・国語(というなの文芸批評もどき)・…。文部科学省が法的に保証しているという、学習指導要領が、国会など国民の代表者によって承認されたから、当然だというのか?


ブログ内「義務教育」関連記事
●旧ブログ「義務教育」関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 雑記 - ジャンル : ブログ

タグ : 義務教育 教科 合理性 正当性 政府 市民 素養 説明と同意

<< 公教育のメタファー | ホーム | 【転送】国際研究集会「台湾社会の変容と口述歴史~思い出が紡ぎ出す歴史を探る~」 >>


コメント

武道必修化へ60億円
文部科学省は、中学校の新しい学習指導要領(12年度完全実施)で武道を必修化するのに伴い、09年度予算の概算要求に全国の中学の武道場整備費50億円を盛り込む方針を固めた。専門の武道場がある学校は半数程度しかなく、09年度は200校程度で施設整備を図り、その後も計画的に校数を増やす。関連で地域で指定校を定め、指導者を招くなどの事業に10億円を計上する方針だ。
(中略)
現行の指導要領(保健体育)は、中1は武道とダンスのいずれかを選択し、中2と中3は球技、武道、ダンスから二つを選択する。新指導要領では原則、中1と中2で武道とダンスが必修になる。武道は、柔道、剣道、相撲から選択するが、なぎなたや弓道なども認められる。
(毎日新聞8月2日号夕刊1ページ)

本当に大事なものは目に見えない

にもかかわらず、目に見えるもの(身体的なパフォーマンスとか身体的なパフォーマンスとか、あとほかには身体的なパフォーマンスとか)に意味があるとおもいこみ、なおかつそのおもいこみに他人をまきこんでおいて恬としてはじない連中には、目に見えるもの(マンガとかマンガとか、あとほかにはマンガとか)の専門家が、そうした連中の末路をえがいていることを示唆する事例として『拳闘暗黒伝セスタス』(白泉社・13巻・55~65ページ)をあげておく。なお、その事例をよむのは勝手であり、よんだうえでアイデンティティ=クライシスをおこすのも勝手(というか、最低限の廉恥のあらわれ)だが、家族や親友(と、あなたがおもいこんでいる対象)をふくむ、いかなる他人にもあたりちらす権利など、あなたにはないことは、ここに明記しておこう。

『COURRIER Japan』(9月号)に

「毎年17%の増加率『学校へ行こう!』を強制しない英国”ホームスクール”事情」という記事があります(122~3ページ)。

つみを告白します

まったく無意味な身体的パフォーマンスに若年者をまきこむことで示威(本当は自慰)行為をしてよい、と反動的なウヨク職員におもいこませ、なおかつ実際にウヨク職員が若年者をまきこむまで、反権力闘争をおこたったこと。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


再論 専門軽視 5 産業資本主義社会から消費資本主義社会へ

つまらないという感覚への敏感さ 気まぐれを価値とする発想への転換 多様な感性が客観化できるシステムの構築 日本社会はいずれも失敗しています。いまいる単位制高校の教員は、本当に学年一括が好きです。それしかない。多様な消費者への多様な効用の提示、これには...


「本家」意識がぬけない日本柔道界2=スポーツからみた日本社会22

■もちろん前便のつづき。■前便でリンクだけしておいた、「国際化」の記述をはりつけておく。国際的な競技としての普及 国際的競技としての柔道においても礼節は重んじられている柔道の試合競技は1964年の東京オリンピックで、正式競技となる。女子種目も、1988年のソウ...


教科内容の選択権

■旧ブログで「義務教育と市民的素養」の根源的矛盾について再三議論をかきつらねてきた。 ■『[重]塾講師のつぶやき 』の先日の記事「専...


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。