プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最低賃金の国際比較(社会実情データ図録)

本川裕氏による『社会実情データ図録』のなかで、秀逸な「最低賃金の国際比較」の図解を転載。


最低賃金の国際比較
■ついで、「1人当たりGDPランキングの推移」の図録も転載。

GDP


■クロ線が日本である。為替相場に影響されないPPPで比較した下図が暗示するとおり、バブル経済崩壊後、その相対的順位は急降下していく。2000年以降は、オリジナルをどうぞ。
■本川氏は、おおさわぎしているが、なんことはない、1980年ごろの相対的順位にもどっただけのこと。やはり、バブル経済期が、数値的に過大評価されていたってことだろう。

■だから、こういった ひとりあたりのGDPの「地盤沈下」なんぞよりも、最低賃金の相対的ひくさが、経済先進地域で最低であり、格差大国、アメリカなどよりも ひどいという事実の方がおおきいんじゃないか? ジニ係数とかを過小評価しようとする経済学者がたくさんいるようだけど、やっぱり、ワーキングプア層がぶあつく実在するとおり、能力を評価しようとしない市場、能力をひきだせない市場、弱者の潜在能力をみきわめるなって てまひまは、当然のようにおしんで、ひたすら「コスト削減」競争にはしって、弱者の あしもとを とことん せめまくり、かいたたく。…そういった、エゲつない日本社会がうきぼりになっているとおもうが。
スポンサーサイト

テーマ : 憂国ニュース - ジャンル : ニュース

タグ : ワーキングプア 格差 労働市場 最低賃金

<< 釜ヶ崎(大阪・西成区)の暴動 | ホーム | 北京オリンピック、ハンセン病患者など入国禁止措置 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。