プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「児童虐待が4万件突破 8年で4倍」(厚労省集計)

■『中日』経由の「共同通信」の記事。


児童虐待が4万件突破
  8年で4倍、厚労省集計

2008年6月17日 13時28分

 2007年度に全国の児童相談所が対応した児童虐待は、過去最多だった06年度より3295件多い4万618件だったことが17日、厚生労働省の集計(速報値)で分かった。対応件数は、集計を始めた1990年度(1101件)から毎年増加しており、99年度に1万件を突破して以降、わずか8年間で4万件を超えた。

 厚労省は同日、全国児童福祉主管課長・児童相談所長会議に報告。「被害事例が増えているだけでなく、虐待に対する住民の認識が高まっていることなどが影響している」(虐待防止対策室)と分析
している。

 集計対象は、児童相談所に寄せられた通報や相談のうち、虐待と判断され、一時保護などの対応に乗り出したもの。47都道府県と児童相談所を独自に設置している19市の計66自治体で、別々にまとめた。

 29都道府県と13市で前年度より対応件数が増加。増加の割合が最も大きかったのは山形県(74%増)で、鹿児島県(67%増)と札幌市(54%増)が続いた。

(共同)

------------------------------------------
■これは、冷静な読者なら、異様な推移だとすぐきづくはずだ。普通はありえない。■エミール・デュルケームが『自殺論』としてまとめた背景は、「当時のヨーロッパ各国での自殺率が短期間ではほぼ一定値を示した統計資料などから、各社会は一定の社会自殺率を持っている」という、巨視的知見だった。自殺は、たとえば1990年代中盤からの日本での自殺者数の急増のような異常事態を例外として、かなりの程度、一定の発生率をたもつ。■おなじように、児童虐待が年々増加するとか、自治体によっては、1.5倍増以上の異様な増加率をみせるといった統計は、異様すぎる。セクハラ事件の発生件数が激増しているからといって、以前よりセクハラの実数がふえつづけているのはないのと、構図はおなじで、暗数が合理的に推計されなければ、意味がない。■その意味では、「「被害事例が増えているだけでなく、虐待に対する住民の認識が高まっていることなどが影響している」(虐待防止対策室)」といった見解は、きわめて不充分にみえる。 ■ウィキペディア「児童虐待」から、「児童虐待の「発見」」を転載。


児童虐待が社会問題として浮上したのは比較的近年である[6]。特に近代以前においては、児童は親の所有物という考えが社会通念としてあったために、人身売買や、果ては口減らし(間引き)とする子殺しすら行われていた。平成7年の刑法改正により削除になるまで尊属殺で子が親を殺すのは厳罰であったのに、親が子を殺すのに対しては格別罰則を設けていなかったり、推定103人を虐待死させた寿産院事件では、主犯に下された判決は懲役4年であった。

また、民法においても、親権者による「必要な範囲内」での体罰は認められているため、現実に虐待と体罰の区別を明確にすることは難しいとされている。

旧刑法第200条(平成7年刑法改正により削除)
自己又ハ配偶者ノ直系尊属ヲ殺シタル者ハ死刑又ハ無期懲役ニ処ス
民法第822条
親権を行う者は、必要な範囲内で自らその子を懲戒し、又は家庭裁判所の許可を得て、これを懲戒場に入れることができる。

------------------------------------------------
■要するに、セクハラ同様、以前は「社会問題」と認識されていなかったので、現象・事実が、あたかも「ない」ことのように あつかわれてきた、ということ。■学校教育で「体罰」が法的に否定されても、クラブ活動等で、しぶとくいきのびているように、「懲戒」権が年長者に保障されているかぎり、「おしおき」「教育的指導」は なくなりそうにない。■そして、そういった権力関係がのこる以上、社会学的密室では、虐待がくりかえされるから、権利意識の定着にムラがあるなか、徐々に、ときに、うえのデータのように異様な「急増」が報告されたりという茶番劇がつづくだろう。



【ブログ内「暗数」関連記事】
●「犯罪被害者と暗数への想像力
●「「ひきこもり」を推計する意義
●「海兵隊の暴力体質は、綱紀粛正なんぞでは達成できない4
●「家庭内殺人大幅増は錯覚です(凶悪犯罪増加の誤解を解くページ)


●旧ブログ内「暗数」関連記事
●旧ブログ内「体罰」関連記事
●旧ブログ内「虐待」関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 社会問題 - ジャンル : ニュース

タグ : 暗数 虐待 密室 育児 統計 犯罪 懲戒

<< 医師養成数、増加へ転換(厚労省方針) | ホーム | 「高齢者に最適なBMI値は25-30」(65歳以上の米国人) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


児童虐待について

児童虐待件数は、調査開始年度(’90)から一貫して増え続けている。増加要因としては、社会の関心の高まりや法的整備が進んだことを考慮する必要があるが、社会環境の厳しさが子育てを圧迫しているという事実は否定できないという意見がある。そもそも「社会問題」と認識...


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。