プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かきかえられていくウィキペディア項目2(藤原正彦) 

■旧ブログで「かきかえられていくウィキペディア項目1(フェロシルト)」とシリーズ化をうたいながら、全然はたせなかったものを、急におもいだしたので、『国家の品格』ほかで、旧ブログでも何度かとりあげた数学者、藤原正彦氏についての記述の編集履歴を分析してみる。

2006年4月11日 (火) 05:07の版
新田次郎・藤原てい夫妻の次男。母藤原ていは『流れる星は生きている』で、ソ連軍の満州侵攻当日、満州国気象台職員だった夫の特権を生かし、いち早く汽車で新京を脱出、その満州からの引き上げ体験を綴った。


2006年4月17日 (月) 17:11の版
新田次郎・藤原てい夫妻の次男。母藤原ていは『流れる星は生きている』で、ソ連軍の満州侵攻当日、満州国気象台職員だった夫の特権を生かし、いち早く汽車で新京を脱出したものの、まもなく夫はシベリアに抑留され女手一つで子供三人を連れて1年がかりで帰還、生死を彷徨ったその満州からの引き上げ体験を綴った。

------------------------------------------
■おかあさまの 体験記は、「藤原てい」という項目へリンクでとべばいいのであって、加筆の必要性が全然わからないね。■それもあってか、再三けずられたり復活したり、いそがしい(笑)。

2006年4月11日 (火) 05:07の版
外国の大学勤務時の体験記や、昔の著名な数学者の評伝で有名である。特にシュリニヴァーサ・ラマヌジャンを尊敬している。日本エッセイストクラブ会員。学術書は全く書いていない。


2006年4月17日 (月) 17:11の版
外国の大学勤務時の体験記や、昔の著名な数学者の評伝で有名である。特にシュリニヴァーサ・ラマヌジャンを尊敬している。日本エッセイストクラブ会員。学術書岩波数学辞典(岩波店)の編著がある
------------------------------------------
■『岩波数学辞典』は、第3版をさしているらしい(大学ホームページ)。■しかし、『岩波数学辞典』(第3版)は、あくまで日本数学会編であって、藤原正彦編ではない(笑)。数学にはうといけど、編集委員になをつらねることで、編著とか共著って、かくもんだろうか?■普通は編集委員は辞典のなかの名簿にかきこまれはするが、「黒子」であり、項目をかいたばあいに、「項目分担」などとかくんじゃないのかね?
■とするとだね。著書のなかに、数学の専門書が1冊もないというのは、「学術書は全く書いていない」とかかれても、しかたがないし、それを全文削除して、かきかえるのは、編集作業として、越権といえそうな気がする。
■もっとも、こういった記述は、2006年5月28日 (日) 15:11の版では、「学術書では岩波数学辞典(岩波書店)の編著(共著)がある。単独の学術書の著作はない 」とかきかえられ、2006年7月23日 (日) 20:54の版や、つづく2006年7月25日 (火) 21:35の版あたりから、みるかげもないぐらい、かきかえられて現在にいたっているようだ。


■また、ながらくしるされていた

やや遊戯的な分野においても、藤原の定理とも呼ぶべき結果を証明している。ある数は、その各桁の数の和とその和を逆転させた形の数との積(藤原関数とよばれる)が、その数自身と等しくなる。1729を例にとると、

1+7+2+9=19
19×91=1729
この性質を有する自然数は、1,81,1458,1729の4つだけであることを定理は主張する。

自身、数学とは美と調和であると主張するが、藤原の定理の醜さを笑うニヒリストでもある。


という記述は、2006年11月30日 (木) 02:50の版で けずられ、その後復活していないようだ。

■つまり、批判的編集作業による自浄作用=質的向上がある一方で、ファンや批判的部分による、感情的な編集合戦もすけてみえてくる。■旧ブログでもかいたが、WikiScannerによって、長期的に編集作業をくりかえしている「工作員」的な存在が浮上したら、わらえるね。
スポンサーサイト

テーマ : みんなに紹介したいこと - ジャンル : ブログ

<< 自衛隊機中国派遣中止を解読する(田中宇の国際ニュース解説) | ホーム | 映画「靖国」が軽く吹っ飛ぶ 渡辺文樹監督『天皇伝説』上映中止 ショックだぁ(反米嫌日戦線「狼」(醜敵殲滅)) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。