プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活保護費から賠償金差し引く セクハラ敗訴の羽曳野市(朝日)

■先日の『朝日』の記事から。

生活保護費から賠償金差し引く
 セクハラ敗訴の羽曳野市

2008年05月24日03時00分

 生活保護の申請をした女性(44)への職員のセクハラ行為をめぐる訴訟で敗訴し、110万円の損害賠償を支払った大阪府羽曳野市が、訴訟費用を除いて女性の手元に残った約24万円を「収入」とみなして生活保護費から差し引いていたことがわかった。専門家は「嫌がらせとしか思えない」と指摘している。

 昨年10月の大阪地裁堺支部判決によると、女性は生活保護受給を申請した05年5月から同12月、羽曳野市の担当の男性職員(30)=懲戒免職=から「夜に自宅に行く」といった内容の電話を4回受けた。元職員は訴訟で否認したが、判決は「立場を利用したもので悪質」と指摘し、セクハラ行為と認定。市に慰謝料など計110万円の支払いを命じた。

 女性の代理人弁護士らによると、市は判決に従って賠償金を支払い、女性の手元には訴訟で証拠採用された電話の録音テープの声紋鑑定費や弁護費用などを引いた24万2千円が残った。市はこれを女性の「収入」とみなし、昨年11月~今年4月、女性の生活保護費(月約6万6千円)から月1万~5万円を分割して差し引いた。

 一方で、市は国家賠償法に基づき、元職員に女性への賠償金と同じ額を市に支払うよう請求。元職員が応じたため、市は生活保護の減額に加えて賠償金も結果的に取り戻した形になった。

 自治体は生活保護法に基づき、受給者が交通事故や離婚などで保険金や慰謝料を受け取った場合、それを「収入」とみなして保護費を減額することができる。一方で旧厚生省は61年、受給者の自立や更生のために使われる分については収入とみなさない、とする通知を出している。

 女性の代理人は羽曳野市に「24万円は女性の自立や更生に必要な費用とみなすべきだ」と抗議。「そもそも、訴訟で負けた市が勝訴した側から賠償金を事実上取り戻すのは信義則に反する」と主張している。

 女性は朝日新聞の取材に「裁判で市が悪いと判断されたのに、お金を返す必要があるのか」と話した。

 これに対し、羽曳野市の麻野博一・福祉総務課長は「生活保護受給者が得た保険金などについては、ふだんから必要経費を除いたすべてを収入と認定している。今回も同様の措置をとった」と説明する。

 厚生労働省によると、行政の不法行為や災害被害などで賠償金を得た受給者については、自治体から問い合わせがあった場合、「個別の事情」を最大限考慮して生活保護の減額を判断するよう求めているという。過去には、95年の地下鉄サリン事件の被害に遭った生活保護受給者にオウム真理教(現アレフ)が支払った賠償金約300万円が、収入として認定されなかったケースがある。

 今回の羽曳野市の対応について、同省保護課の担当者は「訴訟に敗訴して賠償金を支払った経緯を踏まえれば、もう少し配慮の余地があったのではないか」と話している。(柳谷政人)

---------------------------------------------
■女性で生活保護申請者という、二重の弱者のよわみにつけこんだ もと羽曳野市職員の行状は、先日の報道だと最低野郎というほかないものだったが、懲戒免職にした羽曳野市って組織自体がひどそうだ。■「生活能力のない連中にめぐんでやっている」といった発想が職員や、その背後の市民にあるからとしかおもえない醜態だ。旧ブログで何度もとりあげた北九州市の事例と異質だとはおもうが、ねっこはつながっているような気がしてならない。
■これら むごい事例の背景にあるのは、もちろん「やっかみ」意識。「なんで アイツらが…」という、相対的剥奪感がともなって、あしをひっぱる姿勢。■これもまた、「(弱者が弱者をイジメるという、凄惨な差別構造を)放置しておいた方が支配がやりやすい」って直感がはたらいているような気がする。世界史的に普遍的な構図だけど。

■それにしても、「羽曳野市」ってニュース検索すると、この件は、『朝日』しかあつかっていないようだ。■読売の関西版とかなんでくいつかないんだろう。被害者女性が、『朝日』以外を信用していないのかな? 被害者女性のプライバシーの問題もあるから、不用意な取材が暴力にすぎないことは、ハナからわかりきったことではあるんだが、「生活保護費から賠償金差し引く セクハラ敗訴の羽曳野市」って検索かけると、それなりにひっかかるし、“セクハラ 生活保護 羽曳野市”とした検索結果はもっとおおいので、ところをみると、世間の関心はそこそこあるだろうし、メディアの沈黙ぶりも、不自然。


●「生活保護費奪われ餓死寸前 親族暴行で64歳死亡 福岡(朝日)
●「生活保護行政―北九州市を苦い教訓に(朝日・社説)【追記あり】
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

<< 生活保守主義としての「食の安全」意識とナショナリズム18 | ホーム | 新刊『幻想としての人種/民族/国民』(ましこ・ひでのり,三元社) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。