プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行政上の地名と、慣習的地名のズレ(宇都宮市徳次郎町)

■『朝日』の栃木版。


とくじろう?とくじら?/正解はどっち?
2008年05月14日


徳次郎1
インターから約600メートル離れた日光街道交差点の看板は「とくじろう」




徳次郎2
日光宇都宮道路・徳次郎インターチェンジの看板は「とくじら」とローマ字表記


 トクジラか、トクジロウか――。宇都宮市徳次郎町の読み方のことだ。日光宇都宮道路の徳次郎インターチェンジの看板にはローマ字で「とくじら」。一方、並行する日光街道の交差点の看板は「とくじろう」だ。いったいどちらが正しいのか。

 宇都宮市市民課によると、正しい読み方は「とくじろうまち」だ。1954年に徳次郎町のある旧・富屋村を含んだ1町10村と同市が合併した際、町名のふりがなが「とくじろう」と告示されている、というのが根拠だ。

 しかし、徳次郎郵便局の湯田一久局長は「地元では『とくじろう』と読む人はいない」と言い切る。住民は口座を開くとき、住所欄に「とくじら」とふりがなをふる。職員が声をかけ、直してもらうのが日常化している
そうだ。

 市文化財調査員の池田貞夫さん(60)に「とくじら」の由来を説明してもらった。

 日光東照宮の西に現在も久次良(く・じ・ら)町という地名がある。昔、そこの一族が勢力争いの末、現在の徳次郎町に居を移した。「外」の「久次良」の意から「とくじら」となったという説が有力らしい。あてられた漢字は、複数文献をひもとくと、「とく」が「得」だったり「じ」が「二」だったり「ら」が「良」だったりと様々だ。

 なぜ、市は住民の多くが親しんだ呼称を選ばなかったのか。池田さんは「郎を『ら』と読むのは不自然、ぐらいの理由で『ろう』にしたのだろう」と推測する。

 だが、徳次郎インターチェンジの供用開始は76年だ。市の告示から20年以上が経過している。なぜ「とくじら」が採用されたのか


 インターを建設したネクスコ東日本(当時は日本道路公団)広報によると、当時、地名とふりがなを県に照会し、承諾をもらった文書が残っているという。「それ以上のことはもう確認できません」

 県の当時の担当者が気を利かせ、住民に愛された呼び名でゴーサインを出したのか。あるいは勘違いだったのか。もはや確認は難しそうだ。

----------------------------------------------
■沖縄では、差別をうけた経緯もからんで、行政上の地名の、地域の呼称がズレていることは、しょっちゅうだ。ある意味、行政上の地名呼称は、在来のはなしことばに存在しなかったものだらけ、とさえいえる(ましこ・ひでのり『イデオロギーとしての「日本」』2-8-3など)。

■名古屋の「鶴舞公園」のように、「つるま・こーえん」とよばれ、「つるま公園」とかかれていたのに、「鶴舞●●」と漢字をあてがわれたために、「つるまい・こーえん」とよばれるようになってしまったところもある。中央本線名古屋市営地下鉄の駅名呼称が、「つるまいえき」だから、「つるま・こーえん」は風前のともしびってとこだろう。

■だから、行政がわが、伝統・慣習無視で、漢字にひきずられた呼称を「正式」だ、いいはりながら、じもとで全然あいてにされていない、なんてことは、全然不思議じゃない。■ちなみに、Googleで「宇都宮市 徳次郎 とくじら」の検索結果は125件、「宇都宮市 徳次郎 とくじろ」は3件と、前者が圧倒。行政による「正式呼称」がういていることは確実。

■漢字表記を死守しないと地名がまもれない、なんてことを、強調する御仁はたくさんいるが、漢字が伝統破壊にくみすることは、すくなくない。■優等生は、実は伝統・慣習なんてどうでもよくて、官僚制にとっての整合性だけが重要だから、すんなりと伝統否定にはしる。漢字が伝統だなんて、ウソなんだが、学校秀才にはそんな単純な事実もわからない。これが、学校教育の逆機能的な側面の典型例。「学校は科学的な知見・姿勢=市民的素養をみにつけさせる教習所的空間」という神話のホコロビがここにもある。




●ウィキペディア「徳次郎インターチェンジ
●Google検索「久次良 くじら
スポンサーサイト

<< ウィキペディア「5月15日」 | ホーム | 点字情報を振動で 携帯電話を使って伝達(朝日) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。