プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活保守主義としての「食の安全」意識とナショナリズム16

■「生活保守主義としての「食の安全」意識とナショナリズム15」のつづき。■ホントは、別のネタもあつかいたいが、今回も安易に、『世界の環境ホットニュース』の配信に依存。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
     世界の環境ホットニュース[GEN] 677号 08年05月13日
          ご意見・ご投稿 → このメールに返信

           毒餃子事件報道を検証する【第16回】         
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 毒餃子事件報道を検証する   原田 和明

第16回 今度は除草剤

 毒餃子事件が何の進展もみせないまま報道も次第に少なくなってきた頃、今度はペットボトル入りの緑茶飲料に除草剤が混入していたという事件が発生しました。



 「花王」(東京都中央区)が販売する清涼飲料水のペットボトル「ヘルシア緑茶」(350ミリリットル)を飲んだ 練馬区の会社役員の男性(43)が下痢の症状を訴え、花王が成分を調べたところ、グリホサートという除草剤の成分が検出されました。(4.6 毎日新聞)

 男性の妻が3月26日に練馬区内のスーパーでヘルシア(350ml)2本を購入。男性は1本目を27日に飲んだが異常はなく、31日の夜に2本目を男性が飲んだところ、洗剤や薬のような味(4.6 毎日新聞)、あるいは 漂白剤のようなにおいと苦い味(4.7 日刊スポーツ)がしたため、のどに指を入れて吐き出した。男性は下痢を訴えたが、既に回復しており入院などはしていない。他の客からの被害の訴えもない。男性によると、ペットボトルのキャップが少し緩かったといい、警察は混入経路を調べている。(4.6 毎日新聞)

 花王によると、除草剤の成分が検出されたものを含むヘルシアは3月5日に委託先の日本果実工業(山口県山口市)で33万本が製造され、14日に出荷された。埼玉県内の物流拠点には約2万本が残っているが、開封して確認したところ異常はみられなかった。練馬区のスーパーには20日に納入され、翌21日から26日まで陳列されていた。(4.7 日刊スポーツ)

 31日の夜、連絡を受けた花王は翌4月1日に男性宅を訪問し製品を引き取った。問題の製品は異臭や味のほか、色も通常より濁っていたという。花王が鹿島工場で分析したところ、除草剤成分「グリホサートイソプロピルアミン塩」を一致率約80%で検出した。(4.7 日刊スポーツ)5日に緊急記者会見を開いた花王の青木秀子品質保証部長は「製造工場内には存在しない、通常除草剤などに含まれる成分が検出された。致死量ではないがかなりの量」と説明、製造段階の品質管理を繰り返し強調し、出荷後に混入されたとの見方を強調した。(4.6 産経新聞)


 これらの記事からは、花王が自社での分析で、毒物を特定し、その濃度も把握して、記者会見で発表したのだと受け取っていました。4月7日付日刊スポーツでは、花王の分析で「一致率80%」だったとのことですし、部長が記者会見で「(ヘルシア1本を全部飲んでも)致死量ではない。」と断言していることから、花王は問題のヘルシアを入手後まもなく、毒物を特定し、その濃度も把握して緊急記者会見を開いたものと思われます。花王の技術陣なら容易いことだったことでしょう。

 ところが、花王の4月5日付発表資料では、「当該品を分析した結果、異物の混入が確認されました。」とあるだけで、物質名は記載されていません。さらに、4月8日付発表資料では、「(記者会見した4月5日)の時点では、異物は、弊社分析結果から除草剤様の成分と考えられましたが、特定までには至らず、警視庁で詳細な鑑定がなされているところだったため、内容をお知らせすることができませんでした。」とあり、警視庁が花王の発表に「待った」をかけたことを匂わせています

 では、なぜ花王が発表しなかったにも関わらず、「毒物はグリホサート」という報道がなされたのでしょうか? 4月6日付毎日新聞には「グリホサートとみられる成分だったことが警視庁の調べで分かった。」と書かれていますので、何のことはありません。花王には公表するなと言っておいて、警視庁は自らがリークしていたのです。毒物の特定は民間企業ではなく、警察の手柄だと言いたかっただけのことかもしれませんが、花王が把握してはずの濃度については一切リークされていないところをみると、この事件について、早くも警視庁が情報を規制しようとしている方針が垣間見えます。

 さらに、花王の4月8日付発表には、「混入していた『異物』について新たなお知らせ」が付記されており、その内容は次の通りです。(以下引用)


 「今回混入していた異物は、園芸用としても 市販されている 除草剤の一つ「グリホサート」で、低毒性のものであることが、警視庁の鑑定結果として発表されました。なお、弊社の分析結果においても、その混入量は致死量には至らないことを確認しております。」(引用終わり)

 すると、「グリホサートと みられる成分だったことが 警視庁の調べで分かった。」(4.6 毎日新聞)のは、その時点で警視庁が分析を終えていたわけではなく、花王の分析結果をリークしただけということになります。しかも警視庁は濃度について一切ノーコメントだったらしく、花王は「弊社の分析結果においても、その混入量は・・・」と苦しい言い回しを強いられています。

 警視庁は花王に発表を制限しつつ、「グリホサートは低毒性」と発表しています。そもそもグリホサートとは何でしょうか? 新聞各紙は「国内で一般に買える除草剤」と紹介しているだけですが、化学名はN-ホスホノメチルグリシンで、米国化学企業のモンサント社(枯葉剤のトップメーカーでもある)の除草剤「ラウンドアップ」の主成分です。化学名にメタミドホスと同様「ホス」がつくように、同じく 有機リン系の 農薬です。ここで、毒餃子事件とつながる「有機リン系農薬」というキーワードが登場しました。警視庁が花王に発表させなかった理由もこのあたりと関係はなかったのでしょうか?

 ラウンドアップはグリホサートのイソプロピルアミン塩41%に界面活性剤15%を加えて水に溶けるようにしたもので、黄褐色で酸性(pH=4.8)のグリホサート液剤として市販されています。ラウンドアップの毒作用は、グリホサートのみならず、溶液中の界面活性剤にも起因しています。ラウンドアップとして、(山内教宏「救急医学」12巻10号1470-1747ページ、1988年刊)

 ヒト経口最小致死量  100ml 
 ヒト経口推定致死量  2ml/kg(体重70kgのヒトなら140ml)

 グリホサートを摂取した場合の半数致死量(その量を摂取すると半数の動物が死ぬ)がウサギで 2000mg/kgで、メタミドホスの半数致死量が「マウス、ラット、ウサギなどで、10~25mg/kg」(安井至の ホームページ「市民のための環境学ガイド」)ですから、確かにメタミドホスに比べれば「低毒性」ではあるでしょう。しかし、ラウンドアップの毒性は様々なホームページで紹介されていますし、「ラウンドアップの毒作用は、グリホサートのみならず、溶液中の界面活性剤にも起因」しているのですから、グリホサート以外の成分も検出されたかどうか、それらの濃度はどの程度かなどが公表された上で、毒性の評価は なされるべきでしょう。ところが、警察庁は それらの事実を隠したまま、「低毒性」とだけ発表し、事件を矮小化しようとしています。

 「花王は、除草剤は多量に入っていたとみられるものの、1本すべて飲んでも致死量には達しないと説明している」(4.6 毎日新聞)のですから、350ml のヘルシア1本に混入していたグリホサートの量は最大でも10ml程度(濃度では3%)ではないかと推定されます。また、「色も通常より濁っていた」(4.7日刊スポーツ)のですから、それほど薄くもない濃度であったと考えられます。黄褐色であることから同色系の緑茶飲料が選ばれたのかもしれません。

 こうしてみると、有機リン系農薬という毒物、全部飲んでも死ぬことはないという絶妙の混入量、そして、毒物濃度を公表しないという公安当局の対応など、毒餃子事件との関連は不明ながらも、いくつかの共通項を見出すことができます。そして、花王の緊急記者会見の直後、「連続性」という4番目の共通項となる、第二の事件が発生しました。それも西日本で唯一毒餃子事件があった兵庫県で


 兵庫県警社(やしろ)署は7日、同県加東市内の無職女性(54)が市内のスーパーで購入した日本コカ・コーラ(本社・東京都渋谷区)のペットボトル入り飲料「爽(そう)健(けん)美(び)茶(ちゃ)」(500 ミリ・リットル)を飲んで気分が悪くなり、病院で治療を受けているが、命には別条はなく、快方に向かっている。県警による飲み残しの鑑定で、除草剤成分の「グリホサート」が検出されたと発表した。(4.8 読売新聞)

 読売新聞では「爽健美茶(500ml)」と商品名がはっきりと書かれていますが、同日付 高知新聞は、毒物が「ペットボトルのお茶」に 混入と報道、「同署は『商品名は公表できない』とし、」と今度は兵庫県警が商品名を隠そうとしたことを伝えています。毒餃子事件に続いて、兵庫県警はまたもや情報操作を画策していることを窺わせます。
 
 社署によると、女性の家族が保管していたジャスコ社店のレシートから、女性は4月4日午後2時ごろ、他の食料品と一緒に爽健美茶(500 ミリリット ル入り)を購入したことが判明。6日午後3時すぎ、女性が散歩中に一口か二口飲み、味の異変に気付き吐き出し、夕方になって気分が悪くなり入院した。(4.9 時事通信)

 事件は花王が記者会見を開く前に発生していたことになります。ところで、事件の通報は、販売店→イオン本部→保健所→兵庫県警で止まったようで、製造元のコカ・コーラ社には新聞社の問い合わせで事件が伝わっています

 ジャスコ社店が7日夕に、爽健美茶を店内から撤去したのに対し、日本コカ・コーラ社の広報担当者は「7日夜に新聞社からの問い合わせがあり、初めて知った。情報収集中なので、何もコメントできない」(4.8 読売新聞)と語っています。ここでも情報が伝わらなかった部分が明らかになっています。

--------------------------------------------------
■原田さんが指摘するとおり、ギョーザの一連の事件・当局発表・報道と同様、当局による あまりに不自然な情報統制がすけてみえる。■そして、毎度のべてきたとおり、この矛盾・不自然さをメディアは全然とりあげない。この異様な不自然さ。
■たとえば、以前この連載記事がふれていた朝日新聞社の雑誌『AERA』の報道と、「朝日新聞」「週刊朝日」との、報道姿勢のズレなど、実に不自然だ。朝日新聞社の、この問題にかかわる全記者・全編集部は、雑誌『AERA』の報道を熟知しているとしかおもえない。熟知しているのに、特集記事がかけないのは、かきたくないと判断している有力人物がいて、『AERA』以外でかかせないままの状況がつづいていると推定できる。■要するに警察庁や背後の政府当局の意向をくんで、「中国産冷凍ギョーザへの毒物混入は、日本に輸入されるまえにおきたこと」という、大衆が信じたがっている幻影を必死に維持しようとする朝日新聞社首脳部付近の画策がすけてみえる。■こう推理しないと不自然すぎる。
■また、政府当局や大企業に かなり きつくあたるってきたはずの『週刊現代』『日刊現代』あたりのサラリーマン雑誌・夕刊紙の沈黙ぶりも異様。■安倍首相を退陣においこんだり、相撲協会とガチンコの対決姿勢を鮮明に維持するなど、どうみたって反権力をうりものにしている非左派系媒体(つまり『週刊金曜日』とか『世界』とかではないという独自の たち位置)が、沈黙をつづけるのも、実に不自然で、朝日新聞社内でおきているだろう情報統制と同類のことがおきていると推定できる。
■だから、原田さんは、政府当局のたちまわりの不自然さを、メディアの報道記事のつきあわせによって、すかしてみせているわけだが、その作業がすかしだしたのは、「メディアも総動員体制で、『中国産冷凍ギョーザへの毒物混入は、日本に輸入されるまえにおきたこと』という、大衆が信じたがっている幻影を必死に維持」しようとしている現状だ。■実に不気味。

■以前は、兵庫県警と千葉県警の不自然な当局発表がとりあげられてきたが、今回は警視庁(東京都)もあがった。ま、警察庁の直轄組織である以上当然ではあるんだが、各県警と警視庁とでは格がちがいすぎる。■強烈なプライドを維持しているだろう警視庁も当然のように、各県警とあしなみをそろえているところをみると、一糸みだれず整然と国策報道を演出することが組織的に徹底しているらしいことが、わかる。
■中国の国家主席来日の前後におきた、聖火リレー問題四川省の大震災被害などで、ギョーザ問題は記憶としてうすれかかり、それこそナショナリズム刺激装置の一部分品にしかすぎなくなりつつあるが、背景にすけてみえる構図は、ぞっとさせられるものだ。
スポンサーサイト

テーマ : 食に関するニュース - ジャンル : ニュース

<< 石原産業:猛毒ホスゲン製造届けず 放射線産廃汚泥も搬出(毎日) | ホーム | ウィキペディア「5月15日」 >>


コメント

グズグズしているうちに【第17回】が配信されてしまった(笑)

http://archive.mag2.com/0000083496/20080515054000000.html

■ま、最新号の編集作業は、また後日。

こっそり

こっそり、遊びに来ました。

お時間がある時で結構ですので、宜しければ
私のブログにも遊びに来てください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


生活保守主義としての「食の安全」意識とナショナリズム17

■「生活保守主義としての「食の安全」意識とナショナリズム16」のコメント欄で予告したとおり、そのつづき。 ■今回もまた、『世界の環境ホ...


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。