プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「無事釈放を…」安倍氏発言で緊張走る 歴代首相が胡主席と朝食会(産経)

「無事釈放を…」安倍氏発言で緊張走る
 歴代首相が胡主席と朝食会

5月8日18時37分配信 産経新聞

 中国の胡錦濤国家主席と中曽根康弘、海部俊樹、森喜朗、安倍晋三の歴代首相4人との朝食会が8日朝、東京都千代田区のホテルニューオータニで開かれた。89歳と最年長の中曽根氏が主宰し、和やかな友好ムードが演出されたが、安倍氏が中国側が神経をとがらせているチベットやウイグルの人権問題を指摘したことで、一時緊迫する場面もあった。出席者らの証言から、その様子を再現する。

【写真】大隈講堂の外では学生と警官隊が衝突…抗議は「ごく少数の者の行為」と中国


 朝食会は午前8時からの約1時間で、会場の日本料理屋入り口では中曽根氏らが出迎えた。計6回の靖国神社参拝をめぐり、中国側と対立した小泉純一郎元首相は「おれが行ったら、胡主席は来ないんじゃないか」と周囲に漏らしており、姿を見せなかった。

 「みなさんとお会いできるチャンスを得て大変うれしい。このように一堂に会するのは初めてであり、かなり創造的な形だ」

 胡主席はにこやかに謝意を表明し、中曽根氏の正面の席に着いた。タケノコ、マグロのづけ、銀ダラ西京焼き、しじみ汁…と旺盛な食欲でたいらげたが、「さすがにおかわりはしなかった」(海部氏)という。

 中曽根氏は「今まで日中関係は必ずしも良好ではなかったが、7日の日中共同声明により新しい展開が可能になるだろう」と胡主席来日の成果を高く評価。海部氏は東シナ海ガス田問題について「だんだんよい方向で進んでいるようなので、ぜひその方向で進めてほしい」と要請した。

 こうした会場の「緩い空気」(出席者)が一変したのは、続いて安倍氏がこう発言してからだ。

 「お互い国が違うので、利益がぶつかることもあるが、戦略的互恵関係の構築に向け、相互訪問を途絶えさせない関係をつくっていくことが重要だ」

 これは、小泉氏の靖国参拝をめぐり中国側が首脳交流を途絶えさせたことを暗に批判したものだった。安倍氏はその上で、「チベットの人権状況を憂慮している。五輪開催によって、チベットの人権状況がよくなるのだという結果を生み出さなければならない」と指摘した。

 会場には緊張感が走り、出席者はみな一様に黙り込んだが、安倍氏はさらにウイグル問題にも言及した。東大に留学中の平成10年の一時帰国中、国家分裂を扇動したとして中国に逮捕されたトフティ・テュニヤズさんについて「彼の奥さん、家族は日本にいる。無事釈放されることを希望する」と求めたのだ。

 「私はその件は知らないので、正しい法執行が行われているか調べる」

 胡主席は、こう返答したが、チベット問題については触れようとしなかった。

 安倍氏の発言で生じた気まずい雰囲気を修復しようと動いたのが森氏だった。北京五輪について「中国はメダルをたくさん取る作戦でくるのでしょうね」と水を向け、胡主席の笑顔を引き出した。

            ◇

 朝食会での安倍晋三前首相の発言要旨は次の通り。

 戦略的互恵関係の構築に向け。相互訪問を途絶えさせない関係をつくっていくことが重要だ。国が違えば利益がぶつかることがあるが、お互いの安定的関係が両国に利益をもたらすのが戦略的互恵関係だ。問題があるからこそ、首脳が会わなければならない。

 私が小学生のころに日本で東京五輪があった。そのときの高揚感、世界に認められたという達成感は日本に対する誇りにつながった。中国も今、そういうムードにあるのだろう。その中で、チベットの人権問題について憂慮している。ダライ・ラマ側との対話再開は評価するが、同時に、五輪開催によってチベットの人権状況がよくなったという結果を生み出さなければならない。そうなることを強く望んでいる。

 これはチベットではなくウイグルの件だが、日本の東大に留学していたトフティ・テュニヤズさんが、研究のため中国に一時帰国した際に逮捕され、11年が経過している。彼の奥さん、家族は日本にいる。無事釈放され、日本に帰ってくることを希望する。

-----------------------------------------------
■「はっきり政治的主張をおこなうタカ派政治家健在」といったアピールをしたつもりだろうが、一部の強硬派以外は評価しない、スタンドプレイとしか位置づけられないだろう。■というか、「空気よめない」系政治家の面目躍如といった、皮肉っぽいとらえられかたしかしないかも(笑)。
■安倍前首相ら反中国派の政治家たちによる、チベット問題・ウイグル問題などの提起は、典型的な「敵の敵は味方」系である。「CIAであろうと、援助をもうしでてくれるなら、すがる」といった、チベット亡命政権とか、「過激派であろうが、支援してくれるなら共闘する」といった、成田闘争での農民たちとか、弱者がすがる「敵の敵は味方」は 同情するにあたいするが、CIAやら日本のタカ派政治家たちによる反中国キャンペーンの一環としての「少数民族問題」論は、「すじがとおっているから、評価しなければ」とはいかない。■ちょうど反共勢力が「北朝鮮による拉致被害者」問題に、妙に熱心だといったのとおなじくね。
■安倍氏らが、選挙区の下関近辺での弱者救済に熱心であるとか、韓国でゆくえ不明になっている統一協会信者の日本人女性たちの人権擁護に熱心であるといった うわさはきいたことがない。■やはり、こういった公式の場で、わざわざ 緊張感がはしるような発言を展開する姿勢と、ひごろの言動とのアンバランスは、警戒されて当然だろう。

■たとえば、安倍氏らは、「オキナワは米国の軍事植民地であり、中国にとっての脅威であるから、日本政府の姿勢には同意できない。性暴力や基地被害におびやかされつづけるオキナワ住民の人権状態を憂慮している」などと「内政干渉」されても、全然動揺しないのだろうか? そのような指摘をうけても、「内政干渉だ」といきりたったりしないのだろうか? 中国国内でくりかえされてきた人権侵害・弾圧等の経緯を たなあげしたままの、これら「正論」について、「中国国内でのさまざまな経緯は それとして、安保体制の政治性については、ごく当然の指摘」と、冷静にうけとめられるのだろうか?
■万一こういった応酬がおきたとすれば、岸田秀氏が『嫉妬の時代』で指摘したような、攻撃者同士が、自分の おちどを 自覚せずに、あいての 欠点だけを徹底的に攻撃するといった、泥仕合に にてみえる。


●旧ブログ「安倍」関連記事
スポンサーサイト

テーマ : チベット問題について - ジャンル : 政治・経済

<< わかものの「外国旅行ばなれ」の基盤 | ホーム | Roomazi-de Nihongo-o kaku >>


コメント

安倍さん、公開された安価な情報くらいは読んでいるんですよね?たぶん…

さすがは安倍さん!(もちろん皮肉)
それはそうと、『サンデー毎日』(5月18日号)の24ページには「中国人は『世界中が五輪歓迎』と信じている」という記事があり、「3月14日にチベット自治区ラサで発生した大規模騒乱の直後、中国の首脳部が集まり、『あれはダライ・ラマ集団のたくらみだ』という認識で合意しています。今もその線は変わっていないでしょう」という上村幸治・獨協大学教授の指摘があるのですが、安倍さん、こうした公開された安価な情報くらいは読んでいるんですよね?たぶん…
いや、その前提がまちがっているのならともかく、仮にその前提までは正しいとすれば、上記のような危険度たかすぎの発言をする意図が全くわからない。まさか、上記の『サンデー毎日』のような公開された安価な情報くらいは読んだ上でも「この発言によって反中右派における自分の評価は高まるはずだ」などと本気でおもっているのですかね?
いや、「おもっていなければそのような発言をするはずがなかろう」というツッコミがくることはおりこみずみです。しかし、どうかんがえても釈然としないんですよ。心情的にはどれだけ強固な反中右派であっても「その状況下でその発言は損得を考えた場合に絶対損が多いでしょ」と感じるのではないですか?いや、もちろん安倍氏の周囲にいる取り巻き連中が彼に匹敵する見識の低さゆえに純粋な損得計算もまちがっており、事前に「この場でこの発言をしても問題ないよな?」と安倍氏自身は平身低頭して真摯に相談したのに「それは危険です」と忠告してくれる人が一人もいなかったのかもしれません。ですから完全に安倍氏一人の資質の問題であると断言するのはさけますが、独断であれ相談した上での判断であれ、いずれにしてもヤバすぎです。(苦笑)
ほとんど『三国志演義』における劉禅状態ですな。[注]

[注]実際の劉禅は愚鈍ではなかったという説があるのは認める。(下記の「Wikipedia」参照)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%89%E7%A6%85

そもそも劉禅が君主を勤めた蜀漢という国家がどれほど国家としての体裁をなしていたのかさえ疑問視する説もある。(下記の「しろはた三国志」参照)

http://ya.sakura.ne.jp/~otsukimi/hondat/ss/sangokusi01.htm

しかし、そうした説をあえて無視すれば、安倍氏ほど劉禅の比喩があてはまる人物は、歴代の日本首相はもとより近年の権力者全般においても他にいないのではあるまいか?
上記の私見について、気骨あるウヨクからの、道理をともなった反論をもとめる。

いや、理念型としての「気骨ある右翼」であれば、

短期的「国益」なんてのは度外視するんじゃないでしょうか? 理念上、民族愛に殉じようとする右翼は、単なる「国益」ではなく、「道義」「大義」「理非」などをおもんずるはずで、「あやまれるシナ民族を理非をといていさめ、理解できそうにないばあいは、教育的指導として必要な打撃をあたえる…」といった論理でいくはずですから。■イタいのは、みずからの 清廉潔白さを立証できない政治家(たとえば、国税当局に「時効がきてはいるが、脱税」と指摘されたがゆえに政権を放棄したような人物)が、他国の「内政」に注文をつけるといった、笑止千万な現実を、われわれが みせつけられているという点ですね。
■いや、世界中のわらいものとなっている人物を、国政の長にまつりあげさせた われわれ有権者ですから、みずからの不徳をかみしめつつ、はじをしのばねばならないわけですが、それは前首相にかぎらず、歴代の首相に、尊敬にあたいする人物がほとんどいないという現実の一部でもあると。来賓の中国首脳一向も、しかたがなく、こういった政治的儀礼で食事をともにしたのだとおもいます。「こういった愚劣な会食もこなさないかぎり、経済大国たりえない」といった、義務感ですね。■つまりは、愛国者を自任する右翼のみなさんと、同病あいあわれむだろう悲惨な現状の象徴して、前首相の不毛なパフォーマンスがあったわけで、一瞬「正論」にきこえようと、「あなたがくちにするセリフではない(そういった徳をそなえていない)」というのが、こころある右翼の人士の反応ではないでしょうか?■こういった人物が、一時的とはいえ「美しい国へ」などと、自分が自決でもしないかぎり矛盾をきたすような「キャッチ・コピー」(だって、よごれきっているわけですから、「死んでおわびする」しかないでしょ?)をうたって人気をあつめていたといった、「みんなもうわすれたいだろう茶番」が、ほんのすこしまえに現実だったという、「憂国」のおもいとらわれる現状。いや、「わすれたいことは、もうなかったことに」の選挙民が、たぶん有権者の3分の1ぐらいは実在するという、おさむい現状がつきつけられていると。■こういったトホホな政治的現実は、たしかに「美しい国へ」というコピーの普遍的妥当性をしめしているという、これまた皮肉な構図…。

だったら志位和夫はもっとよくね?

ぬるぽなのはいけないと思いますさんへ

だったら日本共産党に政権をまかせて志位和夫さんを総理大臣にした方がもっとよくね?

いや、厳密にいうと日本共産党であれ社民党であれチベット問題について完璧な対応ではないことは本ブログでタカマサさんが指摘しているとおりでしょう。

http://harana.blog21.fc2.com/blog-entry-201.html

しかし、反中国右派がこの期におよんで安倍氏を支持する理由が分からない。経済的な利権をてばなさずに批判したいのだとしても、「あやまれるシナ民族を理非をといていさめ、理解できそうにないばあいは、教育的指導として必要な打撃をあたえる…」という論理にしたがって行動するのだとしても。
『私たち、日本共産党の味方です。』(情報センター出版局)という、新右翼と元・日本共産党幹部の対談本もあるのに、反中国右派が共産・社民という選択肢を最初から思考の枠組みから排除している(ようにしかみえない)理由がさっぱり分からん。単純にカネのために働いている御用右翼だとみなしていいんですかね?(って、それはいくらなんでも単純すぎますか?)

マジモードでの反論を期待しているんですが…

ぬるぽなのはいけないと思いますさんからの、マジモードでの反論を期待しているんですが…こないですね。
いや、もちろん反論を書かねばならない義務はないですし、病気や怪我や他の何らかの理由によってそもそもネットに接続できないのかもしれません。ですので、確約のない事柄に対して他人に何かを期待するのは本質的に自分勝手な心情であることはみとめます。ただ、「単純にカネのために働いている御用右翼だとみなしていいんですかね?」という、あまりにひねりのないオチが用意されている危険性を完全には払拭しきれていない状態におかれるというのはかなりシンドイ。もちろん、私がシンドイからといって同情する義務なんざ誰にもないんですが…
なんだか『テレビ版エヴァンゲリオン』がくだらないオチで終わったうえに『劇場版エヴァンゲリオン』でトドメをさされたときのトラウマがよみがえってきそうだ…
本田透版(↓)を再度読んで精神の平衡を保とう。

http://ya.sakura.ne.jp/~otsukimi/hondat/sousaku.htm#eva

(以上、すべて独り言)

安倍晋三の歴史認識も、もしかして…

安倍晋三の歴史認識も、もしかして…根本的に間違っているんですかね?旧日本軍の軍用性奴隷(いわゆる「従軍慰安婦」)について、軍による強制はなかった旨の発言をしたのは、(おそらく歴代の反動政治家はいくら歴史学の成果にムチャクチャ反する発言であっても、ウヨクのご機嫌とりとしてすくなくとも半分くらいは意図的に言っていたのだとしても)安倍に関しては本当にしらなかったのかもしれませんね。いや、見くびりすぎかもしれませんが、そう考えないとあまりに急な変化(河野談話を継承するとか彼の米国における発言とか)に対して、合理的な説明ができないんですよ。もちろん、「それはいくら何でも過小評価だ」とか「彼自身は明鏡止水の心境をもって謙虚に事実をふまえている。ただ様々な政治勢力との折り合いをつける必要があるので歯切れが悪い発言になるのだ」という主張が論理的には可能であることは認めます。ただ、それにしてもあまりにチグハグなことがおおいので、「もしかしたら本当にしらないのではないか?」という疑念が払拭できず、『劇場版エヴァンゲリオン』の結末のように「気持ち悪い(CV:宮村優子)」んですよ。
この点についてのタカマサさんの推測はどうですか?
もちろん、安倍晋三さん自身がメールアドレスも公開した上で書いてくれれば一番ありがたいんですが、それは無茶ですかね、やはり。

名人芸というべき、取捨選択能力

■別に右派にかぎりませんが、みごとな「名人芸」というほかない「取捨選択能力」を発揮する層が実在します。自分たちにとって つごうのいい情報だけ ツマミぐいできてしまう御仁たち。■当ブログの、また よりによって、反中国派にとっても親中国派にとっても うれしくないだろう この記事を、ネタとして ひろってしまうこと、リンクをはってしまうことの政治的文脈・効果が、自覚でてきないようです。■その意味では「取捨選択能力」は機能不全をきたしているはずですが、おそらくそういった自覚もないでしょう。
■トラックバック記事をよんだ読者層が、リンクをたどって、こちらにきたばあいに、どういった読後感をもつのか、皮肉でもなんでもなく、ソボクにといたいのですが、まあ「みなかったことにする」という防衛機制によって、また「おわすれ」になるんでしょう。

■ちなみに、安倍っちは、ホントにしらない可能性がたかいんでは? ■ブッシュ・ジュニア同様、こういった人物をコントロールしようとする黒子は、ものすごい心臓と頭脳をあわせもっているのでしょう。おどろきです。

リンクにくわえてください。

「IISIA 原田武夫国際戦略情報研究所」
http://www.haradatakeo.com:80/

どうぞ、おねがいします。
でないと、某「創造の共同体」が、いま以上に『オースティンパワーズ=ゴールドメンバー』の世界になってしまう。

原田武夫氏の信頼度

については、疑問符もつくようですが、当リンク自体が「絶賛サイト」ではないので、問題ないでしょう。■「ハラナが興味ぶかく参照しているブログ等」ということで。

リンクにくわえていただきありがとうございます。

「原田武夫国際戦略情報研究所(IISIA)」をリンクにくわえていただき、ありがとうございます。
原田氏およびIISIAの信頼度については個々人に判断していただくとして、原田氏自身もみとめていたのは、政治経済情勢について、おおまかな傾向は独力で試行錯誤している個人投資家でもつかめている、とのことでした。ですので、原田氏自身の発言にしたがったとしても、政治経済に関するおおまかな傾向をしりたいだけであれば、べつにIISIAのホームページをみる必要もなければ、ましてやIISIAの出版しているレポートを購読する必要はないことになるでしょう。ただ、原田氏自身のことばに依拠してつけくわえますと、政治経済情勢の変化する傾向はともかく、その速度に関しては個人投資家では言い当てられない、とのことでした。
ですので、貝枝の解釈としては、IISIAの情報は、それ抜きでも3わり当てられるひとは5わり当てられる様になり、5わり当てられるひとは7わり当てられる様になる、というくらいのヒントである様に感じています。
もちろん、この感じかた自体、原田氏自身の発言が信頼できるとして、の仮定ではありますが。

「中共に11年間投獄されていたウイグル人」(不条理日記)

http://himadesu.seesaa.net/article/114137075.html
コピーを取ったり本を書いただけなのに国家分裂扇動罪、11年間投獄ですか。一生収容所から出られなくなる北朝鮮よりはマシか?

◇ ウイグル人東大院生、中国が釈放 妻「声を聞かせて」 (魚拓 http://s03.megalodon.jp/2009-0216-1743-21/www.asahi.com/international/update/0210/TKY200902100327.html

このトフティー・トゥニヤズさんが妻子の待つさいたま市に住めるように、日本政府は配慮してほしいものです。そして中共の残虐さを証言してほしい。

【中国の人権問題の最新記事】
……
・【中共】511人の弁護士が立ち上がる【人...
http://himadesu.seesaa.net/article/113692622.html
……
・【中国】国営放送ボイコット宣言!
http://himadesu.seesaa.net/article/112663610.html



■ま、ハイパー独裁が支配する日米両国と、どちらがマシか微妙な点はのこるが。
■すくなくとも、米中両国が、たがいに あいての人権意識の水準をうんぬんするのは、厚顔無恥。まず自己批判からはじめないと、みぐるしい非難合戦として、失笑をかうだけ。まあ、そんな羞恥心期待する方がまちがっているけど。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


もう福田首相降板で安倍さん再登板でよくね?

福田首相はじめ、中国よいしょの発言しかしない政治家だらけのなか、言うべきことをきちっと言う安倍さんが凄い輝いて見える。


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。