プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年度 日本言語政策学会関東地区大会

2008年度
 日本言語政策学会関東地区大会


6月14日(土),12:50~18:30 受付開始12:30
早稲田大学(教室に関しては後日告知)
参加費700円+資料代300円(日本言語政策学会会員は資料代のみ)
問合せ/参加申込み先:jalp.waseda.staff@gmail.com (定員200名) 

【大会プログラム】
テーマ: 国際コミュニケーション能力としての日本語力とは
総合司会: 飯野公一(早稲田大学国際教養学部)
12:50 開会の辞:田中慎也(日本言語政策学会会長)
13:00~14:30 基調講演: 「リテラシーの概念とその教育」
        佐藤学氏(東京大学大学院教育学研究科長、日本教育学会会長)

14:45~16:15 講演:「政策目標としてのグローカリゼーションと言語政策の第三の道」(仮)
        桂木隆夫氏(学習院大学法学部教授)

16:30~18:30 シンポジウム:「外国人との共生と日本語」
司会: 木村哲也(杏林大学外国語学部)
パネリスト:柴崎敏男氏(三井物産CSR推進部)
       中野敦氏(文化庁文化部国語課専門職[日本語教育])
       中山暁雄氏(国際移住機構[IMO]駐日代表)
       坂中英徳氏(外国人政策研究所所長)

懇親会: 19:00~20:30
早稲田大学キャンパス内「楠亭」(参加費3,000円)
スポンサーサイト

テーマ : 文明・文化&思想 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : ナショナリズム 入国管理 社会言語学 言語政策

<< 日本語上手なら入国・滞在で優遇 外務省方針(朝日) | ホーム | 映画「光州5・18」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。