プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮崎どこ? 小学生も??? 正答率46%、全国最下位(朝日)

■1か月まえの記事「地理教育専門委員会「大学生・高校生の地理的認識の調査報告」(日本地理学会)」の続報的文章。■また『朝日』の記事を転載。


宮崎どこ? 小学生も???
 正答率46%、全国最下位

2008年05月02日03時04分

 宮崎がどこか正確に答えられた小学生は半分以下で、47都道府県で最も低い――こんな調査結果を財団法人総合初等教育研究所がまとめた。高校生、大学生の調査でも同じ結果が出ており、東国原英夫知事は宮崎の位置を示した法被を手に、各地を回っている。

宮崎県を赤く目立たせた法被
宮崎県を赤く目立たせた法被

 調査は、社会科についての基礎知識がどの程度身についているかを知るのが目的。07年2~3月、北海道から長崎までの21都道府県の23小学校の5、6年生計3962人に47都道府県名を示し、全国の白地図のどこに当たるかを埋めてもらった
 正答率が9割を超えたのは北海道、沖縄、青森の三つのみ。岩手と秋田、栃木と群馬、鳥取と島根、熊本と大分と宮崎など近隣で間違えたり、福島と福井と福岡、愛知と愛媛、宮城と宮崎など似た名前を混同したりした誤答がめだった。無回答が最も多かったのは佐賀(22.3%)だった。

 半分以上が位置を答えられなかった宮崎県は、日本地理学会が今年3月に発表した10都県の位置を答えさせる調査でも、正解が高校生の4割、大学生の3分の2と最も低かった。

 これを受け、みやざき観光コンベンション協会は背中に宮崎の位置を入れた法被を30着作製。東国原知事が4月17日に東京都庁であった観光PRコーナーの開設記念式典で披露した。その後も、山形、仙台、福島で開かれた宮崎県産品フェアで着用し、アピールしている。

 研究所は「東国原知事誕生直後の調査なので、今の状況なら違う結果になるかもしれない。都道府県を覚えるには、家でも、何かあるたびに『これ、どこだろう』と地図を見て話題にするのが大事」と話している。(星賀亨弘)

------------------------------------------------------
■「地理教育専門委員会「大学生・高校生の地理的認識の調査報告」(日本地理学会)」で紹介した、『朝日』の記事の図表をはりつけておく。

都道府県の認知


■「正答率が9割を超えたのは北海道、沖縄、青森の三つのみ」って、なげかれているけど、日本の南北両端、本州の北端が正答率がたかいことをみれば、結局のところ、北端・南端など、単に相対的位置がわかりやすいところが、めだっていて記憶されやすいってこと。■たぶん、鹿児島も正答率たかそうだ。山口はわからんけどね(笑)。

■「岩手と秋田、栃木と群馬、鳥取と島根、熊本と大分と宮崎など近隣で間違えたり、福島と福井と福岡、愛知と愛媛、宮城と宮崎など似た名前を混同したりした誤答がめだった。無回答が最も多かったのは佐賀(22.3%)だった」ってデータも、かなり わかりやすい構図。■①自分のすんでいるブロック以外については、ほとんど あいまいな 府県意識にとどまっていて、となりあっている関係性なんて全然記憶に定着していない。■②「福/愛/宮」など複数県でもちいられている漢字は、インデックスとしてはたらかず、むしろ記憶の混同をひきおこしている。全然ちがった地域ブロックにある県名が混同されていることは、外見上ちがってみえる①と通底。■③東京だって、関西圏以西など、ほかのブロックの住民にとっては、地図上の位置なんてどうでもいい情報であり(だって、新幹線や飛行機でつければいいわけだから)、となりの埼玉や神奈川と混同したって全然不思議じゃないってこと。おなじことは、大阪や京都、愛知あたりだっておきそうなこと。■④県産品などの ブランド意識向上のために、各県がハッピなどをきてキャンペーンをはること自体はわるくないが、これを地理教育の定着ウンヌンとからめるのは、不毛なこと。…あたりかね?

■ついでいえば、無解答のおおかった佐賀県の方が印象がうすいわけで、ブランド力の相対的順位という意味では宮崎県よりも深刻なのではないか?



国の位置の認知

■ちなみに、おなじく先月紹介した『朝日』の記事のこちらの図は、大学にあがると、マシになるとかかんがえていけないことは、あきらか。大学進学率は半分なわけだし。■国際情勢へのナショナリスティックな国益意識がとりざたされるわりには、「北朝鮮」とか「イラク」への関心のひくさは、どうだ? ま、イラクあたりは隣国とまちがえやすい可能性はありだろうが、「北朝鮮」の認知度のひくさは、「外国のことなんて、実はどうでもいい」という大衆意識の反映じゃないかね? だとすると、地理教育ウンヌンよりも、そういった「うちむき」の意識の方が問題じゃないかとおもうよ。

■日本国憲法をつまみぐいだけして、ほとんど全般をまなぶことがない。それは、教職免許ほしさに大学で「日本国憲法」って科目を履修したって同様、という問題とならんで、「どうでもいい」意識は、このくにの、表面的平和さを象徴しているけど、あやうさも反映している気がする。■沖縄島の場所を暗記していたって、米軍基地の集中の経緯やら安保条約・日米地位協定の本質を日本国憲法のかくされた暗部として理解しないかぎり、いきた知識じゃないしね。



スポンサーサイト

テーマ : 考えさせるニュース - ジャンル : ニュース

<< ◆社会科 入試の「地理外し」再考を(加藤淳史)【追記あり】 | ホーム | 少子化不安をあおる図解 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。