プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語上手なら入国・滞在で優遇 外務省方針(朝日)

■「"日本語上手なら入国・滞在で優遇 外務省方針"」というニュース。

日本語上手なら入国・滞在で優遇
 外務省方針

2008年05月01日15時01分

 日本に長期滞在する外国人の入国、在留の条件に日本語能力を反映させることを検討してきた外務省は、日本語の能力が高ければ在留期間を延ばすなど優遇する、との基本方針を固めた。能力が低いことを理由に従来より門戸を狭めることはしない。高村外相が1日午後、発表する。

 優遇策により、長期在留希望者の日本語学習熱が高まる効果を狙う。少子化が進むなかで、高い知識や技能を持つ外国人の受け入れが進んでいくことへの期待もある。

 具体的には、一定の日本語能力がある外国人の在留期間を、現行の3年から最長で5年に延ばす。また業務経験年数や学歴の要件も緩和する。当面は、通訳や翻訳者、国際線の客室乗務員など、主に日本語を使う専門的な職種を対象とする方針だ。

 高村外相は1月に外国人の日本語能力と入国・滞在条件を結びつける考えを表明。日本語ができれば職場や地域社会にとけ込みやすくなるとして「生活の質を高めるために大切だ」と指摘した。その後、外務、法務両省が具体策を検討してきた。

 一方、日本語がまったく話せなくても、これまで通り入国を認める。検討していた入国後の日本語学習の義務化は見送るが、学習の機会を増やす環境整備を進める。政府関係者は「日本語能力を条件に外国人を締め出す規制強化ではない」と強調する。

 今後は文部科学省や厚生労働省とも協議し、入管法を改正したうえで、来年度からの実施を目指す。日本語能力の判定には国際交流基金の「日本語能力試験」などを利用する方針だ。

 日本で原則90日以上滞在する外国人登録者数は年々増加している。法務省によると06年末現在で約208万5千人で、総人口の約1.6%を占める。(塚本和人)

---------------------------------------------------
■「能力が低いことを理由に従来より門戸を狭めることはしない」「日本語能力を条件に外国人を締め出す規制強化ではない」というが、もともと イングランド語話者優遇で一貫してきたんだから、それをかえるはずがないことぐらい「想定」ずみ。■それと「当面は、通訳や翻訳者、国際線の客室乗務員など、主に日本語を使う専門的な職種を対象とする方針」というが、これが、看護・高齢者福祉要員などの「輸入」のための布石として、与党議員や財界などの意向をうけた政策であることも、ほぼ確実。

■もともと外国人登録制度のなかには、在日を軸にした特別永住者がふくまれているし、日本国籍を取得した もと在日と連続性があって、そのヘンをゴッチャにした「06年末現在で約208万5千人で、総人口の約1.6%を占める」なんて数値データはナンセンスだしね。
■凶悪犯罪をおかしても、治外法権に保護される「日米地位協定の適用を受ける者」なんて連中もいるしな。やつらに、ニホンゴのうまいヘタなんて、たずねたことがあったか? ないよな「高級用心棒」だもん。「思いやり予算」つきで、最上級の「入国・待遇で優遇」だ。

スポンサーサイト

<< 発熱する東京 100年で3度上昇、世界一(朝日) | ホーム | 2008年度 日本言語政策学会関東地区大会 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。