プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イロは、先入観をもたせる強力な手段

■『日経ビジネス オンライン』連載の、伊東 乾の「常識の源流探訪」から、「イロの詐術に気をつけろ! 意識の死角とマインドコントロールの技法(CSR解体新書39)」に着目。 ■伊東乾氏は、マルチ商法などを、裁判員制度でさばくばあい、色彩イメージを悪用した検察などによるマインドコントロールが心配される、といった警告を発しているのだが、微細な論点はともかく、ちょっとびっくりしたのが、氏の提示する、ふたつの図の印象の歴然とした差。

詐欺の構造を可視化する2

■しかし、この図のやじるしをイロづけすると、スゴい。

詐欺の構造を可視化する1


■「エル・アンド・ジー」は、自称「電子マネー」の疑似通貨「円天」による詐欺疑惑などをひきおこした、健康食品販売会社。■氏の説明を一部転載。

 私が色指定したこの図では、文字ヅラでは何も言わなくても「このエル・アンド・ジーという会社は灰色~真っ黒けで、そこに入ってゆく資金の流れも極めてダークなものだ」という言外のメッセージを、色やその効果(グラデーション)などで盛り込んでいます。

 要するに、ひと目、図を見た瞬間に「こいつがクロ」という先入観を持つように、私はこの図にかなり露骨に配色設計したわけです。同様の認知誘導は、色彩以外の視覚にも、また音声など聴覚にも、メディアを通じて様々な方法で計画的に導入することが可能です。

 こうした操作を総称して「(視聴覚)メディア・マインドコントロール」と呼んでいます。その中で「色彩」に関する部分を、いまご説明しているわけです。

 これがどの程度、見る人に影響を与えるかを「定量化」するのは容易ではありません。しかし、すべてのヒトが影響など受けない、と強弁するのは難しいことです。



意識の死角を狙うメディア・マインドコントロール

 皆さんはどうご覧になったでしょうか? 2007年10月のこの連載、本文で私は取り立てて罵詈雑言は語っておらず、淡々と事実を述べるような文体に終始しています。しかしこの図を一瞥しただけで、いかにもこの会社、悪そうに見えませんか?
……


裁判員裁判のメディア利用に制限を

 私はサブリミナルなマインドコントロールを念頭に、この図の形と色指定をしました。その理由は、裁判員裁判において、証拠提示等の段階でプレゼンテーションツールの利用が検討されていることを知ったからです。

 ヴィジュアルコンテンツ作製に覚えがある人だったら、プレゼンテーション一つで、言葉では何一つ証拠を残さず、見る人に「これが悪者、これが正義の味方、これが被害者」という心証を、審理の始まる以前、証拠提示の段階で、ほぼ完璧に植えつけることが可能です。

 裁判員裁判で、音声や動画などのマルチメディアの自由な使用を許せば、言葉に証拠を残すことなく、色彩などの効果だけで、職業裁判官を含めあらゆる裁き手が、ヒトとして不可避な認知特性によって、潜在意識レベルから簡単にメディアマインドコントロールされてしまう、それを危んでいるのです。

------------------------------------------------------
■たしかに、これはヤバい。

スポンサーサイト

テーマ : みんなに紹介したいこと - ジャンル : ブログ

<< カゼについての迷信と医療・薬品業界 | ホーム | 「主婦の友」が91年で幕(中国新聞) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。