プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「もんじゅ」直近に活断層(赤旗)

■今月はじめの記事を一応記録としてはりつけておく。

2008年4月1日(火)「しんぶん赤旗」

「もんじゅ」直近に活断層
原研機構が認める
敦賀・美浜原発にも

--------------------------------------------------
 高速増殖炉「もんじゅ」の直近に活断層があることを、日本原子力研究開発機構が認めました。日本原子力発電の敦賀原発、関西電力の美浜原発も、直近に活断層があることが明らかになりました。原発の耐震設計審査指針が改訂されたのを受けて行った見直しの結果が三十一日、国に報告されました。
もんじゅ周辺の活断層


 日本原子力研究開発機構は三十一日、もんじゅ(福井県敦賀市)の原子炉直近に長さ十五キロメートルの活断層が存在することを、新たに認定する報告書を国に提出しました。マグニチュード(M)6・8の地震を引き起こす可能性があるとしています。

 今回、原子炉直近で新たに活断層として認定された「白木―丹生(にゅう)断層」はこれまで、長さ二・四キロメートルと六・四キロメートルの一部分だけが活断層として評価されていました。同断層は、原子炉建物の西側、数百メートルの距離を南北に横切っています。

 また、再評価された十八の活断層のうち、同断層を含む十二の活断層について、これまで過小評価されていたことも明らかになりました。

--------------------------------------------------
 もんじゅ プルトニウムを燃料とし、使用した以上のプルトニウムを生み出せるとして開発された原子炉(高速増殖炉)。“原発先進国”がこぞって開発に取り組みましたが、重大事故が続発し、開発を断念しました。もんじゅも、一九九五年にナトリウム漏れ・火災事故を起こし、運転を停止していますが、国は運転再開を目指しています。
--------------------------------------------------

揺れの強さ大幅見直し
各電力会社
 北海道、東京、関西、九州、日本原子力発電の各電力会社は三十一日、原発の耐震安全性評価について国に報告しました。

 東京電力は福島県の福島第一、第二原発について、両原発の北側をほぼ南北に走る「双葉断層」の長さを、これまでの十八キロメートルから四十七・五キロメートルに変更。また、両原発の沖合海底でM7・9の地震が発生する可能性があるとして、これらの地震が発生した場合、揺れの強さが最大六〇〇ガル(ガルは加速度の単位)となると想定しました。これまでは両原発とも最大の揺れの強さを三七〇ガルとしていました。

 関西電力は、福井県にある美浜、大飯、高浜各原発について、周辺の断層の評価をし直した結果、美浜、大飯各原発の揺れの強さを六〇〇ガルに、高浜原発の揺れの強さを五五〇ガルに策定したとしています。

 これまでは、美浜、大飯各原発が四〇五ガル、高浜原発が三七〇ガルでした。

 九州電力は、佐賀県にある玄海原発と鹿児島県にある川内原発について、揺れの強さを、それぞれ、五〇〇ガルと五四〇ガルとするとしました。

 これまでは、玄海原発が三七〇ガル、川内原発が三七二ガルでした。

 北海道電力は泊原発について、揺れの強さをこれまでの三七〇ガルから五五〇ガルへ変更。日本原子力発電は、福井県にある敦賀原発と茨城県にある東海第二原発について、揺れの強さを、それぞれ五五〇ガルと五〇〇ガルに変更しました。これまでは敦賀原発が五三二ガル、東海第二原発が三八〇ガルでした。

--------------------------------------------------
■ちなみに、この問題に関連した特集記事を『朝日』朝刊がとりあげているが、ウェブ上にはあがっていないようだ。■なので、ウェブ上にあがっている「「30年以内に震度6弱」太平洋側など確率上昇」(2008年04月25日01時08分)の画像だけ転載。
■「もんじゅ」とかより、浜岡原発だよね。やっぱり。■日本海がわで、あれだけ震災がおきているのに、あかい部分はほとんどみあたらないわけで、逆にいえば、太平洋がわは、いつドカンときても全然フシギでないわけだから。



●旧ブログ「活断層」関連記事
●旧ブログ「ガル」関連記事
●当ブログ「ガル」関連記事
●当ブログ「活断層」関連記事
●旧ブログ「耐震」関連記事
●当ブログ「耐震」関連記事

●ウィキペディア浜岡原発訴訟
●旧ブログ「浜岡 震災」関連記事
●旧ブログ「原発震災」関連記事
●旧ブログ「もんじゅ」関連記事

「30年以内に震度6弱」以上1

「30年以内に震度6弱」以上2

スポンサーサイト

テーマ : ちょっとヤバいニュース - ジャンル : ニュース

<< ブログ大国としての日本列島 | ホーム | JR福知山線脱線事故被害者アンケート(産経/朝日/読売) >>


コメント

原発擁護論の無残

■ひどい擁護論というのは、論者の防衛機制か、利害擁護なんだろう。そこにはもはや論理など存在しない。「おれが安全だと信じているんだ。おまえらも信じろ」という、インチキ宗教と同質だね。

●「地震に直撃された原子力発電所 ~原子力発電所の安全性が立証された~」(2007/07/21 http://wwwc.pikara.ne.jp/boris/Hitorigoto/Hitorigoto535.htm
●「原子力発電所の運転差し止め判決 ~ ボーゼンとする無理解 ~」(2006/03/25 http://wwwc.pikara.ne.jp/boris/Hitorigoto/Hitorigoto470.htm

■ちなみに、旧ブログ記事だと、関連記事は、つぎあたり。
http://tactac.blog.drecom.jp/archive/103
http://tactac.blog.drecom.jp/archive/1974
http://tactac.blog.drecom.jp/archive/2058


「高経年化技術評価」?

敦賀原発:1号機運転16年まで延長 福井県知事に伝える

 来年12月に廃炉を予定していた敦賀原発1号機(福井県敦賀市、沸騰水型、35.7万キロワット)について、日本原子力発電(原電)は3日午前、森本浩志社長が県庁を訪れ、西川一誠知事に運転を2016年まで延長する方針を正式に伝えた。1号機は来年3月に運転開始から40年を迎え、運転中の商用炉としては国内最古の原発。

 原電が国に提出していた高経年化技術評価が同日認められた。運転延長は準備工事中の3、4号機が運転を開始するまでの地元の雇用対策が主な理由とみられる。【大久保陽一】

毎日新聞 2009年9月3日 12時29分

--------------------------------------
■活断層が ちかくにある以上、ながもちする、って先端技術が開発されようと、全然意味なしだとおもうが。■雇用を確保するためには、リスクをとるのも当然、ってか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。