プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

断層「過小評価」認める=中越沖地震後の海底調査で-柏崎刈羽原発・東電(時事)

2007/12/06-01:34 断層「過小評価」認める=中越沖地震後の海底調査で-柏崎刈羽原発・東電
 新潟県中越沖地震を受け、柏崎刈羽原発の周辺海域の地質調査を行っている東京電力は5日、設置許可申請時などに見つかっていたが、活断層とされなかった断層について、再評価の結果、活断層と判断したことを明らかにした。同日開かれた経済産業省総合資源エネルギー調査会のワーキンググループで報告した。
 この断層は、中越沖地震の震源断層との関連も指摘されており、当初の評価が「過小」だったことを認めた形だ。

-----------------------------------------
■旧ブログでは、活断層の存在や震災規模等を過小評価し、みずからの耐震基準を合理化してきた電力会社や政府当局の姿勢を再三批判してきた。■でもって、ようやく、自分たちの非をみとめたかたちなのだが、これをそのまま評価していいのか微妙だね。■①柔軟・開放的な姿勢に転換したポーズをだすことで、これまでの不信感を一掃しようという方針であるなら、それ自体警戒すべきだし、■②なにより、今回みとめた非は、われわれに情報公開できないでいる、極秘のリスク試算があって、それをカムフラージュするための偽装工作として、「氷山の一角」だけをさらしてみせたという悲観的な観測が可能だから。
■当局や原発推進派は、「被害妄想だ」と、いいはるだろうが、電力各社・政府当局の、これまでの隠蔽体質が、こういった不信感をまねいているわけだ。■当局や原発推進派が「心配するな」と、いいつのること自体が、これまでの 自分たちの言動の政治性に鈍感であるという事実、それ自体が「よらしむべし、しらしむべからず」の権威主義的体質が現在進行形であることを、うらがきしている。■不信感をもっている市民からすれば、「正直に公開できないこと自体、あかせない極秘データがあるはず」という疑念しかうまれてこない。■そういった、ごくまっとうな反応を「杞憂」よばわりする姿勢こそ、これまでの問題の本質なのだが、もちろんそんな自覚はない。ホント反省できないひとたちだ。
■電力各社や政府当局が「原子力資料情報室」」などの提起する批判に、まともにこたえたことが、一度でもあっただろうか? 疑念を一掃して「まかせとけ」といえたことが、あっただろうか?
スポンサーサイト

<< 『高学歴ワーキングプア』(水月昭道)続報 | ホーム | 赤福(伊勢)営業再開をめぐる虚実 >>


コメント

『DYAS JAPAN』(8月号)に

「脱原発を」という記事があります。(30~5ページ)

柏崎刈羽原発、運転再開=地震から1年10カ月ぶり

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090509-00000076-jij-soci

「人間なんて勝手なもんだ。二度も大地震にあいながら…こりもせずまたビルの林を植えやがった」という『ゴクウ』(寺沢武一著)第一話冒頭のナレーションは『EVAN GET IT ON』とおなじく2014年の「日本」に対するコメントだが、このままだと実際2014年になっても寺沢御大の指摘どおりの愚行の繰り返しになりそうですな。「諸子百家が総出でも武市好浩センセーの妄想のわくをでられない、というのが某辺境列島の民度なんだろうなぁ、やっぱ。」という総括(http://harana.blog21.fc2.com/blog-entry-723.html)を再度おこなっておく意義はありそうだにょ。

柏崎原発ネタ


岩手・宮城内陸地震 断層下に液状領域 誘発の可能性


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


中越沖地震、柏崎原発では「震度7」…東電報告せず(読売)

■「断層「過小評価」認める=中越沖地震後の海底調査で-柏崎刈羽原発・東電(時事)」の続報的記事。■『読売新聞』の記事から。 中越沖地震、柏崎原発では「震度7」…東電報...


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。