プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダライ・ラマ代理人が中国側と非公式対話(日刊スポーツ)

■ダライ・ラマ14世関連の記事を『日刊スポーツ』から2件。

ダライ・ラマ代理人が中国側と非公式対話

 米紙シアトル・タイムズ(電子版)は14日までに、チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世が13日、米西部シアトルで行った記者会見で、ダライ・ラマの代理人と中国側がチベット暴動後、「非公式対話」していることを明らかにしたと報じた。

 チベット情勢をめぐっては、北京五輪の聖火リレーが各地で混乱するなか、中国政府とダライ・ラマに対話による解決を求める声が国際社会で強まっている。

 同紙によると、ダライ・ラマは会見で、中国側との接触について「非公式なチャンネル」を通じた「取り組みだ」と述べた。自身が直接行っているわけではないとし、接触の成果はなお不透明だとして「憶測はしてほしくない」と語った。

 中国政府はダライ・ラマを「祖国分裂主義者」と非難、「対話のドアは今も開かれているが、問題はダライ・ラマ側が暴力を選んだことだ」との立場を強調している。

 [2008年4月14日22時17分]


ダライ・ラマ米で会見、暴力拡大なら辞任

 訪米中のチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世は13日、西部シアトルで記者会見し、中国チベット自治区などでの暴動に関して「チベット人の大多数が暴力に走るなら、私は(亡命政府の政治的ポストから)辞任する」と述べ、非暴力主義を追求する立場をあらためて明確にした。ロイター通信などが伝えた。

 中国当局によるチベット暴動鎮圧後、ダライ・ラマが訪問先の米国で会見したのは初めて。

 ダライ・ラマは「私が求めているのが分離、独立でないことは全世界が知っている」と強調し、ダライ・ラマを「チベット独立を企てる祖国分裂主義者」と非難する中国政府に反論した。

 ダライ・ラマは11-15日の日程で、シアトルで幼児教育に関する集会に出席。在米のチベット亡命政府関係者によると、19、20両日に中西部ミシガン州で、22日には東部ニューヨーク州で講演する。

 在米のチベット亡命政府関係者は、米国滞在中に米政府関係者ら要人との会談は予定していないとしている。

 ダライ・ラマはチベットで大規模な暴動が起きた3月、「暴力が収拾のつかない状況になれば(政治的ポストから)完全に引退する」と述べ、混乱収拾を呼び掛けた。

 [2008年4月14日8時43分]

------------------------------------------------
■中国政府は、国際社会のアピールするというより、国内むけにナショナリズムをあおる戦術でのりきれるというハラらしい。■中長期的には、あまいとおもうが…。
■すくなくとも、主張の首尾一貫性は、ダライ・ラマ14世の方にぶがあるようにみえる。
スポンサーサイト

<< 軍事植民地としてのニホン/オキナワ2 | ホーム | 生活保守主義としての「食の安全」意識とナショナリズム15 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。