プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間的前後・空間的前後

■前便とおなじく、基本的な語の意味論的な考察。

■「時間的前後・空間的前後については、いろいろと考察がなされているようだが、それほど クビをひねるような難題なのだろうか?
■たしかに、空間的前後(まえ/うしろ)と時間的前後(あと/さき)とは、逆転がみられるようにみえる。■しかし、これは話者が、「時間軸を象徴する人生という道を、あとずさりしている」とかんがえれば、単純に理解できる。身体イメージとしては、過去にかおをむけながら未来にあとずさりしている。■このようにとらえれば、時間的過去(まえ)は空間的前方(まえ=さき)にあたり、時間的未来(あと=さき)は空間的後方(うしろ)という構造が理解しやすい。
■いずれにせよ、時間的な「あと/さき」に、空間的な「まえ/うしろ(前後)」イメージが投影されるかたちで、時間的な「まえ=さき」は過去を意味し、「あと」は未来を意味する。

■もちろん、「うしろをふりかえらない」というときは「うしろ=過去」であり、「あとは まかせた」のときは「あと=過去」なのだが、このばあいの身体は、前方=未来にむいていると。


●「〈盛岡ことば入門〉301 黒澤勉 あど、ぼってぐがら」(2006/6/28)
●旧ブログ・カテゴリー「ニホンゴ/コクゴ/ミンゾクゴ
スポンサーサイト

<< 赤福(伊勢)営業再開をめぐる虚実 | ホーム | 「おそう」考 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


地図上の左右上下

■たとえば、京都市の「左京区」についてウィキペディアでしらべると、つぎのような記述をみかける。 「左京」とは、天皇の在所すなわち御所から見て左側の意。天皇は南面して玉...


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。