プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリの聖火リレー、途中で打ち切り 激しい抗議に3度消される(産経)

前便とは別個の意味で仰天情報。


パリの聖火リレー、途中で打ち切り
 激しい抗議に3度消される

2008.4.8 00:56

このニュースのトピックス:北京五輪

聖火リレー

パリの聖火リレーを妨害しようとして、
警官に連行されるダライ・ラマ支持者(AP)
 

【パリ=山口昌子】北京五輪の聖火リレーは7日、チベット騒乱での中国当局の人権弾圧に抗議するデモ隊の激しい妨害にあった。仏当局は混乱を避けるため少なくとも3回、聖火を消してリレーを中断。フランス通信(AFP)によると、リレーは最終盤の国会議事堂前で打ち切られ、終着地までバスで運ばれた。この騒ぎで負傷者も続出し、28人が拘束された。30人以上の拘束者を出した前日のロンドンに続き、平和の祭典を象徴するはずの聖火は、人権宣言発祥の地、パリで激しく揺らいだ。

 約3000人の警察官が厳戒態勢を敷く中、聖火は7日昼過ぎにエッフェル塔を出発。凱旋門やシャンゼリゼ大通りなどを五輪メダリストら約80人がリレーし、約28キロ先のシャルレティ競技場を目指した。

 聖火の周囲には数百人の警備員を二重三重に配置し併走。その外側をオートバイ65台が守り、上空にはヘリコプター、セーヌ川には警備ボートが行き来した。

 「チベ、チベ(チベットの仏語発音)」

 沿道のデモ隊は叫び声をあげ、「天安門1989-ラサ2008」などと書かれたプラカードを掲げて中国の人権弾圧に抗議した。デモ隊と警官隊はリレー開始から200メートルで衝突し、安全上の理由で聖火が消され、混乱が収束するまで伴走するバスの中に移された。こうした衝突は少なくとも3回発生した。AFPによると、主催者側は、バスの中に、3月にギリシャで採火した炎が保管されており、聖火の正当性に問題はないことを強調した。


 シャンゼリゼ大通りでは、機動隊の大型車両に守られた聖火が近づくと沿道から大ブーイングが上がった。一部地域では、警官隊が催涙弾を使用した。沿道の警察官らは、デモ参加者が掲げる“チベット国旗”をたたむよう指導。支援者らは怒りをあらわにして各所で騒然となった。

 世界遺産のノートルダム寺院やパリ市庁には、国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」(本部・パリ)が製作した五輪を手錠にした図案の横断幕と“チベット国旗”が掲げられ、パリ市は中国側の要請で、聖火を庁舎内に迎え入れる式典を中止した。




 国際オリンピック委員会(IOC)のロゲ会長は7日、北京で開かれた各国オリンピック委員会連合(ANOC)総会で、北京五輪の聖火リレーに対する妨害行為などについて、10日のIOC理事会とANOCの合同会議で議題に入れて検討する考えを示した。(北京 共同)

---------------------------------------------
■もともと、聖火リレーなんてイベントは、象徴的なものにすぎない。だから、火が途中できえようが、そんなこと どうでもいいんだとはおもう。■でも、主催しているがわにとっては、その形式が最重要だから、デモンストレーションの部分とは別個に、予備を「伴走」させている。「主催者側は、バスの中に、3月にギリシャで採火した炎が保管されており、聖火の正当性に問題はないことを強調した」など、おおわらい、というところ。
■それにしても、パリいりしただろう、「聖火防衛隊」の諸君、ご苦労さん。みなさんがSF映画ばりの超人たちでないことがわかって、安心した。単純にいきどおるんじゃなくて、数十年後でいいから、冷静にふりかえることができる時代をおくってほしい。


■中国という超大国が、ロコツにオリンピックを政治利用しようとしたので、民族問題に当然に利用されたというか、反撃をくらった。■この応酬によって、オリンピックは、どうかんがえたって、政治色をうちけせない、「国際政治から自律的な、スポーツの祭典」なんて偽善的なコピーがうそくさいことが、あらわになってしまった。
■分離独立派の少数民族が「スポーツの祭典」に政治をもちこんだというなら、なんで、こんな時空が分離独立運動の好機とかんがえられたか、よくみすえるがよい。重々わかっていたはず。■つまりは、オリンピックというのは、開催国が政治的・経済的・文化的に安定して、ユトリがある体制だという誇示のばだということ。かりに、つつがなくイベントがおわっても、それこそが、「諸国家の共存体制」という擬制にもとづいた、「国際社会」という連合組織の偽善性を誇示する政治イベントにほかならないということ。

■ちなみに、“聖火防衛隊”といった、グロテスクな伴走者(国外派遣警備員)たちのみせる異様さは、中国政府が政治的だからとか、その個別の国家体制のグロテスクさだけの問題ではない。中国政府という、なりふりかまっていたのでは、メンツ自体がたもてない国家体制だからこそ、オリンピックという、巨大な茶番劇のグロテスクさが露呈したのだ。
■と同時に、中国バッシングなどでもりあがっている右派ナショナリスト諸君にもひとこと。美学があるなら、東京オリンピックの再招致(「東京オリンピック構想」)なんてことは、みおくるべきだ。こんな茶番劇によって、みせかけの示威・国威発揚をおこなうことは、こころある観察者たちから、冷笑・憫笑をあびるだけなのだから。■民族集団に対する愛情表現は、国外や、国内少数派にむけてに威容を誇示するとか、そういった外面的なものではないはず。家族や親友たちに対する愛情が、そんなものではないのとおなじようにね。
スポンサーサイト

テーマ : 軍事・平和 - ジャンル : 政治・経済

<< 交通量のコンピュータ・シミュレーションは、なぜ機能しない?=「ムダ」とはなにか28 | ホーム | 中国が“聖火防衛隊”をロンドンに出動、パリにも同行へ(読売) >>


コメント

パリ聖火奪取未遂は仕込みの疑い

五輪トーチ中国人ランナーを攻撃したチベット人らしき男性、偽装か 【大紀元日本4月12日】
http://jp.epochtimes.com/jp/2008/04/html/d32396.html

米サンフランシスコの聖火リレーが大幅に短縮された、日本では報道されない理由

聖火リレーランナー、チベット旗を展開=米シスコ
【大紀元日本4月10日】(08/04/10 23:59)
http://jp.epochtimes.com/jp/2008/04/html/d52872.html

この件はNYタイムス、LAタイムスなどアメリカの大手新聞も報じていることで、裏が取れています。

*Carrying the Olympic Torch, and Protesting It
New York Times, United States- Apr 11, 2008
http://www.nytimes.com/2008/04/11/nyregion/11carter.html

*Carrying the torch for Tibet
p2pnet.net, Canada - Apr 11, 2008
... London, and the US were rallying points for people protesting China’s attacks on Tibet and in San Francisco, torch runner Michael Andrew wore a Free ...
http://www.p2pnet.net/story/15567

偽装だとすると、すごいはなしですね

■ニュースのでどころをかんがえると、ウラとりしないといけなさそうですが、パリでの騒動がヤラセだとすると、すごすぎる。しかし、伴走する防衛隊を外国に派遣するような国ですから、なにをやらかしても、不思議ではないというの事実。■外国からどうみられているか、モニターがきかないんでしょうかね。北朝鮮のような小国ではないので、大国としての体面・歴史的評価というのが、あるとおもうのですが…。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。