プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホンダ鈴鹿、エコ肥料事業が頓挫 国県市から補助金2500万円(中日)

■6日の『中日新聞』から(夕刊かな?)。

ホンダ鈴鹿、エコ肥料事業が頓挫
  国県市から補助金2500万円

2008年4月6日 07時23分

 資源循環のモデル事業として、ホンダ鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市平田町)が国や県、市から約2500万円の補助金を受けて進めていた自動車の塗装汚泥から肥料をつくる「鈴鹿エコタウン」が、頓挫したことが分かった。

 肥料には「メラミン」という塗料の材料の有機化合物が含まれており、農林水産省が昨年12月、県に「メラミンは肥料効果がない異物なので使わないように」と通知したため。指導を受けた製作所は事業を中断した。

 肥料は製作所内の食堂や学校給食の食べ残し、もみ殻などに、従来は産業廃棄物として処理していたメラミンを含む塗装汚泥を加えて製造。汚泥は重金属を含まないため無害とされ、肥料は県の試験も通った。

 2004年に経済産業省と環境省のエコタウン事業の認定を受け、製作所に約400平方メートルの処理施設を建設し、05年から生産を始めていた。

 市は地元農家に試験的な使用を打診したが、「安全とはいえ、塗料を使った肥料はイメージが悪いので断った」(農業関係者)ことなどもあり、流通しなかったという。

 ホンダ鈴鹿製作所の関係者は「今後、施設や補助金をどうするか県や市と協議したい」と話している。

(中日新聞)

-------------------------------------------------
■『三重県よろずや』さんは、「中日でも、やれば出来るんだよ」と、評価してますけど、実は今週の『週刊現代』(4/19号)に、完全にぬかれてます(「●スクープ!あの有害物質が北関東に ■ホンダがエコ事業で作った「毒入り肥料」」pp.167-9)。
■「体内に入ると腎不全も」とか「毒入り肥料が栃木県内に」といった、おっそろしいはなしがかかれている。■要は、フェロシルトよりも量がすくないだけで、農業用の土壌として、産廃をリサイクル製品にするとかいって、行政におすみつきをもらおうとした構図は、まったくおなじ。
■ひきとりてがないんで(石原産業みたいに、逆有償とか、わる知恵はたらかして、産廃業者に処理をまるなげするようなことは、できなかった)、自社の敷地内にごまかそうとした点、そして、毒性がフェロシルトよりひどいらしい点が、少々ちがうか?■しかし、水源ちかくに「処理」されて、それがしみだすという汚染構造は、共通だろう。ま、産廃業者に膨大な量まきちらさせた石原産業よりはずっと小規模で、すぐさま行政が、ダメだしした点は、よかったが。■三重県や中央官庁が、はやめに引導わたしたのは、フェロシルトでこりたからなんじゃないか?


●旧ブログ「フェロシルト」関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 経済・社会 - ジャンル : ニュース

<< ダライ・ラマ14世、チベット抵抗運動の意義を強調(読売) | ホーム | 年金問題は、記録モレだけじゃない >>


コメント

こんにちは

立ち寄りました(^^)のでカキコしました。


『紙の爆弾』(2008年5月号)にある、関連する記事をお知らせします。「千葉県産廃処分場設置許可取り消し裁判の裏でささやかれる”バーニング周防郁雄当市大失敗”の真偽を追う!」(2ページ)「マイホームの下に産廃が!?周辺住民を密かに蝕む大手農薬メーカーの不法投棄」(36ページ)

『三重県よろずや』続報

●「ホンダのエコ事業頓挫は、どうやら週刊現代のネタらしい」
   (http://blog.livedoor.jp/mieken1876418/archives/51065222.html)の続報。

http://blog.livedoor.jp/mieken1876418/archives/51066326.html

2008年04月11日
さすが天下のホンダ 素早いな この日の訪問者:185
▼あら 見てたのねぇ~♪

軌道修正はじまた

※ 鈴鹿市特産のさつき等、緑花木の肥料としての活用を目指して取り組んだが、 販売実績はなく、2007年1月より製造を中断している。
 http://www.honda.co.jp/e-dream/e-dream10/special5.html

担当者あぼーん?

-----------------------------------------------
■「販売実績」がないとか、現在「製造を中断している」なんてことでゆるされるようなことではない。子会社の敷地に事実上すてたことを、ちゃんと釈明しよう。■それをおこたるとか、だれか現場責任者に全部個人的に転嫁するなら、石原産業と連続する体質ってことだ。

『紙の爆弾』(6月号)

『紙の爆弾』(6月号)の45ページ以降にも「『山を動かすのは誰か?』神戸市環境局からの”お役所的”回答」という産廃つながりの記事があります。右、お知らせまで。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ホンダのエコ事業頓挫は、どうやら週刊現代のネタらしい

▼第二のフェロシルト事件に発展か? 週刊現代 4月19日号 (7日発売) スクープ!「クルマの塗料を再利用」のはずが ホンダがエコ事業で作った「毒入り肥料」 米国で犬や猫【約4000匹】が大量死―― あの有害物質が北関東に 体内に入ると腎不全も 毒入り?...


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。