プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダライ・ラマ14世、チベット抵抗運動の意義を強調(読売)

■『読売』の記事から。

ダライ・ラマ14世、
  チベット抵抗運動の意義を強調


【ニューデリー=永田和男】チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世は6日、亡命政府を置くインド北部ダラムサラで声明を発表し、「最近の抵抗運動が中華人民共和国のプロパガンダを粉砕した」と3月以来の暴動が中国国内でのチベット族住民に対する圧政ぶりを白日の下にさらしたと指摘したうえ、「世界はもはやチベット問題を無視出来なくなった」とも語り、国際社会の関心を呼び覚ました意義を強調した。

 AFP通信によると、亡命政府のリンポチェ首相は5日、暴動発生以来のチベット人側の死者が「150人を超えたことを確認した」と明らかにした。ダライ・ラマは声明で、中国政府の武力弾圧強化に懸念を示したうえで、チベット人側には「どんな挑発があっても非暴力に徹することが重要だ」と述べ、非暴力路線こそ、国際社会の支持の源泉でもあると強調して武力に訴えることを戒めた。

 声明でダライ・ラマは北京五輪について、「いかなる妨害もすべきではない」と述べ、聖火リレーなどの阻止行動は、中国の一般大衆にチベット人への憎悪を抱かせるだけで無益だ、と強調
した。

(2008年4月6日22時03分 読売新聞)

-----------------------------------------------
ダライ・ラマ14世は、中国政府がどういいはろうと、そして、オリンピック同様、いかに政治がらみとはいえ(たとえば、アメリカ政府の策動が背後にあれ)、一貫した非暴力主義でノーベル平和賞をうけている。■だから、「ダライ・ラマ一派が…」といった、キャンペーンは、世界がきいちゃいない。
■おなじ、オリンピックを政治利用するにしても、「北京五輪について、「いかなる妨害もすべきではない」と述べ、聖火リレーなどの阻止行動は、中国の一般大衆にチベット人への憎悪を抱かせるだけで無益だ、と強調」するといった、洗練されたダライ・ラマの方が、キャンペーンとしても数段うえだ。
スポンサーサイト

テーマ : チベット問題について - ジャンル : 政治・経済

<< 中国が“聖火防衛隊”をロンドンに出動、パリにも同行へ(読売) | ホーム | ホンダ鈴鹿、エコ肥料事業が頓挫 国県市から補助金2500万円(中日) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。