プロフィール

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コレステロール低いと危険 富山大など、17万人分析(共同通信)

■コレステロールをさげればいいってもんじゃないと、いった肥満・血中脂質の問題は、旧ブログでは、何度かとりあげた。■「共同通信」配信の『東京新聞』の記事を転載。


コレステロール低いと危険
 富山大など、17万人分析

2008年3月28日 21時02分


 富山大の浜崎智仁教授(脂質栄養学)らは、総コレステロール値があまり低いと死亡の危険がかえって高まるとする研究結果をまとめ、28日、東京都内で記者会見して発表した。

 一般に、総コレステロール値が高いのは良くないことだとして、下げるための治療が広く行われているが、浜崎教授は「総コレステロール値は栄養状態の指標と考えるべきだ。心筋梗塞や家族性高コレステロール血症以外の人は、無理にコレステロール値を下げる治療をしなくてもいいのではないか」と話した。

 日本人延べ約17万人のデータを含む複数の大規模研究を分析した。

 男女とも最も数が多かった血中総コレステロール値(160-199)を基準に死亡の危険を比較したところ、男性は160未満だと死亡の危険が1・6倍高く、200以上では0・8倍程度と、コレステロール値が高いほど危険が低くなるという結果だった。

 女性も160未満は1・4倍と死亡の危険が高かったが、160以上は、240を超えても差はなかった。

 (共同)

---------------------------------------------
■しかし、この「共同通信」の報道は、ちょっと誤解をあたえかねない。「時事通信」の記事は全然印象がちがうからだ。
コレステロール、低い方が危険
=男性は高いほど死亡率減る-富山大など

3月28日20時1分配信 時事通信

 血中の総コレステロール値が低い人は死亡リスクが高いことが28日までに、浜崎智仁富山大教授、大櫛陽一東海大教授らの研究で分かった。特に男性の場合、総コレステロール値が高いほどリスクが低くなる傾向がみられた。
 大櫛教授らの別の疫学調査では、「悪玉」とされるLDLコレステロールで同様の傾向がみられた。
 4月から始まる特定健診では、LDLが一定値以上だと受診勧奨となるが、浜崎教授は「コレステロールを悪者にする説はもともと米国から来たもの。米国は心臓疾患や肥満が多く、体質が違う。不必要な人まで薬物治療の対象になる」と懸念している。
 同教授らは、コレステロールと死亡率に関する国内の疫学調査を検索し、「5000人以上を5年以上追跡」などの条件で5本の文献に絞り込み、延べ約17万3500人分を「メタ分析」という手法で解析した。

---------------------------------------------
■まず、17万人のデータを解析したんじゃなくて、データの信頼度がたかそうな疫学調査を再分析・統合したということ。実は「共同通信」の記事の方も「複数の大規模研究を分析」と、さらっとかいている。■ちなみに、大櫛先生は、「あやしいメタボリック症候群騒動」で、ご登場いただいている。
■しかも、今回の大規模データではないにしろ、「別の疫学調査では、「悪玉」とされるLDLコレステロールで同様の傾向がみられた」なれば、いわゆる「悪玉コレステロール」という概念自体があやしいわけではないか?■『医学は科学ではない』といった過激な書名の啓発書をおかきになったお医者さまもいらっしゃるが(米山公啓氏)、いわゆる「悪玉コレステロール」概念自体が非科学的なら、医学界・検査業界は、巨大な詐欺集団ということになりかねない。■そして、こういった点こそ、「4月から始まる特定健診」の政治経済学的な意義をうきぼりにする特記事項なのであって、そういったことにいっさいふれない「共同通信」の記事は、本質をつたえたくない編集部(業界とユチャクか?)が、アリバイ的に記事をかかせたという、憶測をよびかねない。


【旧ブログ関連記事】
●「はびこる強迫的非寛容[健康]
●「食育イデオロギー 2
●「卵と心筋梗塞、実は無関係だった 厚労省9万人調査(朝日)
●「書名不当表示?=羊頭狗肉論1(「医学は科学ではない」)
●「あやしいメタボリック症候群騒動」「」「
スポンサーサイト

テーマ : 医療・健康 - ジャンル : ニュース

<< 渡嘉敷島で集団自決の慰霊(NHK 沖縄のニュース) | ホーム | 【沖縄集団自決訴訟・大江氏側会見詳報】1・2(産経) >>


コメント

『小倉智昭公式ブログ』記事

http://www.og-land.com/blog/index.php?act=date&day=20080417
2008年4月17日
「コレステロール値」
私はこどもの頃から、「好きな食べ物は?」っていうと、その中に必ずゆで卵が入るくらい卵が大好きで、一日何個も食べたり、卵と付くと魚卵なども好きで、筋子、イクラだとか数の子とか、そういうのが大好きなんですけど、半年位前からやめているんです。コレステロール値が若干高いと。僕は、遺伝的な疾患でもあります糖尿病です。このところ、たまに血圧が高くなったりすることがあるもんですから、お医者さんが、血管が切れたりする可能性が、他の人よりは高くなるので心配してくれて、「少なくした方が良いけど、少なくするのは難しいから、卵やめましょうか」と言われて、それでピタッとやめたんです。でも、月見そばとかを見ると、うまそうでねぇ~。(笑)

僕みたいに、遺伝的な疾患があったり、症状がある人は、コレステロール値っていうのは、気を付けた方が良いらしいんですが、今日の東京新聞を見て、ショックを受けました。「あるほど健康?コレステロール」食事制限、投薬治療、無駄かも?って書いてあるんです!

太めで栄養状態が良い方に朗報だと思うんです。メタボ検診って、始めたじゃないですか。お腹をメジャーで測られて、あまり気分の良いものじゃないですけど。「遺伝性の疾患を持つ人など、一部の例外はあるけれど、総コレステロール値は高い方が死亡率は低く、ガンや感染症にもかかりにくい」と、富山大の浜崎先生と東海大の大櫛先生が、こういう風に口を揃えていらっしゃいます。

最近、「善玉コレステロール」とか「悪玉コレステロール」という言い方もあまりしなくなってきていて、コレステロールというのは、本当は重要なもので、数値異常があるといけないという風には言われているんですが、「問題はむしろ低い人で、死亡率がぐんと高まる。コレステロール値は、単なる栄養状態の指標と認識すれば良い。疾患がなければ、高い人に薬を使うなどして無理に下げる必要はない」と、このおふたりの先生は、17万人のデータに基づいて、1955年からの17万人のデータを再分析してこういう結果を出したんですが、男女で最もコレステロール値が平均して分布しているのは、160ミリグラム以上200ミリグラム未満なんですって。160から200の人たちを、「死亡率1」として、それよりも低い人は、男女とも最悪で、男性は死亡率1.6倍、女性は1.4倍死亡率が高い。高くなるとどうなるかというと、女性はたいして死亡率は変わらず、男性は死亡率がむしろ低下するということが分かったんです。浜崎先生は、「高コレステロールは、そもそも病気じゃない。コレステロール値を意識しての食事制限は意味がなくて、高齢者にも治療の必要はない」と言い切っているんですが、これは、日本の疫学研究者の間でも最近は常識となっているんだそうです。ただ、依然として、コレステロールを意識しての低カロリー食がビジネスとしても盛んですよね。日本動脈硬化学会は、去年まで、総コレステロール異常の基準値を、中高年の半数が該当する220以上としていた。このため、コレステロール値を下げるための薬の処方が外国と比べて異常に多く、年間の売り上げ高は3000億。その3分の2は女性に処方されている。しかし、国際シンポジウムで、日本の先生方がこういう話をしたら、驚かれた。ドイツやアメリカの先生方に。「欧米では、女性に、コレステロール低下剤を処方なんかしない」と驚きの声が上がったというんです。大櫛教授は、「日本の基準値はそもそもおかしい。欧米並みの基準にすれば、薬で治療が必要な人は、現在の30分の1程度にしかならないはずで、薬の処方においても、日本の常識は世界の非常識だ」と仰っています。

17万人の調査だといっても、日本の医療界には真摯に受け止めようとする雰囲気はない。その理由は!コレステロール値を下げる薬で儲けている製薬会社は、基準を決めている学会や委員に多額な寄付をしているからじゃないのかと。

大勢の人のデータに基づいて言っているのであれば、そして、欧米と考え方が違うのであれば、日本だけちょっとおかしいんじゃない?ということにもなるわけです。

参考資料:読売新聞:「コレステロール低いと危険」免疫細胞の働き悪く(http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20080329-OYT8T00240.htm

人口甘味料ネタですが

コレステロールではなく人口甘味料ネタですが「クソ暑い毎日だけど、飲んだらアカン!!ダイエットコーラの危険性」という記事が『紙の爆弾』(9月号)にあります(8~17ページ)。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


愛知が小学生にメタボ診断 いじめや差別の懸念も(『産経』2008.2.13)

■もう4か月もまえの記事だが、たぶん ふるくなった話題ではないはず。 愛知が小学生にメタボ診断  いじめや差別の懸念も 2008.2.13 20:04 ...


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。