プロフィール

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チベット暴動、中国ブログにあふれるナショナリズム(ロイター)

■前便「生活保守主義としての「食の安全」意識とナショナリズム11」では、中国のナショナリズムにむきだしの敵意をあらわす日本の「中国ギョーザ」バッシングを批判的にとりあげておいたが、もちろん中国のナショナリズムに問題がないわけではない。■チベット暴動への漢民族の反応は、北京政府当局が「のぞむ」ような方向性に暴走しているような情報もある。1週間ほどまえの記事を転載。

チベット暴動、中国ブログにあふれるナショナリズム

中国メディアはチベットの暴動について沈黙しているが、ブログには怒りの投稿が相次いでいる。(ロイター)
2008年03月17日 10時54分 更新

 入念な統制下にある中国のメディアは、チベットの暴動に関しておおむね沈黙しているようだが、同国のブログを見てみると、チベット人や西洋諸国への怒りやナショナリズムが激しく噴出している様子がうかがえる。

 中国は大衆の感情をあおらないよう定期的に検閲を実施しているが、オンラインへの投稿や2億人を超える熱心なインターネットユーザーへの締め付けはそれほど強くはない。

 3月15日には、怒りのブログ投稿が相次いだ。中国がチベットの首都ラサで死者が出たことを認め、米国の俳優リチャード・ギアが、中国当局がこの件への対処を誤ったら北京五輪をボイコットしようと呼び掛けたのを受けてのことだ。

 「西洋人は中国のことを何でも知っていると思っていて、あれは悪い、これは悪いと指図してくる」とあるブロガーは記し、チベットを中国の一部とするのは正当だとする歴史上の理由を上げ連ねた。

 「この件に関しては、ほとんどの外国人は以前から洗脳されている」と別のブロガーも同様の意見を述べている。

 敵意に満ちたナショナリズムを表しているブログはほかにもある。

 「行儀良くしていれば、文化と恩恵を守ってやるのに」とあるブロガーはチベットについて記している。

 「お行儀が悪くても、それでも文化は面倒を見てやる。博物館に収めてね。漢民族は正しいと信じている!

 多くのブロガーは、亡命中の宗教的リーダーで、ノーベル平和賞受賞者のダライ・ラマが暴動を扇動していると非難している。

 「単純な僧侶たち。単純なチベット人。独立運動を陰で動かしているものを知っているんだろうか?」とあるブログには書かれている。


 あと6カ月足らずでオリンピックが開かれる北京の住民も、同様の意見を示している。

 「中国政府はこのガンを切り取らなければならないと思う。まずはダライ・ラマから。たとえわれわれがダライ・ラマと関係なくても、この暴動の背後にいる連中を逮捕すべきだ」とSongと名乗る男性は述べている。

 1989年の天安門事件の際の報道管制とは対照的に、中国ではオンラインチャットルーム、掲示板、ブログが盛り上がっていることから、国民が自分の意見を公に披露する機会が増えている。検閲官が投稿からわずか数時間後に問題のあるコメントを削除しているにもかかわらずだ。

 一部のWebサーファーは、海外サイトを閲覧中に偶然暴動の記事を見つけたとして、国内メディアの報道統制への憤りをあらわにしている。

 「国内紙はこの問題を取り上げていない。幸い、まだオンラインメディアがあるけれど」とある人物は記している。

 中国は1950年からチベットを支配しており、チベット自治区は何世紀もの間同国の領土だったと主張している。中国の学校ではこのような見解のみが教えられている。

 ほとんどのブログは中国政府の公式見解に賛成しているようだが、異なる意見のブログもわずかにある。

 「スターリン主義はあまり好きではない。チベットは中国の一部だという見方には賛成しない。少数民族にも、独自の発展の道を選ぶ権利はある」とチベットに4年住んでいるというあるブロガーは述べている。
[上海 15日 ロイター]

-------------------------------------------------
■こと対日感情に関するかぎり、共産党政権の歴史教育が、いわゆる愛国心育成=反日の強調だというのは、まちがった見解だとおもう。■しかし、こと領土ナショナリズムについて、周縁部の少数民族の生活空間については、あからさまな帝国意識が助長されているようにおもわれる。きのう紹介した、ペマ・ギャルポ氏らの指摘などには全然呼応しなような意識が、歴史教育やキャンペーンなどで強化されているようのおもわれる。■はきけをもよおすような、帝国意識が。欧米や日本からの批判は、被害妄想的に防衛機制がはたらき、「国内問題」には、一転して異様なぐらい攻撃的・暴力的な体質という性格のね。

■最後の「「スターリン主義はあまり好きではない。チベットは中国の一部だという見方には賛成しない。少数民族にも、独自の発展の道を選ぶ権利はある」とチベットに4年住んでいるというあるブロガー」の存在だけが、すくいだ。■こういった少数意見が、どの程度ゆるされているのか…。それが「ガスぬき」や、みせかけの思想信条の自由の「広告塔」あつかいをうけていないか? ■「検閲官」たちの監視が、どういった機能をはたしているのだろう?

■もちろん、日本列島の住民は、これらの みにくい帝国意識を「ひとごと」視しているばあいじゃない。沖縄という軍事植民地に、莫大な国税を投入している政治的意味をみれば(それを、結局是認している、投票行動や意識をみれば)、ことの本質は、大してへだたっているとはおもえない。「沖縄は、日本領土だよ」って自明視する歴史・地理意識そのものがね。
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

<< 早熟幻想2(政治経済学的意味) | ホーム | 生活保守主義としての「食の安全」意識とナショナリズム11 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。