プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタ社員の過労死が名古屋地裁で認められる(不条理日記)

■『不条理日記』の記事本文を転載(コメント等は割愛)。

トヨタ社員の過労死が名古屋地裁で認められる
過労死を認めない労基署なんて存在する意味ないぞ。
トヨタ元社員は「過労死」、遺族側勝訴 名古屋地裁 (魚拓
トヨタ社員 過労死認定 名古屋地裁判決 “改善活動”は業務 (魚拓
残業155時間か。俺は約130時間ぐらいしか経験ないな。「雑談で残っていた」といっても職長だから仕事の指示とか打ち合わせをしてたんじゃねえの?つーか数字に表れてこないサービス残業の部分もかなりあるのではないか、と。俺の前の前の前の職場でも主任とか結構サービス休出してたからなあ。

ところでテレビでやってたニュースによると、トヨタ側は被害者に課していたQC活動などを、「業務ではなく、本人が勝手にやっていた」と主張してたらしい。会社の命令じゃなけりゃQCとか改善提案とか面倒くさいこと誰がやるんだよ馬鹿。典型的な「殺す側の論理」
だな。
■旧ブログでも労災について、何度もかいてきたが、そのおおくは労基署が労災をみとめようとしないのを、裁判所がくつがえすという記事だった。■裁判官のおおくは、基本的に保守的であり、どちらかといえば体制・権力よりの判断をくだがちだ。にもかかわらず、労基署の判断を否定するというのは、よほど実態がひどかったものとおもわれる。要するに、たまたままっとうな裁判長が判決文をかいたからじゃなくて、どうみたってひどすぎる酷使が状況証拠としてたくさんある事例に、当然の判断がくだっただけだろう。■逆にいえば、こういった過労死判断をみとめようとせずに、遺族をはねつけてきた組織や労基署は、オニのような冷血漢たちだったということだと推測できる。■だから、『不条理日記』が、「殺す側の倫理」といいはなったのも、当然だとおもう。
■それにしても、企業城下町というか、トヨタ関連企業の企業城下県である愛知県にある地方裁判所で、こういった判決がおりた意味はおおきい。労基署が愛知の有力企業にひどくあまいというかユチャク傾向があることは、以前に実例がある(「元豊田労基署長ら、漏洩先企業の法人会員券でゴルフ(朝日)」)。■まさか、名古屋高裁で逆転判決なんてならないよね?■労基署は、控訴するなよ。


●旧ブログ・カテゴリー「労働空間/労働市場
●旧ブログ「過労死」関連記事
スポンサーサイト

<< イランへ「脅し使えなくなった」 英戦略研部長 (産経) | ホーム | 学力低下妄想?(OECD生徒の学習到達度調査) >>


コメント

『最底辺の10億人』(日経BP社)

という本がでました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


トヨタ社員の過労死が名古屋地裁で認められる

過労死を認めない労基署なんて存在する意味ないぞ。 ◆トヨタ元社員は「過労死」、遺族側勝訴 名古屋地裁 (魚拓) ◆トヨタ社員 過労死認定 名古屋地裁判決 “改善活動”は業務 (魚拓) 残業155時間か。俺は約130時間ぐらいしか経験ないな。「雑談で残っていた」といっ?...


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。