プロフィール

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チベット暴動で情報戦略 批判回避へ中国躍起(東京新聞)

■前便・前々便の関連記事。


チベット暴動で情報戦略 批判回避へ中国躍起
2008年3月16日 朝刊

 【北京=平岩勇司】死傷者が出て最悪の事態に発展したチベット自治区ラサの抗議行動をめぐり、中国当局は「一部の組織暴力」と印象づける情報戦略を続けている。八月の北京五輪を控え、国内の動揺と海外の批判を抑える狙いだが、抗議行動はラサ以外でも広がり、情勢が沈静化するかは不透明だ。

 国営中国中央テレビは十五日午前八時(日本時間同九時)の定時ニュースで、デモ参加者が十四日午後、商店を破壊、略奪し、路上で火を放つ映像を生々しく伝えた。国内の暴動シーンを放映するのは極めて異例だが、僧侶たちのデモ行進や、治安部隊が鎮圧する場面は流さなかった。国営新華社通信は暴動が発生して以降、英文で速報を流し続けた。国際社会から「情報隠し」との批判をかわす狙いだが、「罪もない市民が暴徒のため焼死」「(チベット仏教最高指導者の)ダライ・ラマ十四世の集団が策動した」など、鎮圧行為を正当化する内容を繰り返している。

 民衆に軍を投入し死傷者を出したことで、「平和の祭典である五輪を開催する資格はない」との批判が海外から起こるのは必至。中国当局は、民衆の自発的な抗議行動でなく「組織的な謀略」と位置付けることで、反発をかわそうとしている。

 ラサの民宿関係者によると、暴動で襲われた車両は外地ナンバーが多く、漢民族の商店が集中して焼き打ちされた。ラサで暮らす漢民族はチベット民族より生活水準が高く、日ごろからの不満が噴出した側面もある。

 関係者によると、人口の八割をチベット民族が占める中国西部の甘粛省夏河県でも十四、十五の両日に「自由」「民主」などのスローガンを掲げた数千人規模のデモが発生。警察車両は周囲から監視し、大きな衝突は起きていないという。四川省、青海省のチベット民族が多く住む地域でも抗議行動が起きている。



鎮圧「人権侵害」 国連に調査要求 チベット亡命政府
 【バンコク=林浩樹】インドからの報道によると、北部ダラムサラを拠点にするチベット亡命政府は十五日、中国当局による中国チベット自治区ラサの暴動鎮圧について「著しい人権侵害があった」として国連に調査を要求したと発表した。

 声明では、平和的な抗議活動を行っていたチベット人が無差別に攻撃、拘束された事態に「深い懸念を抱く」として、暗に武力鎮圧を批判した。さらに「今回の抗議行動は中国の抑圧から自由になりたいチベット人の願望の表れ」として、あらためて亡命政府の関与を否定した。

 一方、ダラムサラでは十五日、亡命チベット人が同自治区を目指す「帰郷デモ」を再び始めた。国内での亡命チベット人の政治活動を禁止し、対中関係改善を重視するインド政府は、既にデモ参加者百人らを逮捕している。だが、中国の武力鎮圧に対する国際社会の批判が強まれば、対応に苦慮する可能性がある。

-----------------------------------------------------
■経済力を駆使して、イベント会場や交通網さえ整備すれば、オリンピック景気もあって、万々歳と当局はふんでいたのだろうが、積年のツケがでた感じ。■いくら、チベットがわを、わるくいおうと とりつくろってって、そんなキャンペーンが通用するのは「国内」の「漢族」に対してだけだろう。
スポンサーサイト

<< チベット騒乱 中国、武力弾圧を否定「焼死など」と発表(朝日) | ホーム | 日本版ウィキペディア「チベット」抜粋 >>


コメント

素朴な疑問

すみません、素朴な疑問なんですが、胡錦濤をふくむ首脳部はなぜ政権の座をゆずらないでしょうか?
いや、もちろん「利権が欲しい」とか、「あまりにもみっともないタイミングで辞めたら後々面子が立たない」といったことはわかります。
ただ、ここまでこじれて国内外に問題がさらけ出されたのなら、かえって政権の座についていることの不利益の方が大きいように思うんですが、私の見立てちがいですかね?
ちなみに、アメリカ合衆国に関しては、ブッシュがただのバカなワガママ人間であることは自明として、彼の側近はワガママであってもバカではないだろうから、今へたにブッシュから実権を大きく受け取ると損の方が大きいと見ているのではないか、だからブッシュの好きにさせているのではないか、と思うんですが、的外れですかね?

以上、素朴な疑問ですみません。ただ、損得勘定でしか動いていないように思える連中が損得勘定を計算し間違えているようにおもえるので、不思議なんですよ。(って思うのは私だけ?)

天安門事件とおなじと、たかをくくっているのでは?

貝枝さま

■天安門事件のときとおなじように、いずれ国際社会がわすれてくれる。ちからで、おさえこみさえすれば、それでよし、と、タカをくくっているんじゃないでしょうか? ■漢族系の国民の大半も、チベット問題なんて、あまり関心がないはず。単に、国土が縮小するとイヤだぐらいの認識しかもっていないのでは? ■その意味では、完全な情報管制で国内さえおさえこめれば、それでよしという計算は、あながちまとはずれではないとおもいます。
■ただ、英語がよめてインターネットで国外情報をよめる国民は、どんどんぶあつくなっているはずですし、なにより、「中国は、結局野蛮だよねぇ」という国際社会のつめたい視線の圧力を過小評価しているとおもいます。

■このヘンは、再三かいてきたとおり、石原某とかと同類におもわれるのがイヤなので、あまりかきたくありませんが。

■ちなみに、右系の反中国派の大半は、その覇権主義とかを非難しますが、なんのことはない、アメリカ・ロシアに唯一対抗しうる、面積・人口・軍事力が、うらやましてくしかたがないんですよ。連中は。■かれらの動機は、コミュニズムに対する不勉強ゆえの敵意(コミュニズムがネジれて、悲惨な帝国に堕したという総括はせず、コミュニズム全般を全否定する)、そして、自分たちが小国であるという劣等感の癒着でしょう。■なんと、みぐるしい。
■小生は、そういった、かくれ覇権主義とはちがって、「帝国はすべて解体せよ」主義ですんで、かれらと同一視されては、迷惑なのですが。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。