プロフィール

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダライ・ラマが計画と非難 ラサ騒乱でチベット当局者(東京新聞)

ダライ・ラマが計画と非難 ラサ騒乱でチベット当局者
2008年3月15日 10時03分

チベット自治区ラサで中国国旗を燃やす抗議デモ参加者
 14日、中国のチベット自治区ラサで中国国旗を燃やす抗議デモ参加者(ロイター=共同)


 【北京15日共同】中国チベット自治区の当局者は14日、「ラサで起きた破壊行為を(チベット仏教の最高指導者)ダライ・ラマ(14世)一味が組織、計画し背後から操った十分な証拠がある」と述べ、ダライ・ラマを非難した。国営新華社の取材に答えた。

 同当局者は「殴打、略奪などの行為は社会秩序を乱し住民の生活と財産を危険にさらした」と批判。「破壊行為はチベットのあらゆる民族の憤激と非難を呼び起こした」と述べた。発言は、ダライ・ラマとの対話を求める欧米政府などの呼び掛けに対し、従来の敵視政策を変えない姿勢を強調したものといえる。

 一方、ラサにいる英誌エコノミストのジェームズ・マイルズ記者は共同通信の電話取材に対し、抗議デモに参加した住民らのほとんどが15日未明までに帰宅、市内が落ち着きを取り戻したことを明らかにした。

----------------------------------------------
■ダライ・ラマが、そういった危険な策動するとは、おもえないんだが。
■市民の暴動はともかく、お坊さんたちを、ちからづくでおさえこんでいて、不満が全然解消していないらしいことが、みえみえ。■こんなキャンペーンをはったって、だまされる層は、国内ぐらいにしかいないはずなのにね。

■「殴打、略奪などの行為は社会秩序を乱し住民の生活と財産を危険にさらした」っていうんだが、攻撃されたのは、きっと漢族系の商店とかだけだろうし、チベット動乱をはじめとする、一連の歴史で、共産党政権がおこなった蛮行からすれば、大したことないはず。■ああ、石原慎太郎都知事と、結論だけにてしまうのが、イヤだな(笑)。


●Googleニュース検索「チベット
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

<< 日本版ウィキペディア「チベット」抜粋 | ホーム | 世界記録保持者ゲブレシラシエが北京五輪マラソン欠場の意向(時事) >>


コメント

『COURRiER Japon』(12月号)に

「中国メディアの『裏』を読む」(90~93ページ)という記事がありますが、結論部は以下のとおり。

そして中国は、いよいよ10億人の農民たちの生殺与奪を”市場”という化け物にゆだねてしまったのである。

『ピープルズ・プラン』(44号)に

「『市場の力』に対する中国農民の多面的な抵抗」という記事があります(104~111ページ、著者はラオ・キンチ氏)。その結論部は以下のとおり。

いま重要なのは、新しい心組みへの移行がおこるようなスペースを開く文化的努力である。すなわち民衆の持続可能なくらしを求めるという困難な仕事のなかで、協同的関係、多様性、エコロジーの三者の間の有機的関係を育む機能的な心組みへの移行である。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。