プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新江戸城城主の不可解

■ウィキペディアの、ある項目【リンクは、ほぼ割愛】。

新銀行東京
詳細は新銀行東京を参照

石原の発案で東京都が2003年、「東京発金融改革」と銘打ち、『資金調達に悩む中小企業を救済すること』を理念として設立した銀行である。石原の独断で作られたため石原銀行とも呼ばれている。

2008年3月までに1016億円の累積赤字となっており、既に東京都の出資分1000億円を超過している。[49]さらに、2005年4月から2008年1月までに出資した2300社が経営破綻し、285億円が回収見込みの立たない不良債権化している。同銀行の再建について石原は、「経営者に責任がある」「不退転の決意で必ず再建する」として、400億円の東京都による追加出資を行う方針としているが、産経新聞や読売新聞も社説で銀行廃止を求めており、さらに与党自民党も含め都議会も増資に反発している。

---------------------------------------------
■基本的に、読売・産経といった媒体は、石原都知事擁護のはずだよね。■あと、個人的見解はおさえこんだうえで、都議会の自民党議員も、「新江戸城」*城主をささえているはず。

* 蛇足だが、「江戸城」→「宮城」→「皇居」といったぐあいに呼称をかえていることをふまえて、事実上「江戸城」の後継にあたいしそうな 建築物は、「東京府庁舎」→「東京都庁舎」→「東京都新都庁舎」といえるだろう(立地・建築物は変遷したが)。


設立の経緯
2003年、東京都知事石原慎太郎の主導で東京都が策定した「東京発金融改革」を旗印に『資金調達に悩む中小企業を救済すること』を理念として誕生した。

中小企業向けの融資、一般顧客のICカードの活用を中心とした利便性の高い金融サービスを東京都内で提供できる銀行として、BNPパリバ信託銀行(1999年設立)を2004年4月1日に買収し、2005年4月1日に開業。

創立時の経緯から信託銀行に区分されているが、金融庁の分類では「新たな形態の銀行等」として、ネット銀行など、新規参入銀行とともに位置付けられている。

石原の選挙公約(中小企業対策)に基づき、そのリーダーシップの下で肝煎り同然に設立されたことから、「石原銀行」とまで評される。2008年2月現在、東京都の出資比率は84.22%を占めている。

新銀行東京のオリジナルの発想は1995年に都知事選に出馬して青島幸男に敗れた大前研一のものだが、石原が作ったのはおよそ異なるものと大前は主張している[2]
……

概説
……
商号の「新銀行東京」は、日本の銀行で唯一「銀行」という単語が商号の末尾ではなく途中に入る。同じく石原慎太郎が推進者である「首都大学東京」と命名方式が共通している。
……


揺らぐ目的
本来は中小企業を救済するはずだったが、貸出総額に占める中小企業の比率は、2006年3月(開業初年度末)の62.5%をピークに、2007年3月は51.5%、2007年9月末時点の貸出残高2218億円に対して中小企業向け融資は1046億円と貸出金全体の47.2%と半分を切るまでに低下している[6] など、資金繰りに苦しむ中小企業の支援という設立目的も揺らいでおり、主に知事石原慎太郎の三男石原宏高の地盤の品川区と大田区の企業に融資していたことから、身内の選挙対策ではないかとも批判されている。[要出典]


破綻直前の「役員友人」の会社に3億円融資
2006年に財政破綻したベンチャー企業に対し、破綻の約2カ月前に3億円を融資していたことが分かった。当時の銀行幹部によれば、3億円の融資は役員会に諮る融資額に達していたにもかかわらず、「役員の友人の会社だからいいんだ」という理由で審査も行われずに融資が決定したとされる。融資直後の貸付先の経営破綻は、与信審査をする通常の銀行経営では有り得ない[7]。


石原都知事への責任追及
400億円もの追加投資は都民1人当たりに1万円以上もの負担を強いる。野党側はこの累積赤字、追加出資を非難し、新銀行を強いリーダーシップで生み出した石原都知事への批判している。石原は「設立理念は正しかったが、経営がまずかった」「(旧経営陣を)紹介されて、それを受けたことの責任は感じる」と直接責任を回避。

経済界では、設立理念そのものを「不良債権の温床」と批判する向きが多かった。自民党議員の与謝野も「止めるなら今」と忠告している[8]

---------------------------------------------
■ここまでして、ねばる真意はいかに? ■すべてにおいて不可解。
■まあ、こういった人物をものすごい得票率で当選させる選挙民とか、もちあげてきた大媒体も、実に不可解だけどね。


●Google ニュース検索「新銀行東京
●旧ブログ「石原慎太郎」関連記事
●本ブログ「石原慎太郎」関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 思うのは私だけ? - ジャンル : 政治・経済

<< 生活保守主義としての「食の安全」意識とナショナリズム9 | ホーム | キム・ジョンイル総書記が計画を指示していたという情報漏出のタイミング >>


コメント

ウィキペディアの記事

参照しているウィキペディアの記事、私も編集に参加しています。大前研一云々の段落は私が追加しもの。注釈をバッチリつけてウヨの攻撃をしのぎ、まぁ、まともな記事として維持できていると思います。(もともと「オルタナティブ道具箱」掲示板で石原銀行問題を追跡してきましたが、掲示板そっちのけでウィキ記事のメンテナンス優先です。(笑)
しかし、タカマサさんは用がないだろうから気がつかないと思いますが、ウィキ記事の多くはアニメを含むテレビ番組に芸能人ネタ、漫画です。
百科事典らしい記事でも政治に関係するものはウヨの攻撃ははなはだしいし、社会科学・人文系記事では対応する他言語記事と比べて政府やマスコミの影響を受けての偏った見方のものも少なくありません。
基本的に記述には出典が求められ、明らかに偏った見方によるものであっても簡単には訂正できません。
ウィキで記事を書くのは、掲示板に書いたり、ブログでコメントするよりよほどシンドイです。

ウィキペディアは中長期的に知的アリーナに

ゴンベイさま
■いつも、ありがとうございます。旧ブログの方にも、おへんじをかきこみました。
■ウヨクたちや関係者による、しつこい「編集」攻撃はありますが、それにめげずに、人文・社会系の研究者や記者・ライターさんたちは奮闘する責務がありますね。■典拠は、ものによってはあげられないとおもいますが、厳密性・信頼性をあげる意味では、そこそこ必要とされるものです。もちろん、学術論文が典拠をもちながら、デタラメってことは、しばしばあるんで、権威主義にすぎないというツッコミは可能ですが、とりあえず、民主主義の手続き合理性と同様、知的信頼度は、てつづきの厳密さでいくほかないので。
■ゆるい次元では、ブログ・掲示板等で気楽に、厳密な意味でウェブ百科事典といった空間で、知的アリーナとしての真価がとわれそうな気がします。

朝日/週刊現代の報道

■まずは、『朝日』経由のロイターの記事(http://www.asahi.com/business/reuters/RTR200804250153.html)。

金融庁が新銀行東京に初の金融検査、日本郵政にも着手
2008年04月25日20時04分

 [東京 25日 ロイター] 金融庁は25日、新銀行東京の金融検査に着手した公表した。2005年4月の発足後初めて。貸し出し資産の評価状況や融資審査の体制を点検する。

 経営難に陥っている新銀行東京は23日、臨時株主総会で都を引き受け先とする400億円の優先株を30日に発行することを決めた。東京都による追加出資で資本を増強する。

 金融庁は同日日本郵政の検査にも初めて着手した。



■でもって、今週はじめ発売の『週刊現代』(5/3号 http://online.wgen.jp/)には、
●出席者が重大証言 9月に都知事辞任も!
■「石原慎太郎銀行」に捜査の手

って、みじかい特集記事(巻頭 pp.20-2)がある。
東京地検特捜部と金融庁が本格的に調査にのりだしたようだ。
■ちなみに、ウィキペディア「新銀行東京」最新版の本文最終部分は、以下のとおり【リンクは一部キャッシュに】

主に石原の三男石原宏高の選挙地盤の品川区と大田区の企業に融資していたことから、身内の選挙対策ではないかとも批判されている[29][30]。

石原氏が提案し、都の若手芸術家育成事業「トーキョーワンダーサイト」から絵画3点を購入していたことも判明した。[31]。

都議会への責任追及
2008年3月に都議会は400億円の追加出資を自民党、公明党の賛成により可決した。しかしながら、有権者の多く[32]は追加出資に反対しており、地方自治法に基づく両党所属都議の解職請求の動きが都内各選挙区で始まっており、有権者の1/3以上により成立する可能性が高まっている。

[29]FACTA2007年2月号「重篤『慎太郎銀行』の深き闇」 http://facta.co.jp/article/200702055.html
[30]週刊現代 2007年1月6・13日号「新銀行東京設立の『真』の狙い」
[31]毎日新聞 2008年3月14日「新銀行東京:石原知事の提案で絵画購入」 http://209.85.175.104/search?q=cache:TUkTvTSn6QAJ:mainichi.jp/select/wadai/news/20080317k0000e040033000c.html%3Finb%3Drs+%E2%80%9D%E6%96%B0%E9%8A%80%E8%A1%8C%E6%9D%B1%E4%BA%AC%EF%BC%9A%E7%9F%B3%E5%8E%9F%E7%9F%A5%E4%BA%8B%E3%81%AE%E6%8F%90%E6%A1%88%E3%81%A7%E7%B5%B5%E7%94%BB%E8%B3%BC%E5%85%A5%E2%80%9D&hl=ja&ct=clnk&cd=1&gl=jp
[32]2008年3月25日 読売新聞 「新銀行東京 追加出資「反対」73%」 http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20080325mh02.htm

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


新銀行東京のずさんな実態(日経ビジネス オンライン)

■「新江戸城城主の不可解」の続報。 ■『日経ビジネス オンライン』から、新銀行東京のずさんな実態の解説2件。 山崎養世の「東奔西走」 ...


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。