プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新規更新停止

■おもうところあって、日記ともども新規更新を やめます。■「無期限停止なだけで、再開があるのか」とか、自分自身わかりません。予定は、当然 未定ですし。

■閉鎖は 予定しておりません。個人的なウェブ日記の方はともかく、「公開備忘録としての責務・意味は、なくなっていない」と、かんがえるからです。■コメント欄・トラックバック欄の管理は つづけますが、コメント欄での おこたえは 予定しておりません(トラックバックへの返信は、ずいぶん まえから失礼しております)。

■旧ブログ(drecom版)から livedoorへと移転したブログは、多岐にわたる不備が のこっており、その整備は おりをみて おこなう予定です。■それによって、このブログからの参照リンクの不便が、すこしずつですが、解消するはずです。

■ウェブ日記、および 旧ブログ開始から かぞえて およそ5年半。旧ブログから このブログに移転して以来、2年半ちょっと。唯一とおもわれる例外(2005/04/23)をのぞいて、ほぼ毎日新規記事(おおよそ3400本)をかいてきました(高熱をだしたりしても、蓄積分を公開したりしながら)。■書評的な記事がすくなくなかった旧ブログ時代から、表題どおり時評中心で、新聞記事等の紹介に重点が移行するなど、性格やテーマに変容はありましたが、中期的な期間のわりには、文体・姿勢等に おおきな変動はなかったとおもいます。■日々更新するという作業が、なかば勤行のようになりましたが、それが毎日の生活リズムを確実に維持させました。その意味では、5年をこえる蓄積は、この時期の運営者の生活が、おもった以上に変動しなかったことの証左とおもわれます(外見上は、激変していますが)。
■備忘録にしては、激した文章もすくなくなく、コメント欄にネット・イナゴやストーカー的存在が「来襲」したりと、おだやかな更新の日々とは到底いえません。しかし、質はともかく、量的な蓄積に 感慨は否定できません。

■これまで新規更新はもちろん、過去記事をおよみくださったかたがた、コメント・トラックバックをくださったかたがた、引用・参照させていただいたブロガーのみなさまに、あつく御礼もうしあげます。■ごくわずかのかたを例外として、ほとんど面識も なにもないままの 「みせじまい」でしたが、自分のための備忘録にとどまらず、想像上の読者であるみなさまがあってこそ、日々の更新が維持できました。
■実在するのは「現在」だけですが、一部のかたとは数年間の おつきあいがあったという、過去における「実在」の記録が5年半、不完全ながら のこされました。それら「痕跡」をもとに、必要な記憶は 不充分ではあれ想起・利用されるでしょう。■単なる懐古趣味ではなしに、過去の記憶をたぐりよせることによって、未来への指針とか、現在の打開策のヒントが みつかるだろうと、確信しております。




【日記内関連記事】
●「旧ブログから まる5年
●「旧ブログから通算5年め(=きのうでまる4年)に
●「旧ブログから通算3周年

【旧ブログ関連記事(livedoor移転版)】
●「ことしの20冊:2005年
●「この日記の1年をふりかえる
●「年頭にあたって
●「2周年をむかえて
●「アリバイ的更新
●「ようやく2000本に到達
●「今後の方針と新ブログとの関係

●「『週末作家入門』
●「四○歳からの勉強法(三輪裕範)
スポンサーサイト

テーマ : お知らせ - ジャンル : ブログ

<< 旧ブログ(ドリコム)および移転さきブログ(ライブドア) | ホーム | 石原某の よくかけた戯画 >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お疲れさまでした

長い間、お疲れさまでした。貴ブログからはいろいろなことを学ばせてもらいました。

みぎにおなじ。

わたしもワタリさんと同様に、貴ブログからは多彩な事柄をまなばせていただきました。ありがとうございます。

ちょっと気になるんですが、>ストーカー的存在っていつ>来襲していたのですか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

感謝してます

五木寛之が親鸞を新聞連載しているときには、タクシーも中型しか乗らなかったといっていました。もし事故のとき、ダメージを少なくして連載を中断させないようにだというのです。それだけ連載は神経をすり減らす大変な作業なんです、と。それに似た緊張状態を5年半続けられたことに驚くばかりです。
五木は断筆して海外へ旅立ったりしたようです。ハラナさんは、相変わらずサービス精神あふれた情報の束を両手に抱えて、この暑い夏をフーフーいいながら乗り切っていかれることと思います。
5年半より前からでしょうか。さりげなく本を紹介してもらったり、揺らぐ心持のときに、期せずしてコメントをいただき励まされたりもしました。
ありがとうございました。ご活躍を現場の「現在」からお祈りしています。
淋しいです。

またいつか・・

 お疲れ様でした。
私は貴ブログのギャラリーとしてずっと拝読させて頂いた者です(単にコメントする知性が無い・・)。
何か現象が起こった(或いは放置され続けられている問題についても)際、「タカマサさんはどういう意見なんだろう」と直ぐにこのブログにアクセスしました。
 また1つ、良質なブログが止まってしまうのは寂しい限りですが、今生の別れでは無いと信じております。

長い間おつかれさまでした。
ハラナさんの記事から常に学びを得ていた一人として、感謝申し上げます。
5年というのはやはり長い歳月です。いろいろと変化するものも多々ありますね。私もネット自体をたまにしか覗かなくなりましたが、しばしばコメントさせていただいたときの刺激は、やはり血肉となってのこっている気がします。われわれは、いろいろな意味において「寄留者」なのだろうと思います。
ハラナさんのまた別の土地での活躍をお祈り申し上げます。

残念だった一件

遅ればせながらでも言わせてください。
こちらのブログでのハラナさんとの交流は、途中から苦痛になりました。
杉田俊介というストーカーがわたしの情報をあつめてみんなを感情的にゆさぶったり嘘や演技でわたしを極悪人のように演出したときの反応です。
なぜわたしに会うなり電話するなり直接取材をしないでわたしを道徳的に説教されたのですか。
「影の学問」と距離があるなら、独自調査をやれば杉田なりでみあんの言うわたし像の虚偽は明らかですのに。
それには失望いたしました。

あの事件からわたしは、やってもいないことをやったと言われたショックで、
動悸や不整脈やめまい、疲れて寝込むなどの状態になり、以前よりいっそう日常生活がくずれています。
対して杉田やでみあんらには大した支障はないようです。
もし自分が人の顔などをたたく下品な人間なら、結果は逆だと考えられませんか。
杉田に出したメールは彼の不登校差別を同じ世代として友好的に抗議し、
またフリースクールのアメリカ風草の根文化への理解と寛容を呼びかける数通です。
決してモンスタークレームじゃありません。(コメント欄になにもかもはかけないので、
くわしくは新ブログに書こうと思います)
体調をもどして警察や弁護士、民間業者にも相談し、
なんとか名誉を、憲法保障されたプライバシー権(自己情報コントロール権)を取り戻したいからです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


原発危機:福島第一原発水葬までのロードマップ

東京消防庁ハイパーレスキュー隊員を始めとする数多くの自らの命を顧みない無名の人々の献身により,第一の危機は乗り越えることができた.危急の事態に「圧倒」される初期状態からぎりぎりのところで巻き返しに転じ,何とか事態をコントロールできる可能性が芽生えてきた...


原発危機:高レベル放射性汚染水の海洋への漏出を止める

今日で震災発生から25日目,1号機の爆発から数えても24日が経過したが,事態は概ね前回のエントリ『原発危機:福島第一原発水葬までのロードマップ』に示した方向にゆっくりではあるが動き始めた.この記事の中で「海面に向かっている冷却水の取水口と排水口は完全に...


原発危機:なぜ2号機ピットから噴き出てる水をバケツで受けない?

おめでとう!やったね. 汚染水の流出止まる 福島第1原発2号機 2011年4月6日 06時52分 http://www.excite.co.jp/News/science/20110406/Kyodo_OT_MN2011040601000068.html  福島第1原発2号機の取水口付近で高濃度の放射性物質を含む水が海に流出していた問?...


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。