プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

済州島四・三事件60年

■日本では、ごく一部にしかしられていないだろう、「済州島四・三事件」。■ウィキペディアから【リンクは、ごく一部だけ】。

済州島四・三事件
済州島四・三事件(チェジュド(さいしゅうとう)よんさんじけん)は、1948年4月3日に現在の大韓民国南部、済州島で起こった人民遊撃隊の武装蜂起にともなうとされる虐殺事件。南朝鮮労働党が関わっているとされ、政府軍・警察による粛清と鎮圧によって、多くの島民が虐殺された。またこの事件は麗水順天の抗争の背景にもなった。 概要
1945年9月2日に日本が連合国に降伏すると、朝鮮半島はアメリカ軍とソビエト連邦軍によって北緯38度線で南北分割占領され、軍政が敷かれた。この占領統治の間に、南部には親米の李承晩政権、北部には抗日パルチザン金日成の北朝鮮労働党政権が、それぞれ米ソの力を背景に基盤を固めつつあった。

1948年に入ると、金日成は2月に朝鮮人民軍を創設し、続いて朝鮮民主主義人民共和国の成立を通告した。当初から武力による強制統一を考えていた金は、南部のパルチザンに蜂起するよう呼びかけていた。南朝鮮は北朝鮮抜きの単独選挙を行うことを決断し、選挙を前に激しい選挙妨害が発生する。済州島では数千人規模の浸透武装勢力が島民を強制徴募して「人民遊撃隊」を組織しテロを行った。島民の自発蜂起によるとのプロパガンダが主張する日付が4月3日である。

事件当初は交渉による平和的解決が試されたが、米軍の介入と北部・平安道から逃げてきた若者を組織した右翼青年団体(「西北青年団」)の妨害などで交渉は決裂し、流血事態に至った。蜂起は朝鮮国防警備隊(後の韓国軍)や警察、および西北青年団などの治安部隊によって短期間で鎮圧された。人民遊撃隊の残存勢力はゲリラ戦で対抗するようになったため、治安部隊は潜伏している遊撃隊員と彼らに同調する島民の処刑・粛清を行った。これは、8月15日の大韓民国成立後も韓国軍(この時正式発足)によって継続して行われた。1950年に南北朝鮮労働党が合併し、金日成の朝鮮民主主義人民共和国が侵攻(朝鮮戦争)すると、いよいよ朝鮮労働党党員狩りは熾烈さを極め、1954年9月21日までに3万人が、完全に鎮圧された1957年までには8万人の島民が殺害されたとも推測される。

流刑地だったことなどから朝鮮本土から差別され、また貧しかった済州島民は、新天地を求めて日本へ出稼ぎに行き、定住する者もいた。韓国併合後、植民地時代の初期に朝鮮から日本に渡った20万人ほどの大半は済州島出身であったという。日本の敗戦による朝鮮半島解放によってその3分の2程は帰国したが、四・三事件の難を逃れようとした済州島民は再び日本などへ避難あるいは密入国し、そのまま在日コリアンとなった者も数多い。事件前に28万人いた島民は、1957年には3万人弱にまで激減した。

朝鮮労働党が絡むとされる上、犠牲者が余りにも多く、「反共」を国是に掲げ、軍事独裁国家であった韓国では責任の追及が公的になされていない。また事件を語ることはタブー視されてきたので、未だ事件の詳細は不明である。21世紀になって、韓国大統領となった盧武鉉は、自国の歴史清算事業を進め、2003年10月に行われた事件に関する島民との懇談会で初めて謝罪した。さらに2006年同日の犠牲者慰霊祭に大統領として初めて出席し、島民に対して正式に謝罪するとともに、事件の真相解明を宣言した[1]。

日本にいる済州島出身の在日コリアンは、その恐ろしい体験から「また酷い目にあわされるのではないか」と祖国へ数十年も訪れることのない人々も多かった。しかし韓国政府が反省の態度をあらわし始めたことで、60年ぶりに祖国を訪れる決心をした人物も現れ始めている[2]。


題材にした作品
『火山島』全7巻:金石範 - 文藝春秋(1983年1月 - 1997年9月)ISBN 4163631704、ISBN 4163631801、ISBN 4163631909、ISBN 4163635904、ISBN 4163636005、ISBN 4163636102、ISBN 416363620X
『順伊おばさん』:玄基栄。(1978)ISBN 978-4884000158

脚注
 1. 『【済州4.3事件】盧大統領、慰霊祭に出席・謝罪』、朝鮮日報、2006年4月4日。
 2. 『拷問・戦争・独裁逃れ…在日女性60年ぶり済州島に帰郷へ』2008年03月29日朝日新聞

関連項目
内乱
李承晩
朝鮮戦争

------------------------------------------------
■冷戦構造のなかでの、悲劇というほかない。■だから、事件の本質は、「隣国の内戦」ではない。
■現在の台湾という国家主権=中国大陸から自律した実効支配空間が成立したのが、日清戦争→下関条約にもとづく台湾島割譲にあるように、朝鮮半島の南北分断(「38度線」)は、1910年の韓国併合なしには、おこりえなかった。■だから、この惨劇を ひとごとだとか、しらないというのは、あまりに不誠実。
■「韓流」ブームや、サッカーなどで韓国に関心をもった老若男女は、是非この機会に半島・列島の交渉史を再確認すべきだ。学校の歴史教科書とか、司馬文学あたりが、ちゃんとかきこもうとしない部分もふくめてね。■そして、こういった経緯があることをふまえて、済州島に観光旅行にいくべきなのは、沖縄戦や軍事植民地という歴史的経緯をふまえたうえで琉球列島に旅行・赴任すべきであるのと、同質だ。


■ちなみに、以前何度か、日本列島の20歳前後の男性は、世界のなかで突出して殺人率がひくいなど、暴力性がひくい(あくまで、1980年代以降の巨視的統計の次元でしかないが)と紹介し、その理由のひとつとして、徴兵制など軍隊にいく制度がなく、軍人が人口のなかのごくわずかしかない点をあげておいた。■ほこるべきものが、あまりないこの列島の、ごくわずかな(しかし重要な)長所として、安全であることがあげられるが、それは米軍に暴力装置をまるなげしているということ、米軍の主要なうけざらを沖縄島・伊江島に1000倍(すくなくみつもっても500倍)の濃度でおしつけていることを基盤としている。
■15年ちかくまえのデータだが、10万人あたり1.62人の殺人率である韓国は、世界のなみのくにであり、日本が0.62と、アイルランドとならんで世界最低水準であるという格差は、単なる経済格差や国民性だけでは説明つかない(「犯罪の国際比較」)。■ベトナム戦争当時、米軍の後方支援としての供給基地として血をながさなかったこの列島(しかも、朝鮮特需につづくベトナム特需は、高度経済成長の機軸でもあった)。しかし韓国は性暴力をもふくめて、ベトナム人民をいためつける軍事行動にてをそめることとなった(「韓国軍の参戦」)。■これらの歴史的経緯が、現在の韓国社会をかたちづくっているのであり、これらを全部「対岸の火事」あつかいして、「平和な列島」をほこるのは、さすがに「平和ボケ」のそしりをまぬがれまい。■もちろん、右派ナショナリスト諸氏らとは全然正反対の理由で、こうのべているのだが。

■韓国の男性はオトコらしくて、すてきだというのは、このみの問題ということもできるが、その相当部分は、徴兵制という「通過儀礼」(いまだ「停戦」中でしかない、朝鮮戦争の経緯を背景にした)によるとおもわれる。■ちなみに、韓国人男性たちのおおくは、徴兵制をせいぜい必要悪としかみていないようで、ほこりをもって徴兵期間をすごし、またなつかしむとはとてもいえないようだ(『僕は在日「新」一世』)。



●「現代の若者はなぜ殺人をしなくなったのか」(図表
●「戦争に参加した国の若者の殺人率は上がる
●「[AML 10946] 戦争に参加した国の若者の殺人率は上がる【主要国中では日本の少年犯罪率は抜群に低い】
●旧ブログ「コピーとしての事件名(「9・11テロ」ほか)
スポンサーサイト

テーマ : みんなに紹介したいこと - ジャンル : ブログ

<< 売国的な、あまりに売国的な | ホーム | 「チベット組織は決死隊を準備」しても当然だろうね >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


【文学】の口コミ情報を探しているなら

文学 に関する口コミ情報を探していますか?最新の検索結果をまとめて、口コミや評判、ショッピング情報をお届けしています…


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。