プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイス列車事故:カーブ手前で加速 事故調「人為的ミス」(毎日)ほか

スイス列車事故:カーブ手前で加速 事故調「人為的ミス」

 【ジュネーブ伊藤智永】スイス・アルプスの観光列車「氷河特急」の脱線事故で、スイス政府の運輸当局は30日、バレー州ブリークで会見し、事故原因は運転士のスピードの出し過ぎで、人為的ミスだったとする暫定調査結果を発表した。これで、事故調査委員会の原因調査はほぼ終了した。
スイス列車事故
脱線時の状況


 地元メディアなどによると、事故現場付近は速度を時速35キロから55キロに上げる境界線上だった。通常、カーブを通過した後で時速を55キロにすることになっているが、運転士がカーブ地点より80メートル手前から加速を始めたという。列車の長さは126メートルだった。速度計の解析の結果、5両目の途中が境界を通過中に時速56キロに達していた。最初に6両目が脱線し、5、4両目も引きずられたとみられる。

 時速が56キロになった時点で自動制御装置が働いた。運転士がブレーキを踏んだ形跡もなかったという。列車の運行は予定よりも遅れていたという。

 運転士は事故直後、線路が曲がっていたと話していたが、線路に問題はなかった。また、天気、風速、車両についても事故原因となるようなものはなかった。

 運輸当局は過失責任についても数週間で結論を出す見通しで、地元当局は運転士の刑事訴追も検討している。運転士には8年の経験があり、事故の経験はなかったという。

 この事故では、兵庫県尼崎市の国本安子さん(64)が死亡。29日現在も重体2人を含む日本人10人がスイス国内で入院している。

JR西:保守車両衝突と職員逮捕で佐々木社長が陳謝
保守車両事故:接近警報も作動せず JR西
山陽新幹線:保守車両追突は「孫請け」の社員
スイス列車事故:人気の観光地暗転…対応追われる旅行会社
スイス列車事故:激しい衝撃、窓から客…新型車両がなぜ
毎日新聞 2010年7月31日 1時01分(最終更新 7月31日 1時30分)

----------------------------------------
■JR西福知山線脱線事故などでのべてきたとおり、運転士に全責任をおしつけても、問題の本質からそれていくだけだろう。経営陣や現場監督者たちの責任をゴマ化す、転嫁行為のおそれがあることを、警察やメディアは留意しなければならない。
■運行予定よりもおくれ気味だったことが、運転士をあせらせていたこと、減速すべきカーブで むしろ加速していたことは、おそらく確実だろう。■なぜ、おくれが 運転士にとって 問題だったのか? それこそ、福知山線脱線事故と同様、今回の事態の本質をときあかす カギになるはずだ。■運転士が「事故直後、線路が曲がっていたと話していた」ことが、ウソであれば、その動機はなにか? カンちがいであれば、その原因はなにか? 刑事訴追は必要だろうが、その過程では、単なる物理的・心理的な原因ではなく、背景となっただろう構造の全容が解明されないといけない。


■中小規模ではないブランド企業のばあい、つぎのような事故とは、問題構造がちがうはず。すくなくとも、運転士個人の人格だのに原因をもとめることには、慎重にならないと。

●「過労運転命令で逮捕 …運送会社元配車係(静岡新聞)」(旧ブログ,2007年04月07日)
●「「過労運転事故」の責任は、運送会社の経営者ひとりなのか?」(2009/12/27)
スポンサーサイト

タグ : 安全 真理省

<< 【普天間移設】修正原案の全容判明 A案~V字を南西移動 B案~滑走路1本を50メートル沖合に 日米協議で詰めの調整(産経) | ホーム | 「111歳」実は30年前死亡?…足立(読売)ほか >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。