プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖人君子は、なかなか いないもの

■ブラジル代表チームを指導してきた ドゥンガ監督は、かなりの人物とみてきたが、ひかりあれば、カゲありといった印象。


ブラジル代表のドゥンガ監督「勝者はすべてを手にし、敗者は全責任を負う」
7月3日 12時10分配信(スポーツナビ) コメント:58件 Twitterでつぶやく
ドゥンガ監督
ドゥンガ監督は「敗者はすべての
責任を負わなければ」と語り、
敗退の全責任を背負った
【Getty Images】

写真を拡大

 ワールドカップ(W杯)史上最多6度目の優勝を目指したブラジル代表は、2日に行われた準々決勝のオランダ戦で1-2の逆転負けを喫し、2大会連続の準々決勝敗退となった。

 前回のドイツ大会でフランスに敗れた翌月から、ブラジル代表の指揮を執ったドゥンガ監督は、「この仕事は4年限りだと認識していた」と述べ、退任の意向を表明するとともに敗退の全責任を一身に背負った。

「勝負の世界では、勝者はすべてを手にする一方、敗者はすべての責任を負わなければならない。練習方法、メディア対応、プレースタイルなどのあらゆる決定は、わたしの責任において下されたものだ」

 一方、同点に追いつかれるオウンゴールを献上した上に、アリエン・ロッベンを踏みつけて一発退場処分を受けたMFフェリペ・メロについては、「敗退は全員の責任だ」と同選手をかばったものの、数的不利により厳しい状況に追い込まれたことを嘆いた。

「勝利という結果を手にするために戦ったが、後半に入り、リードを保つことができなかった。10人になった時点で試合は厳しくなった。優れた選手を有するチームを相手にしていたのだからなおさらだ」

 失望の色を隠せないドゥンガ監督だったが、選手やスタッフに対しては感謝の意を表した。

「チームに対する献身と威厳を欠かさなかったメンバーとともに仕事をすることができ、誇りを感じている」

(C)MARCA.COM

----------------------------------------
■しかし、かれも けっして聖人君子ではない。

西村主審にドゥンガ監督不満「リズム乱された」
 2日のW杯準々決勝オランダ―ブラジル戦西村雄一主審、相楽亨副審、韓国の鄭解相副審が裁いた。既に1次リーグ3試合を担当しており、1大会4試合を裁くのは日本人審判員としてはW杯初の快挙となった。

 西村主審は後半28分にブラジルのMFフェリペ・メロが相手MFロッベンを踏みつけた場面でレッドカードを提示。ブラジルのドゥンガ監督は「審判がすぐプレーを止めるのでリズムを乱された」と不満を示したが、勝敗を分けるような誤審はなく、状況次第では準決勝や決勝を任される可能性もある。 【決勝トーナメント
[ 2010年07月04日

---------------------------------------------------
■ハラナは まったくの しろうとなので、試合のながれを中断してしまうレフリングの欠陥などは、よくわからない。しかし、ドゥンガ監督の批判は、かてなかった不満≒自分の構想どおりに守備の緊張感を維持できずに、後半あせって自滅した自軍への くやしさを、責任転嫁しているんじゃないか? ■おそらく、かてていたら、レフリングにケチなどつけなかったようにおもえるしね。ああいった、きたないプレイにはしってしまうぐらい、あせってしまったいた精神力のなさこそ、敗退の主要因であって、ひとり戦力がへってしまったというのは、その結果でしかないようにおもえる。■それに、「チームに対する献身と威厳を欠かさなかったメンバー」というが、ライバル・チームの選手とゲーム全体への威厳が、終盤不足していたことは、いなめない。

他山の石反面教師としよう。■かれほど、自分と部下にきびしい人物でも、つい責任転嫁してしまいたくなる状況が やってくると。

■それにしても、サッカーの主審というのは、もっとも やりがいのある レフリーかもしれないが、これは、常人にはつとまらないなぁ。体力・知力だけでなく、ハラもすわっていないと。
スポンサーサイト

テーマ : サッカーワールドカップ - ジャンル : スポーツ

<< 消費税増税と負担軽減策の一貫性 | ホーム | 高齢者になっても、カンちがいな マッチョ指向 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。