プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋場所、中継中止も=NHK放送総局長が示唆(時事)ほか

■「【大相撲】野球賭博に情状酌量 社会的責任に協会の甘い認識(産経)ほか (06/12)」「相撲協会:琴光喜の賭博関与知らず 文科省に「否定」(毎日) (06/15)」「琴光喜醜聞のウラに何があるのか(ゲンダイネット) (06/21)」などの続報。



名古屋場所、中継中止も=NHK放送総局長が示唆
6月23日16時21分配信 時事通信

 NHKの日向英実 放送総局長は23日の定例記者会見で、野球賭博問題で開催が危ぶまれている大相撲名古屋場所(7月11日初日)について「まだ最終的な判断はしていないが、中継しないことも選択肢として、あらゆる事態を含めて検討している。(日本相撲協会が開催の是非を決定する)7月4日を待たずに判断する可能性もゼロではない」と述べた。
 同席した今井環理事も個人的見解とした上で「今のままの状態では放送できないのではないかというのは福地茂雄会長も同じ考え。相撲協会がどういうけじめを付けられるのか、重大な関心を持って見守りたい」と語った。その一方で、日向総局長は「もし中止すれば、視聴者から大きな反響があるので悩ましい。慎重に判断したい」と述べた。 

【関連ニュース】
相撲案内所「中止困る」=「うみ出せ」厳しい声も
大嶽親方が交渉同席=琴光喜関の口止め料
雅山関も野球賭博=理事長の部屋、責任論も
賭博力士の処分協議=相撲協会、21日に理事会
警視庁、賭博申告力士の聴取終了へ=「床山」からも引き続き
最終更新:6月23日17時16分

Yahoo!ニュース関連記事
<大相撲>中止なら4億円減収、懸賞金にも影響…NHK中継(毎日新聞) 6月23日21時22分
<大相撲>NHK「中継中止も」 暴力団の映像悪用も問題視(毎日新聞) 6月23日20時26分
「今のままでは難しい」 名古屋場所中継でNHK理事(産経新聞) 6月23日17時40分
名古屋場所「中継しないことも」…NHK総局長(読売新聞) 6月23日16時49分
……

------------------------------------------------
■NHKの このすっとぼけた姿勢=優等生づらした偽善者ぶりも、堂にいったもんだ。「みなさまのNHK」ブランドとしては、超人気番組は、はずせないんだろうね。
スポンサーサイト

テーマ : 大相撲 - ジャンル : スポーツ

<< 生活保守主義としての「食の安全」意識とナショナリズム59=原田和明「宮崎口蹄疫騒動を検証する」第6回 狙い撃ちされた?スーパー種牛「忠富士」 | ホーム | 沖縄県民に謝意表明=安保50年で決議案―米下院(時事) >>


コメント

保守オヤジたちによる批判と擁護論のくだらなさ

【ワイドショー通信簿】やくみつる「不始末力士はずして名古屋場所やるべき」
2010年06月23日12時28分 / 提供:J-CASTテレビウォッチ
http://news.livedoor.com/article/detail/4843790/

  日本相撲協会を土俵際に追いつめている野球賭博問題について、番組はやくみつる(漫画家、日本相撲協会生活指導部の元外部委員)に電話取材した。
「今回の賭博問題は、お相撲さんたちの道楽に根ざしている分、罪の意識が希薄なのだと思う。暴行や薬物とは根ざすところが違うので罪の意識がなかった」
と、やくは言う。
  コメンテーターのロバート・キャンベル(東大教授)が「道楽でも違法だ」と突っ込むと、やくは「ハッキリ言ってお金をジャブジャブ使える立場にある。常人と同じような感覚で遊興にふけるということがかなわなかったと思う」と残念そうに答えた。
中止では黒白つかなくなる
  テリー伊藤が「協会は名古屋場所を強行的に開こうとしているように見える」と問うと、やくはこう述べた。

「場所自体の開催はやめるべきではない。かなりな部分の調べとか暫定的な処罰は必要だが、全然、線を引かないでやめてしまった場合、(賭博を)やった者とやっていない者との間に番付の差がつかない。
  お相撲さんは究極的に、番付の昇降にいのちをかけている。何か不始末をしでかして抜けた者が出たとき、その間に少しでも上がってやろうというのが力士の本音だ。この意志は尊重してやりたい」
  これに対して、MC加藤浩次が「ゴタゴタの中、力士の気持ちの尊重でつづける方がいいということか」と確認すると、やくは「キズを負っていない部分はやらしてやるべきだ」。
  やくの力士を思う気持ちはわかったが、現実問題として取り組みが編成できるのだろうか。

----------------------------------------------
■体質上、ヤクザとつながっているんだから、「違法」うんぬんは、実際上くだらない。体質をしりながら黙認してきた日本社会が、急に偽善者ぶるのは、どうかしている。ま、外国人の大学教員だから、いいか…。

■しかし、違法行為をやっても興行上全然OK…式の処理は、朝青龍や大麻事件でおいだされた力士たちとのバランスをかいているのは事実(やく・みつるが、どの程度かんがえて発言しているかはともかく)。最低でも2~3場所休場だろう。■つまり、興行として、お客をよべたもんじゃない状況が、半年ぐらいはつづくということだ。やれるんなら、やったらいいだろう。■ちなみに、優等生NHKのこと、興行があっても当然放送しないんだろ?
■しかし、朝青龍の暴力を刑事事件としてはあいまいにゴマ化したまま 結局おいだした日本社会。シロクロのバランスをとるとしたら、1年ぐらい相撲興行を全面的に自粛するとかになるほかなかろう。名古屋場所だけとりやめ、ってのも、実はおかしいはずだ。あれだけ正義感をふりまわしたんだから。■メディアや視聴者は、ことの本質を理解しているんだろうか? とても、そうはみえない。こういった発言して 大金うけとっている、コメンテーターとやらをゆるしているんだしね。

自分たちの主体的判断はできないらしい

反対7割、苦渋の選択=中継賛否で窓口パンク―「視聴者目線で判断」・NHK会長
7月6日19時32分配信 時事通信

 「悩まずには決められなかったが、視聴者目線から言えば当然の措置だ」―。大相撲名古屋場所の生中継中止を決めたNHKの福地茂雄会長は6日の記者会見で、視聴者から寄せられた意見のうち、7割近くが中継に反対だったことが決め手となったことを明らかにした。
 約1時間に及んだ会見の冒頭、福地会長は立ち上がったまま今回の措置について説明。日本相撲協会に対して「100年に1度の危機という緊張感を持って、待ったなしの改革に取り組んでほしい」と厳しい口調で注文を付けた。
 これまでも力士の大麻使用や元横綱朝青龍の言動が問題になるたびに、中継中止を訴える声が寄せられた。しかし、暴力団まで関与したとされる野球賭博問題への反応はけた違いだった。「コールセンターの窓口がパンクし、とりきれない電話があった」という。
 一方、福地会長は「相撲の灯は消したくない」とも。テレビ観戦に期待するファンの声も13%あり、「絶対数では賛成意見も過去最高だった」と悩ましげに語った。ダイジェスト放送という代替措置について、相撲協会の村山弘義理事長代行から「苦しい中でそこまでやっていただいた」と謝意を伝えられたことも明らかにした。 

-----------------------------------------------
■本来、中継が妥当かどうかは、放送局が主体的に判断すべきもののはず。ことは人気投票とかの次元にはない。■同時に、電話での賛否が全体の「民意」を反映している保証などない。
■もっとも、再三かいてきたとおり、暴力団ときってもきれない業界の体質に、めをつぶってきた偽善的・欺瞞的態度ゆえに、よびこんだ、当然の迷走ぶりともいえる。

いまごろ さわいだって おそい。

大打撃…相撲協会損失は数十億円、財政危機も
7月7日7時5分配信 スポニチアネックス

 NHKの生中継中止が決まり、相撲協会が経済的にも大きな損失を被るのは確実となった。

 五輪やサッカーW杯の経済効果などを独自に算出している関西大大学院会計研究所の宮本勝彦教授は、影響について「懸賞金などのスポンサー、力士や親方のCM出演の自粛。生中継を失うことによる力士の知名度ダウンや観客動員、物品購買などのマイナス効果などを考慮すれば、波及する損失額は数十億円に及ぶと思われます」と分析した。

 既に永谷園、富士ゼロックス、タマホームなどの懸賞スポンサーが撤退。この日は千秋楽の優勝賞品スポンサーのJA全農と日本コカ・コーラが提供中止を申し入れた。さらに、「呼び出し」の着物の背中に広告を出していた7社のうち、最後まで継続を検討していた「スギヨ」も取りやめを決定。1949年にスポンサー名が入って以降初めて無地の着物になるなど“損害”は拡大している。

 NHKが相撲協会に支払う年6場所の放映権料は約25億円(非公表)。1場所約4億1667万円となるが、今回はダイジェスト放送となることで支払われる額は4億円以下にダウンするもようだ。さらに、同局と相撲協会が08年に5年契約を結んだ際、年間の契約金額は約30億円から5億円カットされたと言われており、相次ぐ問題発覚で次回の交渉ではさらに減らされる可能性も出てきた。このまま改革が進まなければ、相撲協会は財政的にも大きな危機を迎えることになりそうだ。

---------------------------------------------
■さんざん 利権にあやかってきたのだから、いまさら おしがったって、しかたがなかろう。

基本的に同意

取組ダイジェストだとか「街の声」だとか…NHK未練がましい!
2010年07月08日17時00分 / 提供:J-CASTテレビウォッチ

「野球賭博処分その他の大相撲関連ニュース」(各局)2010年6月、7月

 何が呆れるといって、鬼の首でも取ったように大相撲の処分についてニュースで放送するNHKの厚顔ぶりだ。巨額な放送権料を支払い、長年ぬくぬくと相撲業界を甘やかしてきた責任の一端はこの局にある。先日もちょっと触れたが、NHKに限らず、新聞、テレビの相撲記者たちは、黒い人脈との癒着に気付いていなかったはずがないし、朝青龍をはじめ、巨体を写せば視聴率も稼げるとばかり、彼らを追いかけ回して絵取りし、調子よく飯のタネにしてきたのである。今更、道徳家ぶって糾弾するとはお笑いだ。
 福地会長は名古屋場所の中継中止を決めたが、未練がましく全取組終了後にダイジェスト版を放送するという。呆れる。一切放送ナシとするべきだった。角界のお詫び会見だけで、事件が落着とは誰も思っていないし、並んだ相撲取りが全員潔白とも思っていない。ますます疑わしい組織、限りなく黒に近い灰色集団だと皆が考えている。
 不祥事で契約者が激減したかつてのNHKのように、やくざの影がチラチラする団体の興行を、大金を使って放送していたNHKには受信料など支払う必要はない。NHKの下心が見えるのは、街の声と称して「私は相撲ファンなので、もしなくなれば寂しいです」とか、寄せられた視聴者の声にもファンの放送希望があると吹いている。本心では放送したかったからである。怖いもの見たさて、名古屋場所の視聴率が上がるとでも計算していたのだろうか。
(黄蘭)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。