プロフィール

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琴光喜醜聞のウラに何があるのか(ゲンダイネット)

■「“【大相撲】野球賭博に情状酌量 社会的責任に協会の甘い認識(産経)ほか」”」および「“相撲協会:琴光喜の賭博関与知らず 文科省に「否定」(毎日)”」の続報。


琴光喜醜聞のウラに何があるのか
2010年06月17日17時00分 / 提供:ゲンダイネット

 立て続けに世間を騒がせた、大関琴光喜の野球賭博問題と木瀬親方(元前頭肥後ノ海)の暴力団へのチケット横流し。実はこの2つの事件は、ある人物を陥れるため、故意にリークされたというウワサが流れている。

 その人物とは、日本大学理事長兼校友会会長の田中英寿氏(63)。83年に相撲部監督に就任して以来、日大相撲部出身の琴光喜や木瀬親方をはじめ、舞の海(現評論家)や高見盛普天王豊真将など、数多くの力士を大相撲に送り込んでいる。なぜ、この田中氏が狙われるのか。

 ある日大関係者は「総長選にも絡む、派閥争いです」とこう話す。

「総長選は毎年6月に行われ、得票数は約3000票。学内で強い権力を誇る田中氏は200票以上を動かせるといわれているが、過去にゼネコンからリベートを受け取ったという怪文書が出回るなど黒い噂も多く、排除を考えている者も少なくない。今回の事件は、田中氏をあぶり出すため、あえて日大相撲部出身者の不祥事をリークしたのではないか」

 一方で「日本相撲協会内での権力闘争」という声もある。日大相撲部といえば、角界の中でも一大派閥。相撲協会内での田中氏の影響力も大きい。

「相撲協会幹部たちにとって、協会の外にいながら強い力を持つ田中氏は目の上のたんこぶ。田中氏は以前から相撲人気の低下は協会の怠慢とするなど批判的で、協会側は苦々しく思っていた。しかも、木瀬親方のように日大相撲部出身力士の親方が多くなれば、それこそ相撲協会は田中氏に牛耳られる。田中氏、ひいては日大の影響力を弱めるため、協会関係者が、琴光喜の野球賭博問題を週刊誌に流したという声もある」(ベテラン相撲記者)

 キナ臭い話だ。

(日刊ゲンダイ2010年6月16日掲載)

-------------------------------------------------
坂口義弘「暗黒の日大王国」とかで あばかれているとおり、日大理事会などの巨大大学の経営者たちが、聖人君子である可能性は非常にひくい。■その点では、日本相撲協会という団体とその周辺についても同様。つまりは、どっちもどっちの御仁たちが水面下で暗闘してきたことが ヘンなかたちで ふきだしたというだけ。
■大学であろうが、興行であろうが、巨額の資金があるまるところには、私物化・腐敗がついてまわる。透明化できないようなカラクリがなくせないかぎりね。
スポンサーサイト

タグ : ハイパー独裁

<< 「新常用漢字」情報 | ホーム | <文部科学白書>閣議報告 「教育水準と教育費」を特集(毎日)ほか >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。