プロフィール

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<文部科学白書>閣議報告 「教育水準と教育費」を特集(毎日)ほか

<文部科学白書>閣議報告 「教育水準と教育費」を特集
6月18日12時39分配信 毎日新聞

川端達夫文部科学相は18日、教育・科学技術・文化・スポーツなど文部科学行政の現状をまとめた09年度文部科学白書を閣議に報告した。「わが国の教育水準と教育費」を特集として取り上げ、経済格差が教育上の格差につながり、固定化する恐れなどを指摘した。

 両親の年収が高いほど高校生の4年制大学への進学率が高くなっていることや、低所得層の割合が増加傾向にあることを踏まえ、経済的な困難さからの進学断念が増加し、教育格差が世代を超えて固定化していく恐れを指摘。経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で日本は政府支出に占める教育費の割合が最下位であることなどを挙げ、教育への社会的な投資の充実を求める内容となっている。

【関連ニュース】
<関連記事>教育にかける公費、乏しさ浮き彫り 重すぎる日本の私費負担
<関連記事>高校受験:中3の6割塾通い 保護者の85%「教育費が負担」
<関連記事>高校無償化:負担増の低所得世帯も
<勝間和代さんが提言>国公立大の授業料を引き下げよう
最終更新:6月18日13時47分

スポンサーサイト

テーマ : これでいいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

<< 琴光喜醜聞のウラに何があるのか(ゲンダイネット) | ホーム | 生活保守主義としての「食の安全」意識とナショナリズム58=原田和明「宮崎口蹄疫騒動を検証する」第5回 わずか3日でシナリオ崩壊? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。