プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出生率横ばい1.37=人口減少幅は過去最大―厚労省(時事)ほか

■「人口減・郵便減・交通減」など、「出生率」関連記事の続報。


出生率横ばい1.37=人口減少幅は過去最大―厚労省
6月2日10時46分配信 時事通信

 厚生労働省は2日、2009年の合計特殊出生率(1人の女性が生涯に産む子どもの数の推計値)は前年と同じ1.37だったと発表した。06年以降続いていた上昇がストップした。
 出生数は前年より2万1131人少ない107万25人。死亡数は前年とほぼ同じ114万1920人だった。出生数から死亡数を差し引いた「人口の自然増減数」は、過去最大となる7万1895人のマイナスだった。
 婚姻数は1万8282組減の70万7824組。平均初婚年齢は男性30.4歳、女性28.6歳で、それぞれ0.2歳、0.1歳遅くなり、さらに晩婚化が進んだ。06年以降、減少が続いた離婚件数は増加に転じた。
 都道府県別の出生率は、沖縄(1.79)が最も高く、最低は東京(1.12)だった。
 同省は出生率が横ばいとなった要因について、「赤ちゃんの数は減ったが、分母となる母親も減ったため」としている。 

【関連ニュース】
・ 〔写真特集〕鳩山首相、苦悩の1カ月
・ 【特集】当世「新成人」諸事情:4割子ども不要、20代は6割
社会全体で育児支援を=子ども手当の重要性強調-10年版白書
09年の出生数再び減少=人口減少幅は記録更新
仏の出生率1.99に下落=人口は6466万、増加続く
最終更新:6月2日11時45分

Yahoo!ニュース関連記事
21年の出生率は横ばいの1.37 出生数は2万1千人減(産経新聞) 6月 2日21時31分
昨年の出生数、2万人減少[photo](医療介護CBニュース) 6月 2日13時20分

-------------------------------------------------
■中国では、ひとりっ子政策の ユガみによって、とどけでされていない女子(たぶん就学していない)、あるいは「禁止されている性別判定検査により出産・人工流産を選択」へとはしり、すくなくとも統計上(実数はわからないが)男女の人口バランスがとれなくなっているようだ(「図録中国の人口ピラミッド」)。■かくされている女児(黒孩子)がどの程度いるのか? 男児出産にこだわって、かえって女児がたくさんうまれているのではないか? 「性別判定検査により出産・人工流産を選択」といった方向にはしれる階層は、かぎられているのではないか? など、いろいろ疑問点はあるが、ともかく統計上はすごい イビツな状態がわかる。
日中の人口ピラミッド




■それからすれば、日本列島のばあい、高齢者介護の問題以外は、あまり課題がないともいえる。オンナの子をほしがるカップルもおおいみたいで、「禁止されている性別判定検査により出産・人工流産を選択」なんてことは、おきそうにないし。■むしろ、いわゆる「草食系男子」が急増しても、男女の平均余命格差はちぢまらないのか? とか、退職後の同居は、男性は長寿化、女性は短命化という傾向がつづくのか? といった、微妙な問題ばかりになりそうな気もする。


●旧ブログ「男性、温厚なほど長寿 神経質は寿命左右 米大学調べ(朝日)」
●旧ブログ「老後に夫と同居→妻の死亡確率2倍(朝日)
●旧ブログ「「お産ピンチ」首都圏でも 中核病院縮小相次ぐ(朝日)
●旧ブログ「大量死時代がやってくる(朝日)?
●旧ブログ「不平等が健康を損なう
●旧ブログ「イデオロギーとしての「おばあちゃん仮説」
●旧ブログ「女性の晩婚化・非婚化傾向の意義
スポンサーサイト

タグ : ハイパー独裁 真理省

<< 7月17日から新免許証、裏側に臓器移植欄(読売)ほか | ホーム | <鳩山首相辞任>「誰が首相でも合意履行を」普天間で米高官(毎日)ほか >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。