プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外交文書、30年で自動公開=新規則に明記、陣容も強化―外務省(時事)

外交文書、30年で自動公開=新規則に明記、陣容も強化―外務省
5月25日18時56分配信 時事通信

 外務省は25日、作成から30年を経た外交文書は自動的に公開し、例外として開示しない場合は外相の了承を必要とする新たな規則をまとめた。日米の核持ち込み密約などをめぐって同省の外交記録の管理・公開の在り方に批判が集中したことを受け、公開の原則を徹底する。公開作業を迅速化するため、文書管理に携わる職員の陣容も強化する。岡田克也外相が同日の記者会見で発表した。
 新規則では、外交文書の非公開は(1)国の安全が害される(2)他国との信頼関係が損なわれる―場合などに限定。外部有識者を交え、外務副大臣をトップに新たに設置した「外交記録公開推進委員会」の審査で非公開が適当と判断され、外相が了承したケースを除き、原則としてすべての文書を公開する。
 外務省は、6月中旬に同委員会の初会合を開催し、既に30年を経過し、非開示のままの文書の扱いを協議。日米安全保障条約の締結や沖縄返還に関する外交文書の公開を決める見通しだ。 

【関連ニュース】
外交文書公開で第三者機関=「原則開示」を徹底-外相
見直し迫られる外交文書公開=外務省に根強い消極論-密約
〔ニュースワード〕外交記録の公開
・ 【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相、「県外」守れず陳謝~
・ 【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ~
最終更新:5月25日20時23分

-------------------------------------------------
■これ自体は、アメリカ政府などが実行してきたことで、それにならうことは、全然あたらしくない。■しかし、証拠隠滅が官僚文化であるこの列島にあっては、画期的なことだ。ちゃんと実行されればのはなしだが。
スポンサーサイト

テーマ : 憂国 - ジャンル : 政治・経済

タグ : ハイパー独裁 1984年 真理省 安全 ナショナリズム 公文書

<< ブロガーに最大300万円の援助 ライブドア「奨学金」でアルファブロガー育成(ITmedia News) | ホーム | 新型インフルエンザ騒動の怪47=元厚労省新型インフル対策推進室メンバー座談会(日経メディカルオンライン) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。