プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【転載】 高江座り込み住民弾圧裁判5/26(水) (辺野古浜通信)

転送・転載歓迎。

~~~~~~~~~~~ 以下転送 ~~~~~~~~~~~

Subject: [appeal2005][03572] 高江座り込み住民弾圧裁判5/26(水) 
辺野古浜通信
From: "SachikoTaba"
Date: 2010/05/24 11:31
To:

田場祥子です。

辺野古浜通信をお届けします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


公開質問状の呼びかけも事前集会で行われます。
5/29〆切です。こちらもよろしくお願いします。

Voice of Takaeの補足版ができています。
裁判の展開がわかりやすく説明されています。
DLはこちらからhttp://takae.ti-da.net/e3050690.html

---
2010年5月20日
関係各位 殿

東村高江ヘリパッドの件です。

いつもお世話になっております。連日の基地問題に関するご活動
お疲れ様です。

周知の通り、高江では新基地建設に反対し、平和的に座り込み活動を
行う住民2名に対し、国は「妨害行為」として司法にかけ
弾圧するという暴挙に出ています。

これは国が国策に反する者は違法者扱い、犯罪者扱しようという
断じて許す事のできない事態です。

普通に平和に暮らしたいと願い意志表現する住民が国によって
法廷で被告席に座らされているのです。

これは全国の住民運動にも波及する極めて重大な裁判です。
この裁判の第二回期日が下記の通り行われます。

どうか、この裁判にお集まり頂き、動向を注目して下さい。
そして、一人でも多くの方にこの不当な現状を伝えて下さい。

どうぞよろしくお願いいたします。


高江座り込み住民弾圧裁判

第二回期日 2010年5月26日(水)
午前11:00~ 那覇地方裁判所にて
午前10:00~ 那覇地裁前広場にて事前集会

「高江ヘリパッドいらない」住民の会
東村字高江85-12
TEL/FAX0980-51-2688

-------------------------------------------
■ことは、普天間-辺野古 周辺の基地移転問題にかぎられない。■沖縄島周辺全体が基地化されてきたし、そういった軍事植民地を半永久「貸与」する意思を、ヒロヒトらが維持しつづけてきた「伝統」の産物が、この愚劣な裁判だということ。
スポンサーサイト

タグ : ハイパー独裁 1984年 真理省 ナショナリズム

<< 裁判員制度の致命的欠陥 (その2)=<裁判員裁判>強姦致傷→強姦で起訴 被害女性の意向で回避(毎日) | ホーム | 講師の「細切れ雇用」で、大学は教育できるのか?(日経BP) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。