プロフィール

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YOSAKOI“騒乱”祭り、ついに騒音規制(ZAKZAK)

YOSAKOI“騒乱”祭り、ついに騒音規制 市民「ついていけない」
2010年05月19日17時00分 / 提供:ZAKZAK夕刊フジ

 毎年6月上旬に札幌市中心部の路上で開かれる「YOSAKOIソーラン祭り」が岐路に立たされている。大音量で流れるロック調のソーラン節に合わせ、独特の衣装に身を包んだ数十人が鳴子を手に、一糸乱れぬ踊りを披露するが、その“騒音”に市民からクレームが相次いでいるのだ。全国で類似イベントが開催されるほどの人気だが、地元民の心境は複雑なようだ。
 「祭りといっても、札幌まつり(=北海道神宮例祭)のように地域に根ざした伝統祭事ではないし、各チームが競うように音楽を流し続けるのは神事というよりイベントでしょう。参加者たちは大興奮ですが、祭りの部外者で興味のない地元住民との“落差”は激しいですね」
 札幌市中心部のマンションに住む主婦(35)は、今年で19回目を迎える同祭を冷静に語る。こうした地元民の声を受け、同祭実行委員会は、6月9-13日の会期中、スピーカーの音量を市の条例で定められた商業地域での基準「75デシベル以下」にするよう制限。改善しないチームは演舞中止処分とすることを決めた。
 同祭は1992年、元北海道大生で、今年の参院選に出馬を予定している男性が、高知の「よさこい祭り」と北海道の「ソーラン節」を合わせた新イベントとして立ち上げた。そのノリの良さが若者にも受け、北海道を代表するイベントに成長。現在の観客動員は217万人で、経済効果は札幌ドームのプロ野球日本ハム戦をしのぐ238億円とも言われる。
 だが、地元には以前から批判の声が強かった。2007年に北海道新聞が行ったアンケートでは、「YOSAKOIが好き」と答えた人が45・3%に対し、「嫌い」は53・6%。理由として、コンテスト化や商業化、騒音や衣装に対する嫌悪感などが挙げられた。
 「最初のころは参加も10チーム程度で、全員が普通の法被姿。見物人も鳴子を持って飛び込み参加できるような親近感がありました。しかし、今のYOSAKOIは300以上のチームが参加し、大音量のBGMにスクリーン投影、激しい踊りと派手な衣装・化粧で、『ついていけない』と感じる市民は多いようです」(旅行会社社員)
 実際、上位チームにはスポンサーが付き、プロの踊り手も加わって入賞を競っている。こうした点も地元民の“YOSAKOI離れ”を加速しているという。一方で、景気の冷え込みが厳しい北海道では「これ以上の優良な観光コンテンツは二度と現れない」(同)ともいうから痛し痒し
だ。
 今回の措置について、実行委員会は「祭りは公の場所を使わせてもらっており、市民の理解をいただくのが大原則です。騒音対策以外にも、参加者が会場の移動に使う地下鉄の乗車マナーや、路上での打ち合わせなどでルールを厳守するよう、各チームの代表者に徹底していきます」と話している。

------------------------------------------
■高知の「よさこい祭り」自体が半世紀強の歴史しかもっていない、「創られた伝統」の典型例だし、北海道神宮例祭にいたっては、植民地主義の象徴的存在というほかない。したがって、北海道民が「神事というよりイベント」だの、「伝統祭事」ウンヌンといった論理で反感を合理化するのは、まちがっているとおもう。高知の「よさこい祭り」自体が、「1954年(昭和29年)、徳島の阿波踊りに対抗する形で、高知商工会議所有志により第一回よさこい祭り開催」(ウィキペディア)だというんだから、神事もへったくれもない。■しかも、このイベントをリードしてきた人物が、北海道民以上に新住民(愛知県出身)だというのも、皮肉なはなし。■おまけに、各地のイベント同様、それによる集客力に地元商店街などが依存している状況は、「迷惑イベント」と つきはなすことも困難な構図。これはもう、実行委員会+商店街と、「祭りの部外者」の、利害対立というほかない。

■ただ、騒音だの商業主義だのは、「イベントにつきもの」と合理化していいものじゃないだろう。このイベントをリードしてきた人物の目的がなんなのかも、いろいろ検証すべき時期にきているだろう。20年ちかくつづいてきた経緯は、それなりのものだが、「伝統」化するのが当然とは到底いえない。
スポンサーサイト

<< 裁判員制度の致命的欠陥 | ホーム | きえゆく自販機? >>


コメント

「政治的」な人生

http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2010/profile/ye01008.htm
長谷川 岳 (はせがわ がく)
年齢 39 ※投票日現在
党派(推薦、支持) 自 民
新旧 新
現職、経歴、学歴、出身地、現住所 (元)YOSAKOIソーラン祭り組織委員会専務理事、IT会社役員▽北大経済学部▽愛知県春日井市▽札幌市南区

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。