プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警察官採用基準の体格・体力要件にみる人事イデオロギー

来たれ警察官!小柄だって大丈夫 24道府県で基準緩和

「朝日」2010年5月9日5時1分
  
 全国の警察職員採用で、身長、体重などの身体基準や年齢制限を緩める動きが広がっている。基準を緩和したのは2008~10年度採用の3年間で計24道府県警に上り、一部を撤廃した警察もある。犯罪が多様化する一方で受験者が減り、「優秀な人材に幅広く門戸を開きたい」というねらいがあるようだ。
警察官採用基準の変更例

 3月末に高知県警の採用説明会に参加した長野県の生命保険会社員●●●さん(28)は長野、高知両県警を受験予定という。身長152センチの井上さんが受験できるのはこの2県警などに限られるからだ。

 現在の会社に勤めて4年目。警察官になりたいとの夢があり、「専門性のある仕事をしたい」と昨年初めて長野県警を受験し、今回が2度目の挑戦。住民とじかに接する地域警察官を志望する。「チャンスが巡ってきましたね」

 長野県警は2008年度に男女の身長、体重や男性の胸囲基準を撤廃した。採用担当者は「握力や反復横跳びなどの身体検査をクリアすれば、体格で不合格にすることはない。業務に支障もない」。高知県警は10年度から女性警察官の身長基準を5センチ下げ「148センチ以上」にした。原田哲・警務課次長(導入決定当時)は「家庭内暴力(DV)や性犯罪被害者対策など、女性警察官への需要の高まりに対応した。人物重視で採用したい」と言う。

 福島県警が3月下旬に発表した10年度採用の警察官の受験案内でも、身長、体重、男性の胸囲の基準に、いずれも「おおむね」の言葉を加えた。08年度からは年齢の上限も4歳引き上げ、「33歳未満」とした。緩和した理由について、警務課の板垣靖志・人事第1補佐は、受験倍率の低下と団塊の世代の大量退職に伴う即戦力の必要性を挙げ「多様な人材を獲得するため、一つの基準にとらわれず総合的に判断したかった」と説明する。


 福島県警が08年度に採用した警察官177人のうち、22人がそれまで受験資格がなかった29歳以上。前職も高校教員、消防士、僧侶、俳優、プログラマーと幅広い。

 都道府県警察では、警察官の採用にあたって年齢や身長や体重などの身体基準に制限を設けてきたところが多い。男性でほぼすべてが「160センチ以上」もしくは「おおむね160センチ以上」。女性で約半数が「155センチ以上」もしくは「おおむね155センチ以上」としてきた。

 警察庁は「被疑者の逮捕、制圧など警察官としての職務を遂行するため必要な身体能力を判断するため」としているが、数値の根拠は「基準などを定めた要綱などはなく、分からない」と説明する。(小寺陽一郎)

-------------------------------------------
■もと 幕内力士「舞の海」の新弟子検査における、シリコン注入問題と、その後の基準緩和などでもそうだが、官僚主義による杓子定規が、硬直した基準をもたらし、それによって、みすみす人材流出をくりかえしてきた愚行に、ようやくきづいたようだが、問題の所在にはきづいていないようだ。■最前線での戦闘行為という、超男性的な体力勝負の世界でさえも、巨大な後方組織(ロジスティクス)が、ささえている。ましてや、被害者の一時的ケアをふくむ、種々の膨大な業務をかかえこむ警察に、体格・体力基準が厳密に維持されいることこそ、本旨をわすれた硬直思考というほかない。■「被疑者の逮捕、制圧など警察官としての職務を遂行するため必要な身体能力」とかいうが、女性警官に「制圧」をもとめたことがあるのだろうか? 痴漢加害者の現行犯逮捕という、偶発的なもの以外、実際には、機能してこなかったし、その意味では、女性警官への体力・体格面での要件は、事実上無意味だといえるはず。■そして、結局のところ、女子警察官への体格・体力要件の愚劣さは、男子警官採用についても、あてはまる。

■しかし、周囲の人物もふくめて、マッチョな思考(指向)には、全然修正がきかないようだ。■ウェブ上にはあがらなかった、紙面上での記事。



採用増 志願者は減

 警察庁によると都道府県警の1次試験受験者は03年度の約19万2千人をピークに減り、08年度は約11万人。総務省によると、警察官を含む全国の地方公務員の受験者数も、03年度の約67万6千人をピークに08年度は約45万5千人にまで減った。警察庁は「少子化などが影響しているのではないか」と推測する。
 就職情報に詳しいジャーナリストの森健さん(42)は「警察官は集団の規律が優先される上意下達型組織が敬遠された。これまで基準に合わなかった人の中にも優秀な人材はいるはず。受験者を増やす意味でも緩和は合理的な動きだ」とみる。
 警察官の採用数が増えていることも倍率低下の背景にある。00年度に約5700人だった地方警察官の採用数は08年度には約2倍の約1万1500人に増加、「深刻な治安情勢に的確に対応するため」(警察庁)、地方警察官の総数も10年前より約2万人増え、08年は約24万9千人(うち女性は約1万3500人)となった。

 元警視庁警察官でジャーナリストの黒木昭雄さん(52)は「犯罪の凶悪性が高まる中、体力・体格面で優れた現場警察官の必要性は男女ともに高まっている、受験者数を増やす意図があるにせよ『頼りになる強いお巡りさん』が軽視されるような事態にはならないでほしい」と話した。
-------------------------------------------
■本来、労働条件が悪化しないかぎり、採用要件や倍率などがさがることは、リクルートに応募する人材にとって、いいこのとはず。しかも、このケースのばあい、なにを根拠に予算がついたのか、よくわからないが、警察官の総員はふえたわけだ。受験者数がへったことをうれえるとは、「相対的に ひくめの人材しかあつまらないぐらい、人気が低下傾向にある」という、悲観主義の産物だろう。
【かきかけ】
スポンサーサイト

タグ : ハイパー独裁 安全 警察

<< 出会い系サイト「サクラ」が語る会えない仕組み(読売)=「ムダ」とはなにか75 | ホーム | 【注目記事】「」(Ashley事件から生命倫理を考える) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。