プロフィール

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出会い系サイト「サクラ」が語る会えない仕組み(読売)=「ムダ」とはなにか75

■不謹慎かもしれないが、「「ムダ」とはなにか」シリーズの ネタ。



出会い系サイト「サクラ」が語る会えない仕組み
5月8日15時41分配信 読売新聞


出会い系サイト
拡大写真
読売新聞

 大阪市淀川区のインターネットサービス会社社長ら5人が出会い系サイト利用料を架空請求したとされる詐欺事件で、約1万4000人から振り込まれた総額約2億円の中には、「サクラ」を使った偽の出会い系サイトで得た利用料も含まれていたことが、大阪府警の調べでわかった。

 同社のサクラだったという同市内の女性(24)が読売新聞の取材に応じ、「絶対出会えない」仕組みを証言した。

 2008年夏、女性はアルバイト情報誌に「ウェブ管理」とある募集を見て、同社を訪れた。男性社員は「それは締め切った」と言って時給1000円の別の仕事を勧め、「会員にメールを送るのが仕事。やり方は、先輩に聞けばわかるから」と説明した。

 通されたオフィスに約20台のパソコンが並び、若い男女約10人がキーボードをたたいていた。空席に座ると、隣の女性が「出会い系サイトの返信役」と教えてくれた。

 次々とメールが入ってきた。サクラのプロフィルや「丁寧な言葉遣い」「絵文字を多用」などの特徴は、相手の会員ごとに決まっており、画面には、その注意が表示される。交信履歴を見ながら、つじつまの合う文を書く。会員は男性だけで、男性アルバイトも女性になりすましていた。

 「(会員の)近くに住んでいるように装って」とアドバイスされ、メールを送った。

 「会えないかな」というメールが来て「どうしたらいいですか」と先輩に尋ねると、「じらすか、『忙しい』と言ってはぐらかしてやりとりを続けて」。

 履歴を読むと、待ち合わせをして、寸前で「風邪を引いた」などと取りやめているケースがいくつもあった。それでも相手からは、「大丈夫?」と気遣うメールが来ていた。

 やりとりのたびに会員には料金がかかる。女性は約20人にメールを送り、罪悪感からその日でアルバイトを辞めたという。府警は、2億円のうちどの程度がこの偽サイトによるものか、内訳の特定を進めている。
最終更新:5月8日15時41分

------------------------------------------
■詐欺ではあるんだが、「ふりこめ詐欺」と同様、ひっかかる「弱者」の構造的「脆弱性」も、問題があるような気がする。■というか、「キャッチバーぼったくりバー)」などと同様、常識的な危機管理能力をみにつけるための、少々いたい「初期投資」=「授業料」をふりこむかたちでの、「通過儀礼」みたいな感じにもおもえる。■もともと、ハイリスクな 関係のつくりかただということぐらい、少々判断能力があれば、みえみえのはずで、ひっかかって、はじめてハイリスクだと おもいしることも、「社会人となるための授業料」のようにもみえる。
■すくなくとも、3万人がなくなる自殺問題とはちがった、自己責任のトホホ状態こそ、「苦情・相談件数」なわけで、とりしまりに莫大な予算がさかれるのであれば、対策なんぞやめた方がいいような気さえする。



●旧ブログ「ムダ」とはなにか を含む記事
●旧ブログ「自殺 を含む記事
●日記内「自殺」関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 社会問題 - ジャンル : ニュース

<< 普天間移設 浅瀬案、正式提示へ きょう日米実務者協議 沖縄知事「裏切られた」(産経)ほか | ホーム | 警察官採用基準の体格・体力要件にみる人事イデオロギー >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。