プロフィール

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「最低でも県外、場当たりでない」…首相が強調(読売)ほか

「最低でも県外、場当たりでない」…首相が強調
5月6日11時45分配信 読売新聞

 鳩山首相は6日午前、沖縄の米軍普天間飛行場移設問題で、昨年の衆院選に向けた遊説で「最低でも県外移設」と明言した自らの発言について、「公約は党の公約、『最低でも県外』と言ったのは自分自身の発言。場当たり的に申し上げているつもりはない」と述べ、選挙の公約ではないとの考えを強調した。

 そのうえで、「沖縄の負担軽減、そのための米軍再編などに対する見直しをしっかり行いたいというのが公約だ」と述べた。首相公邸前で記者団の質問に答えた。

 首相は4日の沖縄訪問で、記者団に「党ではなく、私自身の(民主党)代表としての発言だ」と述べた。個人的な発言と位置づけて自らが陳謝することで、県内移設にカジを切る狙いがあったとみられるが、すでに野党や沖縄の世論などからは、厳しい批判が上がっている。

 首相は野党時代、当時の小泉首相が公約を守れなかったことを「大したことはない」と発言したことについて、衆院本会議などで「軽佻(けいちょう)浮薄」などと厳しく批判した。公約違反についても「公党としての約束反故(ほご)は、政治への信頼、社会規範の根底を崩す」と指弾していた。

 首相発言について、共産党の志位委員長は5日午後(日本時間6日朝)、米ニューヨークでの記者会見で「どんな言い訳をしても公約違反になる。この政治責任は重い」と批判した。さらに、「(県外移設は)テレビの党首討論で、鳩山さんが(私の)隣に座って言ったことだ。こんな無責任な発言はない。党首が自ら言ったことが公約でないということになると、党首討論や総選挙の党首第一声などは意味がなくなる」と述べた。

 みんなの党の渡辺代表は5日朝、都内で記者団に「代表の発言は党の方針だ。そんなことが分からないなら、さっさと辞めたらいい」と厳しく批判した。
最終更新:5月6日11時45分

Yahoo!ニュース関連記事
普天間移設 首相、地元説得の継続確認[photo](毎日新聞) 5月 6日12時 9分
「最低でも県外、場当たりでない」…首相が強調(読売新聞) 5月 6日11時45分
沖縄入り遅すぎた…首相に与党も厳しい評価(読売新聞) 5月 6日11時35分
<普天間移設>首相、地元説得の継続確認[photo](毎日新聞) 5月 6日11時30分
普天間問題で首相 「最低でも県外」は「努力したいという思い」[photo](産経新聞) 5月 6日11時 0分

-----------------------------------------------
■小泉もと首相による「この程度の約束を守らないのは大したことではない」発言(2003年1月23日、衆院予算委員会)の、アホさ加減は、一応おいておく。しかし、それに対して、「公約違反についても「公党としての約束反故(ほご)は、政治への信頼、社会規範の根底を崩す」と指弾していた」となると、「党ではなく、私自身の(民主党)代表としての発言だ」との いいのがれは、通用しなくなる。■小泉節と五十歩百歩であることは、明白だ。自民党だの「みんなの党」といった勢力が、それみたことか、などと、いい気になって、反撃してくるのは、(本質的にハレンチな連中なのだし)当然だろう(かれらは、自分たちの責任で、普天間基地問題等がさきおくりになってきたことなど、コロっとわすれて、平然と攻撃材料にできてしまう。そういう体質なのだ。選挙民と共犯的なね)。

■いずれにせよ、米軍基地の県外・国外移設について同調してきた共産党の党首から、「党首が自ら言ったことが公約でないということになると、党首討論や総選挙の党首第一声などは意味がなくなる」と、おいこまれると、たつせがない。■こういった おいこみは、「敵の敵は味方」式の ネジれ作用をひきおこす危険性大だ。

官房長官「『最低でも県外』は党代表の発言」
「日経」2010/5/6 14:02

 平野博文官房長官は6日午後の記者会見で、沖縄の米軍普天間基地移設を巡り「最低でも県外」とした鳩山由紀夫首相の発言について「首相個人の発言というよりも党代表としての発言と受け止めている」と語った。…

在日米軍再編:普天間移設 首相と官房長官協議、地元説得の継続確認

 鳩山由紀夫首相は5日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、外務・防衛両省の担当者から4日に行われた日米審議官級協議の報告を首相公邸で受けた。また、平野博文官房長官、滝野欣弥官房副長官らと対応を協議し、鹿児島県・徳之島への訓練移転の可能性も含めて米側との協議を急ぐほか、沖縄県内の移設に地元の理解を得るよう引き続き努力する方針を確認した。

 首相は約2500人の海兵隊航空部隊のうち最大1000人を徳之島へ移すことを目指している。しかし、4日の日米審議官級協議では、米側が徳之島への航空部隊の移転は、沖縄本島の陸上部隊と約170~180キロ離れるため難しいとの考えを日本側に伝えた。政府内には引き続き交渉は可能との見方があるが、交渉は中長期化する可能性もある。

 首相は6日午前、昨年の衆院選前に「最低でも県外(移設)」と発言したことに関し、「場当たり的な発言は一切していない。首相になった以上、自分の言葉を実現したいと思い今日まで政権の中で努力してきた」と述べ、努力に理解を求めた。その上で「党の公約は沖縄の負担軽減と米軍再編に対する見直しをしっかり行うということ」と説明した。首相公邸前で記者団に語った。

 社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は6日の党常任幹事会の席上、「沖縄に首相が行ってこういう声なわけで、今こそ米国に『県内(移設)は地元の合意が得られない』とはっきり言うべきだ」と述べ、改めて米領グアムなどの国外移設を求める考えを強調した。【仙石恭、倉田陶子】

普天間移設:首相、地元説得の継続確認
社説:首相の沖縄訪問 今さら「県内移設」では
普天間移設:首相「県外」断念表明、市長、住民らは反発
普天間移設:首相、沖縄・徳之島案を表明
普天間移設:首相、県内案を表明 沖縄知事に「負担願う」
毎日新聞 2010年5月6日 東京夕刊

-----------------------------------------------
■アメリカには、いまだ帝国主義者どもが横行していて、卑劣な発言をくりかえしているんだが(「アメリカのエリートたちのホンネ」「普天間飛行場問題をめぐる日米政府とマスメディアによる歌舞伎プレイ」)、「「移設は危機、日米関係悪化」(時事)ほか」で紹介したような冷静な論調もあるし、第一「沖縄海兵隊の撤退シナリオ」が1995年当時に検討された経緯さえある。■帝国主義者たちは、それなりに現実的だ。むしろ、それをキャンペーンとして、つたえてこなかった、日本のメディアこそ、ハイパー独裁のイデオロギー装置というべきだろう(「「アメリカの圧力」を誇大に強調して既得権をむさぼろうといううごき」)。
■状況次第では、「星条旗新聞が伊波宜野湾市長の「普天間代替を沖縄に押しつけるなら基地全ての撤退を求める」との発言を掲載(ヤメ蚊さん)」で紹介したような急展開もありえる。

■ともあれ、良心がカケラでものこっているなら、ジャーナリストたちは、キー坊さんのつぎのような指弾を写経すべきだろう。



鳩山挫折後のワイドショー

 鳩山首相は、辺野古浅瀬への「くい打ち桟橋方式」を最終の腹案としてさらけ出して、沖縄説得の為に昨日訪沖した。当然のごとく沖縄側の猛反発を受けて、成果の無い訪問となって帰京している。こうなる事は分っていたはずであるが、敢えて訪問した訳は、首相自身がもう年貢の収め時だと腹を決めてのことであろう。自分の5月末退陣は避けられない情勢と観念して、7月の参院選惨敗を避ける為のパーフォーマンスのような気がする。そうしないと、参院選惨敗後に衆議院解散の風が吹きまくって解散・総選挙になれば、これも惨敗して民主党の政権も失いかねないからだ。
 「友愛」の基本精神で以って沖縄の米軍基地地獄をすくい取ってくれる事を、鳩山・小沢体制の新政府に期待を掛けた私がバカだったということだが、鳩山氏がこんなにも甲斐性ない態度で、普天間の県外移設工作を投げ出してくるとは思わなかった。所詮、名門保守政治家一家の3代目である。沖縄のような異属の地の為に、命掛けての政治行動は出来なかったという事だ。

 訪沖から一夜明けての、今朝のテレビワイドショーの司会者・出演者たちのコメントはと言うと、もちろん鳩山首相を口々に貶しているわけであるが、言葉に攻撃的調子は弱まっているように思えた。その代わり、やたらに沖縄県民への同情の言葉を口にしていた。「『最低でも県外』と期待させておいて、結局は県内移設で沖縄県民の心を弄んだ」「面積0.6%の沖縄に、75%の米軍基地を押し付けている我々は、沖縄の人に対して忸怩たる思いを持つべきだ・・・」というような、鳩山首相への侮蔑の言葉を吐きながら、沖縄には過度に同情的なコメントを出している。
 テレビのワイドショーに出ている司会者・評論家・タレント達は、鳩山首相が普天間の県外移設に挫折した事に勝利感を得た上で余裕を持って、沖縄への上っ面だけの同情の言葉を口にしているのだ。 ある意味でワイドショーやニュース番組に起用される司会者等は、私の言う「大和エゴナショナリスム」「沖縄への植民地主義」の体現者達である。


 テリー伊藤は持ち前の饒舌で、鳩山首相への軽蔑の言葉を並べ立てる一方で、これからも県内移設を押し付けられそうな、沖縄への同情の言葉も同じくらい吐いていた。だが、テリー伊藤が沖縄に対して過去に、どんな言葉を吐いていたかを記憶している私にとって、その言葉はこれからも沖縄へ米軍基地を押し付けられる情勢に成ったゆえの、「大和エゴナショナリスト」の嘘の言葉だと分る。
 十数年前、彼は佐高信と一緒に「S学会」を非難する内容の本を書いていた。その中でテリーは、「S学会は日本の中で『異国』を形成しているのだから、集団で日本から出て行くべきだ。今、米軍基地問題でガタガタ言っている沖縄を丸ごと買い取って移住する事も面白い…」などと、S学会と沖縄を同時に冒涜する文章を書いていた。S学会のような裏切り教団を貶す事は勝手だが、そんな教団を沖縄に押し付けたがるテリーの言葉は、冗談半分とは言え、沖縄人の私には極めて許し難いものである。

 今のテレビワイドショー・報道番組に声が掛かっているタレント・知識人らは、全てこのテリー伊藤と同じ穴のムジナでしかない。日本のテレビ各局がそうであるという事は、日本(大和)人ほとんどがこれらのテレビ出演者達に洗脳されている事であり、日本全体が無意識のうちに「大和エゴナショナリスム=植民地主義」に染まっていると言うしかない。
 普天間をめぐる鳩山首相の変節・挫折に本心から起こっているのは沖縄県人(ウチナーンチュ)だけであり、これからも沖縄に普天間を含む米軍基地を押し付けていられる情況に成った今、大部分の大和人(ヤマトゥンチュ)は安心感を持って、沖縄に上っ面だけの同情心を口にする事が出来るのである。
スポンサーサイト

テーマ : 沖縄米軍基地問題 - ジャンル : 政治・経済

タグ : ハイパー独裁 安全 ナショナリズム

<< 米軍に普天間基地の代替施設は必要ない! 日本は結束して無条件の閉鎖を求めよ(チャルマーズ・ジョンソン) | ホーム | 米、徳之島案「運用上受け入れられない」(読売) >>


コメント

同情している場合なのか

この問題について鳩山首相がぶれまくっているのを見ると、
裏で弱みをにぎられて脅されているとか、何か罠にはまったのかとか疑わざるをえません。

日本本土の保守NIMBYからすると、基地が沖縄にあるかぎりは「県外」「国外」という感触なのでしょうね。
遺伝的には台湾よりも日本にはるかに近いのに、元琉球は「日本」じゃないというわけです。
基地経済があるから沖縄人の本音は基地存続とする観測もありますが、
まず沖縄のみを特殊に円高にし、じもとの町工場と商店を根こそぎにしたうえで、
基地か公共事業以外に生きるすべのない状態に追いやったのは、米日の政策です。
誰が好きで「希望は戦争」と言ったり「希望は基地」と言ったりしますか?という問題。
つまり沖縄問題は日本問題なのであり、長期間与党であった自民党の責任は大きい。
しかし、そのことに保守メディアはふれたがりません。
本当に基地は「必要」なのか? という点から考え直し、県外・国外移設をもう一度模索すべきでしょう。
今ではかつて沖縄のやられた円高→製造業・地場産業破壊→失業・派遣化を本土も80年代からやられて久しい。
基地の話は軍事経済という軸を通じて、決して他人事ではないのです。
また棄民政策という軸を通じても、本土の一般の人々は沖縄の後を追っています。
その意味でも本土から沖縄を同情している場合ではありません。

同情しているポーズ、というアリバイ工作、ないし防衛機制

●むかし、琉球大の先生だった大田昌秀さん(のちに、沖縄県知事 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E7%94%B0%E6%98%8C%E7%A7%80)が、『醜い日本人―日本の沖縄意識』という本をおかきになりましたが(現在は、新版 http://www.amazon.co.jp/%E9%86%9C%E3%81%84%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E2%80%95%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E6%B2%96%E7%B8%84%E6%84%8F%E8%AD%98-%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%A4%A7%E7%94%B0-%E6%98%8C%E7%A7%80/dp/4006030142)、本質は全然かわらず、むしろ、ずるがしこくなっているようです。●でも、「沖縄人」というアイデンティティを共有するひとびとには、バレバレです。いくら こざいくを ほどこそうが。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。