プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタ言語論(素描力・批評力・反撃力6)

■「メタ言語論(素描力・批評力・反撃力)」シリーズの 「」「」「」「」「」つづき。

■前回、ウェブ上の「批評」行為が、無視できない質・量に達している昨今の状況を指摘しておいたが、「掲示板」や「ブログ」の「批評」的側面は、「素材(対象言語)」に対する「記述言語」の一種という関係性にとどまらないものをかかえている。■それは、ある「記述言語」に対する「批評」(メタ言語)という連鎖が、あくまで可能性ではあるが、無限に(半永久的に)つづきうるという点だ。それは、電子情報としての完全複写とはちがう次元で、「生産的ミスコピーの無限連鎖」という構造である。■玉石混交にめをつぶるなら、掲示板は、ある話題を起点に延々と議論が連鎖していく可能性をひめているし、ブログのコメント欄も同様に、連続的なかきこみがありえる。■おおくは、「ネット・イナゴ」の「来襲」による「炎上」といったばあい以外、10件つづけばおおい方だろうが。
■みのがせないのは、最初の記述に対する反応としてのコメント=メタ言語が、「批評」か「反撃」ではあっても、「素描」であることはまずないという構図。■ある「記述言語」に対する「批評」(メタ言語)という連鎖が、無限に(半永久的に)つづきうるといったが、その連鎖のなかで、「素描」にあたる行為がはさみこまれることは、例外的である。たとえば、掲示板のやりとりのなかで、あきらかな誤読によって、おかしな方向に議論がそれたときに、誤解のもとになった発言を正確に要約しようといったばあい以外はね。■前回、ニュースキャスターや記者たちがニュース原稿や記事をまとめる際に編集する過程をとりあげたが、編集の際の取捨選択作業自体が、取材された人物の発言を発言者の意図に忠実なかたちでの要約にとどめることはすくなくて、権力作用としてはたらくとのべた。■同様のことは、掲示板やブログのコメント欄の「議論の整理」「議論の要約」でも、おきがちだ。「整理」や「要約」をされた発言者が、意図をねじまげられたと おこって、その「訂正」(それは、まぎれもない「批評」「反撃」だ)をおこなうということがすくなくないのは、「議論の整理・要約」自体が誤読・加工をふくめた政治性をおびていることの証拠だろう。

■もうひとつみのがせないのは、「炎上」などでもたしかめられるとおり、「後発組」が「あとだし」という絶対的優位にあるという点だ。■シリーズ第2回でコンクール参加者が審査員に、プレイヤーが審判の判断に服する構造を指摘したが、実際掲示板でスレッドをたてるとか、コメント欄を開放したばあいも、「評価に対して不服をもうしたてることがゆるされているが、そういった「批評」という制度自体に異議をもうしててることはゆるされないタテマエ」が成立する。スレッドをたてるとかコメント欄を開放するとは、コンクールやスポーツ大会に参加することと同様に、「土俵」にあがるという劣位にたつことを意味する。■あとで「批評」「反撃」をくわえるがわは、「あとだし」であるだけに、準備が充分にできるなど、圧倒的に有利なたちばにある。「炎上」は、その悲惨なケースである。「あとだし」がわが、連携プレイにもちこめば、まさに包囲網として、最初の発言者は「ふくろだたき」にあって、そこからのがれるすべがない。■こういった構図に「反撃」できない発言者は、しばしば、「あたまごしに「判定」がかわされる構造」にとりこまれてしまう。ボコボコに ふくろだたきにあっている自分の過去の議論を、あたかも離人症のように、つきはなさないかぎり、神経がまいってしまう。■まさに、言語的リンチということが可能だ。■このようにかんがえてくると、掲示板やブログを運営し、議論の火付け役になるという行為は、かなりのハイリスクといえなくもない。とりわけ、見解がわれる領域、ひとびとを感情的にさせがちな話題のばあい。【つづく】
スポンサーサイト

テーマ : ブログ - ジャンル : ブログ

<< 有名人による失言=メタ言語論(素描力・批評力・反撃力7) | ホーム | ホテル使用拒否 司法をないがしろにする行為だ(2月3日付・読売社説) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。