プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【よく分かる!!廃棄物問題】#153 速報 廃棄物処理法改正案が公開されました

■先日でた 尾上雅典【よく分かる!!廃棄物問題 】 mag2 0000168298 の最新号「よく分かる!!廃棄物問題(第153号) 2010.2.26 発行」の一部を転載(改行等は、適当に編集してある)。


……
□ 【速報】廃棄物処理法改正案が公開されました


 本来なら違う題材でメルマガを発行する予定でしたが、今日(2月26日)の午前中に、環境省が2月19日に開催した「政策会議」で示した廃棄物処理法改正(案)が公開されましたので、そちらを解説します。

 廃棄物処理法改正(案)は、下記のURLから入手できます。
 http://www.env.go.jp/council/seisaku_kaigi/epc012.html


 ただ、改正案を全部印刷すると、A4用紙で158ページにもなり、忙しい皆さんが全文を読みこなす時間は無いと思います。

 そこで、今回は、尾上が1時間で速読した改正案の骨子をお伝えしたいと思います。

 まずは、主な改正ポイントから
1.事業所の「外」で産業廃棄物を保管する際に事前届出が義務化される
 届け出を怠った場合には、「6月以下の懲役、若しくは50万円以下の罰金」という刑罰が予定されています。

2.建設廃棄物の処理責任を、元請業者に一元化
 ここだけ読むと、元請業者のみが排出事業者に一元化されるように思えますが、改正案を精読すると、下請業者が排出事業者として独自に委託契約をしたり、運搬・保管をする方法が制定されそうです。

3.不適正処理された廃棄物を発見した「土地所有者」に対して、行政への通報が努力義務となる

4.従業員が不法投棄をした場合に、事業者である法人に対し、最高で3億円の罰金に(現在は1億円以下の罰金であった)

5.廃棄物処理施設の設置者に対し、行政から定期的な検査を受けることを義務付け

6.排出事業者に対し、委託先処理業者の処理状況を確認することを努力義務
として求める

7.優良処理業者に対して、許可の更新期間が伸びるというインセンティブが付与される模様
 具体的な条件は、今回の法改正ではなく、環境省令などで決定される予定

8.許可の連鎖取消が起こる条件が、廃棄物処理法上特に悪質な違法行為に限定される模様

9.措置命令の対象が拡大
 具体的には、収集運搬や保管行為などが新たに措置命令の対象となる


10.廃棄物熱回収事業者の登録制度の創設
 具体的な内容はまだ不明


 実務上大きな影響がありそうなのは、上記の10項目です。
 それ以外にもたくさんの改正内容があるのですが、主な点だけをピックアップすると、上記の10項目になろうかと思います。


 改正案を見て驚いたのは、処理業界が熱望していた「収集運搬業許可申請手続きの簡素化」がスッパリ抜け落ちていたことです。

 現在、全国で109の自治体が収集運搬業に関する許可権限を持っているのですが、それではあまりにも多いということで、廃棄物処理制度専門委員会報告書では、事実上都道府県に一本化する提言がされていました。

 しかし、改正案のどこを見ても、その簡素化に触れた個所がありませんでした。

 その他にも、専門委員会報告書では触れられていない改正事項がたくさんありますので、「急に現れた規制」や「消された提言」などの背景を読み解くと、環境省や政権の意向が手に取るようにわかるものと思います。
……

------------------------------------------------------
■前回紹介した「【よく分かる!!廃棄物問題】#152 産業廃棄物の不法投棄状況(平成20年度)」みたいに、ツッコミをいれる気にはならない。■実務家とか、行政の担当者以外は、具体的な細部の論点は、わからないはずだし。「「急に現れた規制」や「消された提言」などの背景を読み解くと、環境省や政権の意向が手に取るようにわかる」といわれてもね(笑)。
スポンサーサイト

タグ : 安全

<< 普天間飛行場問題をめぐる日米政府とマスメディアによる歌舞伎プレイ | ホーム | 文部科学省のカリキュラム統制・学習権・ナショナリズム >>


コメント

環境つながりで

『廃棄物列島・日本』(世界思想社)
『持続型社会は近づいたか』(日本経済評論社)
という2冊を紹介いたします。
特に後者の末尾にある、エントロピーを考慮した数式は参考になるとおもうのですが…でも、抽象度のたかさにゲンナリですか?ただ、それでも165ページにある「可逆システムだけを肥大化させて莫大なGDPを生産する定常経済システムの可能性を否定する」という指摘は味読にあたいするものとおもわれます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。