プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィギュアスケート・ジャンプの図解

■「スポーツ振興の意義:「ムダ」とは なにか? 7」をはじめとして、旧ブログ「冬季オリンピック を含む記事」など「スポーツ現象 (46)」の愚劣さ、公的資金はもちろん 市場の資金が流入しつづけることが正当化できるのか、いろいろかいてきた。■スポーツ業界は、学術以上に、「ムダ」とはなにか?という疑念にこたえる用意が必要な領域といえる(日記内「スポーツ ムダ」関連記事)。冬季オリンピックは、基本的に北半球の中緯度以北の経済先進地域だけが上位をねらえる、「五輪精神」にもっとももとるエリート主義的な色彩をかかえている。「参加し挑戦し友好関係をむすぶことに意義がある」などというなら、参加地域のかたよりや、ウィンタースポーツの基本的金満ぶりをちゃんと擁護してからにしてほしい。日本国民の支持と国税の投入があるから、意見する権利があるといった方向での、イジメはいただけない(たとえば、いわゆる「国母」問題とか)が、選手団の大移動と、公共の電波を占領する正当性については、ちゃんとした釈明が必要だ。石原東京都知事が、東京オリンピック誘致運動に動員させた資金・資源の正当性とか、東京マラソンに投入される都税・人員、まわりみちをしいられるトラック輸送や緊急車両関連の「迷惑」について、まともに弁明したことがないような、わるい見本は、いいかげん やめにしたい。

■しかし、日韓が異様にもりあがっている、フィギュア・スケートの採点の主軸となっているジャンプが どんなカラクリかは、一応整理しておかないと、気分がわるいので、かっこうの図解を毎日新聞のウェブ版から(図解の、画面からきれた みぎはしは、クリックすると復元される)。



【明快にわかる フィギュアスケート】
フィギュア・ジャンプ



●日記内シリーズ「「ムダ」とはなにか
●旧ブログ内「「ムダ」とはなにか を含む記事
●日記内「研究 ムダ」関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

タグ : ナショナリズム

<< ロシア惨敗ムード 15日目で金3個、担当大臣更迭論も(朝日)=「ムダ」とはなにか73 | ホーム | とばっちりとしての在日イジメ2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。