プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アバターは反米・反軍映画」保守派いら立ち(読売)

■「映画「グラン・トリノ」の含意」につづいて、めずらしく映画ネタ。


「アバターは反米・反軍映画」保守派いら立ち
1月31日13時5分配信 読売新聞
 【ロサンゼルス=飯田達人】世界興行収入の記録を更新中の米映画「アバター」ジェームズ・キャメロン監督)について、米国の保守層などから「反米、反軍の映画だ」といった批判が相次いでいる。

 3D(立体)技術を駆使した娯楽大作が思わぬ論争を巻き起こした底流には、アフガニスタンやイラクでの長引く戦争に対する米国民の厭戦(えんせん)気分と、それに対する保守派のいら立ちがある。

 ◆教会からも

 映画の舞台は22世紀の星パンドラ。希少鉱物を狙う人間たちは、美しい自然と共生する先住民ナヴィと戦う。元米海兵隊員ら軍服の人間は、圧倒的な軍事力で自然破壊をいとわない悪役として登場、「先制攻撃が必要だ」「衝撃と畏怖(いふ)を与える」などと、ブッシュ前政権の戦略そのままのセリフを口にする。

 保守派の論客ジョン・ポドホレッツ氏は自身のサイトで「観客は米兵の敗北に声援を送るようになる。強烈な反米的内容だ」と非難。現役海兵隊員のブライアン・サラス大佐は隊員向け新聞に「軍の未熟さや凶暴さが異常に強調され、誤解を与える。ひどい仕打ちだ」と記した。

 保守派らの反発には、長期化する戦争から民意が離れている現状への焦りが読み取れる。CBSテレビなどの昨年末の世論調査では、アフガニスタンでの戦況が「良くない」と感じる人は60%に達した。

 自然の中に神が宿るという、キリスト教などの一神教とは相いれない信仰をナヴィが持っている点にも批判が出ている。

 保守派コラムニスト、ロス・ドーサット氏はニューヨーク・タイムズ紙で、「映画は、神と世界が同一という汎神論的な考えに共鳴するキャメロン監督の長い弁明」と指摘。カトリック教会の一部からも汎神論の思想が広まることへの懸念の声が出ている。

 ◆監督は反論

 近年のハリウッドの大ヒット作は、ヒーローが活躍する単純な作品が多かった。これに対し、アバターが戦争、宗教、環境など米国の国論を二分するようなテーマを含んでいるのは事実だ。

 映画の脚本も担当したキャメロン監督は、ロサンゼルス・タイムズ紙のインタビューで、「この映画は我々が戦っている戦争を反映している。兵士は不当に戦場に送られている。この映画で目覚めてほしい」と語り、ふたつの戦争に反対するメッセージを込めたことは認めた。一方で、米軍批判との指摘には、「心外だ。私の弟は海兵隊員だが、彼らを心から尊敬している」とテレビ番組で反論した。

 同紙の映画評論家、ケネス・トゥーラン氏は、「かえって映画の宣伝になり、キャメロン監督の思うつぼではないか」と皮肉っている。

----------------------------------------------
■「映画「グラン・トリノ」の含意」で紹介したように、ごく一部ではあるが、ハリウッド映画も なかなかの できものが、まぎれこむ。問題は、こういった ふかい含意をもつ映画が 大ヒットしても、観客には、あまりクスリにならないこと、いわゆる「自画像」の自己批判=修正には、つながらないだろう点だ。■その意味では、保守派の反感は、単なるあせりからくる 疑心暗鬼・被害妄想のたぐいである。
■しかし、保守派は、批判というより感情的非難を展開すればするほど、無残な自画像をさらし、ますます帝国主義者の正体を喧伝するハメになる。「元米海兵隊員ら軍服の人間は、圧倒的な軍事力で自然破壊をいとわない悪役として登場、「先制攻撃が必要だ」「衝撃と畏怖(いふ)を与える」などと、ブッシュ前政権の戦略そのままのセリフを口にする」など、カガミにうつった自己像であろうに、いまだに直視をできずに、ヤツあたりしているのだから。■「「映画は、神と世界が同一という汎神論的な考えに共鳴するキャメロン監督の長い弁明」と指摘。カトリック教会の一部からも汎神論の思想が広まることへの懸念の声が出ている」にいたっては、アメリカ社会の主流派、すくなくとも保守派の連中が、思想信条の自由なんぞ、カケラもみとめていない、暴力的な「一神教」信者どもであることを露呈している。こういった非寛容な一神教の連中は、はっきりいって世界平和のための有害無益な集団というほかなかろう。
スポンサーサイト

テーマ : アバター - ジャンル : 映画

タグ : ナショナリズム

<< 12月新設住宅着工戸数は‐15.7%、09年は80万戸割れ=国交省(ロイター)ほか | ホーム | <新潟水俣病>和解協議へ 患者団体決める 未認定救済で(ほか) >>


コメント

汎神論!?

汎神論「的」を否定して一神教原理主義を振りまわして、ゲーテもワーズワースも「信仰上、不純で怪しげ」とけなし、日本の神道なんかブードゥー教とひとからげで未開信仰でかたづけちゃうのかな。

「イスラム原理主義」は正規軍を持たずにテロをし、アメリカのキリスト教原理主義は正規軍を動員してテロをしていると考えるほうがいいのかな。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。