プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<新潟水俣病>和解協議へ 患者団体決める 未認定救済で(ほか)

<新潟水俣病>和解協議へ 患者団体決める 未認定救済で
1月30日12時16分配信 毎日新聞

 新潟水俣病の未認定患者救済問題で、国と原因企業の昭和電工(東京都)を相手に1人当たり約880万円の損害賠償などを求めた訴訟を新潟地裁で係争中の患者団体「新潟水俣病阿賀野患者会」(110人)は30日午前、新潟市内で集会を開き、4次訴訟原告(43人)の同意を得て、国と和解に向けた事前協議に入ることを正式に決定した。

 水俣病を巡る訴訟では、国と熊本県、原因企業チッソ(東京都)を相手に損害賠償を求めていた熊本県水俣市の患者団体「水俣病不知火(しらぬい)患者会」(2600人)が今月22日、熊本地裁の和解勧告を受け、国などと協議に入っている。国は患者団体の要望があれば事前協議に応じる方針を示している。新潟では、新潟地裁で係争中の第3次訴訟の原告17人が和解に応じない姿勢を示しているが、最も人数の多い阿賀野患者会が和解に向けた動きを本格化する見通しとなった。

 同患者会の山崎昭正会長(68)は集会後、「高齢の方が多いことを考えると、(和解へ向け事前協議入りの決定は)よかったと思う」と話した。

 新潟県によると、昨年12月末現在で県内の認定申請者数は延べ2230人。696人が認定を受けたものの、延べ1339人が棄却処分を受けており、140人が取り下げた。

 昨年7月に成立した水俣病救済特別措置法では、救済対象者を3年間をめどに確定するなどとしている。【畠山哲郎】

【関連ニュース】
阿賀野川え~とこだより:創刊 新潟水俣病啓発活動の一環で /新潟
水俣病:未認定患者救済問題 熊本訴訟和解協議入り 県内団体は評価二分 /新潟
新潟水俣病:阿賀野患者会、昭電に謝罪求める 面会し申し入れ /新潟
新潟水俣病:4次訴訟 原告団、和解事前協議へ 30日、全員集会で確認 /新潟
新潟水俣病:阿賀野患者会、副環境相に救済充実求め要請--あす /新潟
最終更新:1月30日13時11分

Yahoo!ニュース関連記事
新潟水俣病訴訟 和解目指す(産経新聞) 1月30日15時25分
新潟水俣病訴訟、和解協議へ=国側と話し合う意向-患者団体(時事通信) 1月30日13時42分
<新潟水俣病>和解協議へ 患者団体決める 未認定救済で(毎日新聞) 1月30日12時16分

----------------------------------------------
スポンサーサイト

タグ : 安全

<< 「アバターは反米・反軍映画」保守派いら立ち(読売) | ホーム | 市場万能主義者たちの無自覚さ=「ムダ」とはなにか68 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。