プロフィール

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レアメタル争奪戦(「よく分かる!!廃棄物問題」第149号)

■旧ブログでは、よくひいたメールマガジン「よく分かる!!廃棄物問題」の最新号(といっても、10日ほどまえの号)の転載(適当に改行をかえてある)。


よく分かる!!廃棄物問題(第149号) 2010.1.22 発行
_________________________

……

□ レアメタル争奪戦


 レアメタルをご存知でしょうか?

 読んで字のごとく、希少な金属のことです。

 もう少し具体的に説明すると、地球上にわずかしか残っていない、あるいは埋蔵量はそこそこあるが、それを抽出するのが難しい金属であり、ハイテク製品の製造に不可欠な材料のことです。

 経済産業省は、リチウム、プラチナ、コバルトその他、全部で31種類をレアメタルとして定義しています。

 携帯電話に使われている代表的なレアメタルを挙げてみると

 液晶画面に インジウム
 IC回路に 金(!)
 リチウムイオン電池に リチウムとコバルト
 その他、パラジウム、ニッケル、タンタルなど、非常に多くの種類のレアメタルが材料として使用されています。


 レアメタルの存在を抜きにしては、日本の十八番のハイテク製品が製造できないのが現実です。

 しかしながら、日本はレアメタルの調達をすべて外国からの輸入に頼っており、レアメタルの輸入がストップしてしまうと、その途端に生産活動が行えなくなるという大きなリスクを抱えています。



 そのリスクに対応するため、コバルトタングステンバナジウムモリブデンニッケルクロムマンガンインジウムガリウムの9種類のレアメタルの備蓄を進めていますが、平成21年2月末の時点では、「40.2日分」の備蓄しかできておりません。


 ただ、日本の場合は、今まで製造してきたハイテク製品が大量に国内に残っているため、ハイテク製品に含まれるレアメタルの量を計算すると、産出国の埋蔵量にも匹敵する大量のレアメタルが存在しています。


 この状態を指して、廃棄物になったハイテク製品の山を「都市鉱山」と呼ぶことが多くなりました。


 このような状況を踏まえ、経済産業省は、資源産出国での権益を確保するためのODA(政府開発援助)の他、都市鉱山からのリサイクルの推進などに取組む方針を示しています。

 しかしながら、中国と比べると、日本のレアメタル確保策は、大幅に遅れていると言わざるを得ないようです。

 中国などは、レアメタルの埋蔵量が多いアフリカ諸国での権益確保に、国家を挙げて邁進しているからです。


 国際政治について論じるのはこれくらいにしておき、もう一つのレアメタル対策の柱である、「都市鉱山からのリサイクル」について触れたいと思います。


 資源が市中に大量に眠っているのなら、すぐにでもそこから資源を取り出せそうなものですが、事はそう簡単に進みません。


 電気製品などには、多種類のレアメタルが使用されているため、その中からたった一つの資源、例えば携帯電話の場合なら、「インジウム」だけを簡単に取り出せるわけではありません。


 携帯電話の「インジウム」を取り出す場合は、携帯電話から液晶画面を一つずつ取り外す必要があります。


 これだけでも、日本の一般的な人件費でやっていると、コストが高くつきます。


 その他、外した液晶画面から、「インジウム」だけをうまく回収する必要があります。


 携帯電話のリサイクルを進める場合、総合的に考えると、かなりまとまった量を一度にまとめて回収し、コストやエネルギーの削減を図る必要があります。


 コストやエネルギー収支を無視すれば、あらゆるものがリサイクル可能となりますが、持続的にリサイクルを進めていくためには、コストやエネルギー消費を妥当なレベルに抑える必要があるからです。


 民主党は、政策集INDEX2009において、
「廃ハイテク製品の国内回収システムの構築による不適正な海外流出の防止や回収率の向上、環境負荷が少なく安全かつ効率的な含有希少金属の抽出技術の開発など、レアメタルの再資源化に向けた取り組みを積極的に推進します。」
 と公約していますが、
 
 その他の例に漏れず、レアメタルの具体的なリサイクル政策を明らかにしていません。

 「明らかにしていない」と言うよりは、「考えていない」と言う方が正しいのかもしれませんが(苦笑)。


 国の無策はさておき、非鉄大手企業は独自に設備投資を始め、より多くのレアメタルを回収できるよう、企業努力をしているところです。


 レアメタルのリサイクルを進めるためにも、政府の柔軟な廃棄物規制を期待したいところです。

--------------------------------------------
■中国との利害対立だけではなくて、アフリカ各国の内戦をよびおこすなど、日本のレアメタル獲得競争の状況は、うえのような、無自覚な「政治性」の無視では、どうにも分析不能だ。資源ナショナリズムの愚行合戦に世界中をまきこまないためにも、レアメタル依存症の産業構造をあらためる必要があるだろう。そのためには、とりあえず、「都市鉱山」の再利用しかなかろう。

■それにしても、「ニッケル」「クロム」「マンガン」などが、レアメタルにはいって、国策的な備蓄対象になっているとは、しらなかった。だって、「ニクロム線」とか、「マンガン電池」の主要原料じゃない?


●旧ブログ「よく分かる!!廃棄物問題 を含む記事
スポンサーサイト

テーマ : 環境・資源・エネルギー - ジャンル : 政治・経済

タグ : ナショナリズム

<< 言語権からみた ろう者のコミュニケーション権 | ホーム | 12月新設住宅着工戸数は‐15.7%、09年は80万戸割れ=国交省(ロイター)ほか >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。