プロフィール

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中越沖地震教訓に世界の原発耐震基準 IAEA(朝日)

新潟県中越沖地震関連の旧ブログ「中越沖 を含む記事」「耐震 を含む記事」などの続報。

中越沖地震教訓に世界の原発耐震基準 IAEA

asahi.com 2010年1月20日15時8分


 国際原子力機関(IAEA)は、日本の耐震指針の内容を採り入れた新たな耐震基準案と、地震で被災した原発を復旧させる行動計画をまとめた。2007年の新潟県中越沖地震で被災した東京電力柏崎刈羽原発での教訓が反映され、地震国日本の原発の耐震設計が「世界標準」として盛り込まれた。世界各地で原発建設が加速する中、加盟国の耐震基準作りや改定のひな型になる。

 新基準は2月にも発表される。改定にあたり、経済産業省原子力安全・保安院は柏崎刈羽原発の経験を盛り込むべきだと提案。08年から3年間、毎年7千万円の資金をIAEAに提供し、東京大や原子力安全基盤機構などの専門家も改定作業に参加した。

 新基準では、06年に改定された日本の耐震指針の考え方が生かされた。原発に影響を及ぼす地震動を評価する際は、原発の立地地域の活断層を調べる。その際に、震源を点とみなすだけでなく、震源域の広がりや断層破壊の過程を考慮する新たな手法が採り入れられた。

 中越沖地震では、柏崎刈羽原発が設計段階での想定を超える揺れに見舞われ、従来の手法の限界が露呈。地震後に国内の電力各社が、既存の原発に実施した再評価で、この考え方が採用された。

 さらにIAEAの新基準では、原発だけでなく研究炉や使用済み核燃料保管施設などへも適用範囲を広げた。


 IAEAは大地震に見舞われた原発の損傷をどう評価し、どのように運転を再開させるかなど、復旧への行動計画に関する報告書も今回、新たにつくった。中越沖地震で東京電力が行った損傷評価や、復旧への取り組みなどを例示。地震発生直後に消防や自治体との連絡がうまくとれなかった教訓をふまえ、事前に連携強化を図る重要性についても触れている。

 IAEAの耐震基準は、今後原発を新設する国が耐震基準をつくる際や、すでに原発をもつ国が耐震基準を見直す際の参考になる。各国の耐震基準が世界標準を満たしているか、IAEAが審査するときにも活用される。02年に出された基準を改定した。

 世界では現在、中国やインドネシア、ベトナムなどのアジア諸国、アラブ首長国連邦などの中東諸国のほか米国などでも、原発の新設や増設を相次いで計画。東芝、三菱重工、日立GEニュークリア・エナジー、仏アレバの各原発メーカーが激しい受注競争を繰り広げている。日本の耐震設計の手法が世界標準になれば、国内企業が海外で工事を受注しやすくなる。

 IAEA国際耐震安全センターの森田深(しん)・上席安全担当官は「地震国の日本における知見に裏付けられた先進的な耐震の取り組みが世界標準として盛り込まれたことは、世界の原発の安全の向上につながる。日本は今後、アジア諸国の耐震基準づくりにも協力していくべきだ」と話す。(坪谷英紀

     ◇

■IAEAの原発耐震基準の改定点
・震源域の広がりや断層破壊の特徴を評価して耐震設計
・地震の揺れを予測する際に震源からの距離で揺れが変わる仕組みを考慮して耐震設計
・震度の違いによる建物や発電システムへの損傷との関連性も検討して設計
・地震の発生確率を予測する際にばらつきがあることを考慮
・使用済み核燃料保管施設など原発以外の核関連施設にも基準適用を拡大

----------------------------------------------
■旧ブログ「原発で最大揺れ2058ガル 柏崎刈羽3号機(朝日)」「柏崎刈羽のこの揺れで全原発の設計値超す(赤旗)」「原発の揺れ、04年中越地震の10倍 「耐震性を過信」(東電幹部)」など、東京電力関係者や経済産業省関係者が、原発の耐震性について、ちゃんとかんがえぬいたわけではないこと、いわゆる以前の耐震基準がデタラメで、大震災の規模を過小評価していたことは、あきらかだ(当人たちが、事実上白状しているようなものだ)。
■「「柏崎原発の損傷箇所は線状に並んでいる」(ヤメ蚊)」「島根原発周辺に海底活断層、計10本 長さ51―6キロ(中国新聞)」などみればわかるとおり、電力・政府・大学当局などが調査やシミュレーションで つかんでいたはずの安全性は、ことごとくはずされるような事実が、どんどんあかされてきた。要するに、「想定外」の事態が これからも ドンドンおきる危険性が ひそんでいるわけで、把握できていない(あるいは、積極的把握をさけているらしい)活断層の存在や、まともに機能するかあやしい免震構造等々の「改善」の実態など、問題山積のはずなのだ。とても、世界中にほこれるような水準に達しているとはおもえない。
■それにしても、こういった科学記事には、署名いりで しばしば登場する朝日の坪谷英紀記者は、どういった見識なんだろうね。原発推進派のタレながし発表をまきちらして、問題を感じないのだろうか?



●日記内「中越沖地震」関連記事
スポンサーサイト

タグ : 1984年 真理省 ハイパー独裁 安全

<< 足利事件再審過程での検察・メディアの不可解 | ホーム | 中国初のゲイ大会、警察介入で直前中止(朝日) >>


コメント

たんぽぽ舎より

たんぽぽ舎です。【TMM:No873】
                       転送歓迎です

「もんじゅ」が危ない!          読み切り その1
「もんじゅ」原子炉再開反対、-事故が心配

           核開発に反対する会 柳田 真 (たんぽぽ舎)

・日本原子力研究開発機構(原子力機構《旧動燃と原研の合併体》)が15年前(1995年12月8日)にナトリウム漏れ事故を起こし、15年間、長期停止させていた特殊原子炉「もんじゅ」を今年の2~3月に再開しようとしています。
 「もんじゅ」の運転再開は無謀、無理、無駄、であり、事故(惨事)がとても心配です。
 「もんじゅ」の運転再開をやめよ、廃炉にせよと声を大にして訴えます。

・「もんじゅ」は2008年~2009年の間に、4度も運転再開を延期しています。そのほとんどが原子力機構(旧・動燃)のお粗末でズサンな準備作業に起因しています。たとえば、接触型ナトリウム漏洩検知機の損傷がわかったのも「誤警報」の発生からでした。15年前の事故の原因を考えれば、一番、丁寧に調査、点検すべき筈の機器の点検をやっていなかったことが明らかになりました。排気ダクトの損傷の発覚も同様です。原子力機構(旧・動燃)には、はたして、こういう難しい原子炉を扱う技術があるのか、能力があるのか、組織体制があるのか、-つまりその資格があるのか(事実、無いだろう)-と疑われる事例ばかりです。

・「もんじゅ」についての第一人者である元京大原子炉実験所の小林圭二氏は『恐ろしい「もんじゅ」の運転再開』として、強く警告を出されています。
 「もんじゅ」の冷却系など配管内部の検査はほとんど不可能で、蒸気発生器の伝熱管の小さな孔や狭い亀裂を検知する技術がないため、運転再開は欠陥を見逃したままの見切り発車となる恐れが大きいと指摘されている。つまり事故発生の可能性が非常に高いのだ。これが恐ろしい「もんじゅ」運転再開の実態なのである。東電柏崎刈羽原発(6号、7号)も地震2年後の再開時にはいくつもの故障、
トラブルが起きたという前例がある。

・事故発生がとても心配される原子炉が今、動こうとしている。これに反対する声を大きくすることが急務である。私たちは、小さな力ながら全力で「もんじゅ」反対の世論と力を盛り上げて、「もんじゅ」を廃炉にしたい。
 これまでのもんじゅ廃止署名の活動に加えて、2月6日(土)~7日(日)には「もんじゅ」反対ツアーを四つの市民団体の協力で行い、反対運動を盛り上げたい。
 なお今後、槌田敦氏、地元福井のメディアの記事等々を、『「もんじゅ」読み切り・連載』として、紹介していきたい。

──────────────────────────────
   ホームページと電子メールアドレス変更のお知らせ
 ホームページアドレスは次のように変更となっております。
 http://www.tanpoposya.net/
 メールアドレスは、次のように変更となっております。
新アドレス:nonukes@tanpoposya.net
今後ともよろしくお願い致します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

たんぽぽ舎より

たんぽぽ舎です。【TMM:No885】

「もんじゅ」廃止をもとめる署名へのお願いです

もんじゅ廃止署名に、いつもご協力ありがとうございます。

実行委員会では署名提出を現在の所3月半ばに予定しております。
現在集計作業をしていますが、今一歩頑張ります。

○2月末期限の署名を集めていただいている皆さま
 私たちは、ぎりぎりまで集計作業をして提出致します。
 今まだ途中の方は、まだ間に合いますので、
 3月第2週くらいまでに送って頂けると幸いです。

       よろしくお願いします。

   「もんじゅ」廃止署名実行委員会

たんぽぽ舎より

たんぽぽ舎です。【TMM:No894】
「もんじゅ」の運転再開は危険だ。事故が心配。

15年間長期停止の原発を動かした例はない=5つの情報・動き

1 原子力機構の福井懇話会でも、事故心配の発言が続出
 第25回日本原子力機構の福井懇話会が2日福井市内で開かれた。
 (非公開)(委員の出席者は16名中7名/機構側は13名)
 発表によると、その席で委員からは「県民には期待もあるが、トラブル
にどう対処するのか周知して欲しい」「想定外のトラブルが起きたときに
対応できる体制は構築できているのか」などの要望、質問が出された。
「原型炉のもんじゅと実証炉ではシステムがまったく違うという人もおり、
一般の人はもんじゅの開発意義があるのかと思ってしまう」といった
指摘もあったという。

2 小林圭二さんたちが反対声明
 「もんじゅ」の運転再開に反対する研究者らが11日大阪市内で記者
会見し、再び事故を起こす恐れが大きいなどとして「運転再開は危険」と
主張する緊急声明を発表した。
 元京都大学原子炉実験所講師の小林圭二さんが呼びかけ人となり、
現職の教授や名誉教授など計26名が連名している。

3 福井の3つの新聞に意見広告=もう、『もんじゅ』を動かさないで!
 ストップ原発&再処理・意見広告の会(たんぽぽ舎内)が呼びかけた5度
目の意見広告=もう、『もんじゅ』を動かさないで!が、3月17日の
福井県内を中心とする3つの新聞に載りました。大きさは5段分の1/2です。
かなり目立ちます。
  (中日新聞系)意見広告掲載紙の実物はたんぽぽ舎にあります。
 短期間に多くの賛同カンパを寄せていただいた全国の皆さんのおかげです。

4 県知事やもんじゅ所長へのハガキ、短期間に1200枚も
 福井県知事(許可の権限)ともんじゅ所長と文部科学大臣(監督官庁)
 の3者へ「もんじゅを動かさないで!」の要望・抗議はがきが短時間に
1,200枚も普及できました。
 全国各地からのハガキが続々と、福井県知事やもんじゅ所長、文科大臣
へ届いています。
みんなの最後の努力を集中しよう。
(ハガキの注文はたんぽぽ舎03-3238-9035,又は核開発に反対する会
03-3261-1128午前中へ)

5 なお、もし運転再開が強行された時は、地元の反対組織(福井県民
会議)の呼びかけに応えて、3度目のもんじゅツアー(新幹線又はバス)
を計画しています。
東京でも何らかの抗議行動をおこしたい。
                         柳田 真

たんぽぽ舎より

たんぽぽ舎です。【TMM:No896】『もんじゅ』運転再開反対の緊急声明です
                     
「もんじゅ」についての第一人者、小林圭二氏(元京都大学原子炉実験所)
ら26名の人々が、もんじゅ運転反対の声明を出されました。
 ご了解を得て、この声明文を全国の皆さんへ送ります。
是非、転送して広めて下さい。
 なお、この声明には。(詳しい)説明篇もあります。ご希望の方はご請求下さ
い。

                     転送歓迎です 
                     

     緊 急 声 明
「もんじゅ」の運転再開に反対する


 事故後14年以上停止していた高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)
が、3月中にも運転再開されようとしている。これほど長期の停止後に運転
再開した原発は世界にもほとんど例がなく、高速増殖炉では皆無である。
 「もんじゅ」の事業者である日本原子力研究開発機構は運転再開の準備
が整ったとし、国の原子力安全委員会もそれを了承した。しかし、冷却系
等配管の点検、蒸気発生器伝熱管の未貫通の亀裂や穴あきの探傷、炉心燃
料集合体の健全性調査はほとんど行われず、いかなる欠陥が潜んでいるか
わからない。
 一連の運転再開準備も、数百個にのぼる接触型ナトリウム検知器の点検
漏れが「誤警報」によって偶然発覚したり、排気ダクトの腐食損傷が放置
されていたなどずさんな実態が明らかになり、運転再開は四度も延期され
た。この先、未発見の重要な点検漏れがないとする保証はな
 い。トラブルの対応においても、連絡遅れ等の頻発など組織の体質が
改善されたとは思われない。経験者の多くが去り、人材面も問題である。
このような状態で運転を再開することは危険であり、再び事故を起こす
恐れが大きいと私たちは考える。
 一方、「もんじゅ」の建設費が軽水炉の約5倍と高いことから、実用
化像としては、「もんじゅ」とまったく異なる構想に描き直されている。
したがって、「もんじゅ」は、もはや実用化に向けた原型炉ではない。
運転目的の「発電プラントとしての信頼性の実証」は、実用化像と大きく
かけ離れていては実益に乏しく、「ナトリウム取扱技術の習得」に「もん
じゅ」が不可欠なはずもない。「燃料や材料の照射試験」用にはすでに
実験炉「常陽」がある。高速増殖炉推進の観点に立っても、「もんじゅ」
の運転再開には意味がない。
 しかし、最も根本的な問題は、そもそも高速増殖炉自体実用になる見込
みがないうえに、高速増殖炉を運転すると核兵器に最も適した超核兵器級
プルトニウムが容易に生産・取り出せることだ。
 高速増殖炉は、プルトニウムの増殖により圧倒的な電力用資源が得られ
るとの期待から、他の原発に先立ち開発が始められた。しかし、開発は
困難を極め、半世紀以上かけても実用に到らなかった。先行した米国、
英国、フランス、ドイツ各国は、いずれも約20年前までにすべて高速
増殖炉開発から撤退した。
理由は、 軽水炉に比べても格段に危険であり、 経済的に成り立つ
見通しが無く、 核兵器の製造に容易に結びつく恐れがあるからであった。
 ロシア、中国の炉は増殖炉とは無縁の濃縮ウランを燃料とする高速炉で
あり、フランスの新計画は放射性廃棄物対策の一環であって増殖炉とは
関係ない。資源または軍事目的で残った国は日本とインドのみとなった。
数十年先といえども、日本一国で未知の技術開発のかたまりである実用化
を実現できるとは思われない。日本は、目下、厳しい国家財政の中で、
多くの社会問題の解決を急がれている。無意味な「もんじゅ」運転に、
危険を冒してまで毎年巨額の税金を投入し続けることは到底許されない。
 以上の理由から、私たちは「もんじゅ」の運転再開に強く反対する

2010年3月11日      
   「もんじゅ」運転再開に反対する学者有志一同
「もんじゅ」運転再開に反対する学者有志一同(アイウエオ順))

       淡川典子(元富山大)
       新井栄一(東京工業大名誉教授)
       石田紀郎(京都学園大バイオ環境学部)
       井野博満(元東京大工)
       今中哲二(京都大原子炉実験所)
       海老沢徹(元京都大原子炉実験所)
       尾崎充彦(元大阪大工)
       川野真治(同志社大工)
       木野 茂(立命館大)
       小出裕章(京都大原子炉実験所)
       小林圭二(元京都大原子炉実験所)
       小村浩夫(静岡大工)
       小山英之(元大阪府立大工)
       正脇謙次(元京都大工)
       白鳥紀一(元九州大理)
       槌田 敦(名城大)
       朴 勝俊(京都産業大)
       橋爪健郎(鹿児島大)
       馬場浩太(元広島修道大人間環境)
       藤井石根(明治大名誉教授)
       藤田祐幸(元慶応大物理)
       宮内泰介(北海道大文)
       三輪 浩(信州大名誉教授)
       山内知也
       山口幸夫(和光大)

反体制派ではない御仁たちが いならぶ反対声明

■もし政府当局・電力会社の「安全」論がただしいのなら、「京都大原子炉実験所」の先生たちが、みんなデタラメなことをいっていることになります(http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/http://d.hatena.ne.jp/aresan/20090304/1236174295)。ま、ありえませんよね。
■再三再四、旧ブログ時代からくりかえしてきたとおり、当局や業界から、まっとうな、安心できる説明がなされたことはありません。根拠がしめされない「まかせとけ」ほど、こわいものはない。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。