プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社説】日本はガム程度の金で韓国人を辱めるのか(中央日報)

戦時賠償問題で、「朝日」などでも社会面に記事がのった話題。

【社説】日本はガム程度の金で韓国人を辱めるのか
2009年12月25日10時30分 / 提供:中央日報
 太平洋戦争当時、日本に連行され11カ月間、強制労役に苦しんだ韓国人勤労従軍慰安婦の女性7人に、日本政府が1人当たり99円(約1300ウォン)を厚生年金脱退手当として支給したという。女性たちが脱退手当支給を申請し、11年ぶりの今月中旬、主務機関である日本社会保険庁がこれらの厚生年金加入事実を認め、99円ずつを口座に振り込んだというのだ。「脱退手当は現価換算をしない」という規定のためだとしても、いずれにせよ解放当時、牛2頭を買うことができたお金が、ラーメン一杯の値段にも及ばない金になり、64年余りたってからようやく女性たちの手に握られたわけだ。
 学校にも通わせる、金儲けできるようにしてやるという口車に乗せられて10代の少女たちを日本に連行し、軍需工場で1年近くこき使った対価として60余年たって99円を支給したというのは、人間に対する侮辱だ。それならむしろ与えないほうがよかっただろうに、99円を振り込んだというのか。2005年にも日本は類似の事例で脱退手当を申請したヨ・ウンテクさんに316円を支給した。原則ばかりを守り、他人に気配りすることができないという日本の否定的イメージを日本自らでまた確認させた格好になった。
 日本は1994年、台湾出身軍人・軍属の不払い賃金と軍事郵便貯金など「確定債券」に対して以前、当時の額面価の120倍に換算して支給した前例がある。債券だけお金で、手当はお金ではないのか。誰が見ても誤った規定であれば直さなくてはならず、それも一歩遅れて支給しておいてこれはいったいどういう策略か。辱めるつもりでないならむしろやめてほしい。
 ドイツは2次世界大戦以後、外国人強制労役被害者らに国家と個別企業レベルで賠償金と補償金の名目だけで約2000億マルクを支払った。同じことを日本に要求するわけではない。1965年「韓日協定」で、民間の対日請求権をあきらめた韓国政府の責任があるからだ。そうだとしても、それですべて終わったという態度で一貫するのは納得いかないことだ。来年なら韓日併合100年だ。今でも韓国・日本政府と関連企業が一緒になって、生存する被害者たちの痛みをなだめることのできる案を探さなければならないだろう。


■関連リンク

日本、勤労挺身隊女性に年金脱退手当わずか99円…1940年代の金額をそのまま計算
-----------------------------------------------------
■ただし、この社説は、事実関係をとりちがえた混乱があるようだ。女子挺身隊は、従軍慰安婦(軍事的性奴隷)だけではなくて、軍需工場での徴用もふくまれるからだ。■第1段落と第2段落との矛盾にきづかないのは、訳文をつくったのが、歴史にうとい日本人(ないし、在日)なのか? こういった誤訳をくりかえしていたんでは、双方のネット右翼を中心に不毛な「口撃合戦」がはびこりかねない。
■なので、Google検索結果のリンクなどは、一切はらないことにする。
戦時徴用の年金手当たった99円 元朝鮮挺身隊女性に
asahi.com 2009年12月23日5時0分

 太平洋戦争中、「朝鮮女子勤労挺身隊(ていしんたい)」として10代で朝鮮半島から日本に徴用され、工場で働かされた韓国人女性たちが1998年に請求していた厚生年金の脱退手当金について、社会保険庁が7人の一定期間の加入を認め、各99円を支払ったことが22日、分かった。社保庁は請求から11年かかったことについては「個別の案件には答えられない」としているが、金額は厚生年金保険法に基づいて算定したとしている。女性の一人は「馬鹿にされた思い」と話した。

 脱退手当金を請求していたのは、40年代に挺身隊として三菱重工業 名古屋航空機製作所道徳工場名古屋市南区)で従事していた8人。支援者らによると、戦争中に亡くなって年金加入期間が短い1人を除く7人は今年9月、44年10月~45年8月の11カ月間、年金に加入していたと認定された。12月半ばには、脱退手当金として銀行口座などに1人99円が振り込まれたという。

 社保庁年金保険課によると、脱退手当金は厚生年金保険法に定められたもので、年金の受給期間に至らずに会社をやめた人が、厚生年金を脱退する際に支払われる一時金。86年に廃止されたものの、41年4月1日以前に生まれ、一定期間、掛け金を支払った人は今も受け取れる。その金額は、給与の平均額などから算出され、貨幣価値の変化などは考慮されないという。

 今回の認定・算定は、愛知社会保険事務局が担当した。7人の給与記録が存在しないため、同じ工場の日本人例といった関連の資料探しなどで時間がかかったが、当時の給与体系や加入期間などから99円に決定したという。

■戦後補償に詳しい内海愛子・早稲田大学大学院客員教授の話 年金の脱退手当金は、本来、戦時に動員された人たちが帰国する際に支払われなくてはならないものだ。それを戦後ここまで放置してきた以上、当時の金額のまま払えば、受け取った側が納得しないのは当然で、国や会社は誠意をもって向き合うべきだ。韓国併合から来年で100年。軍事郵便貯金をはじめ、戦後処理の諸問題を立法などで最終解決しなくてはならない時にきている。(三橋麻子、青瀬健)

     ◇

 韓国・光州市の梁錦徳(ヤンクムトク)さん(78)が厚生労働省からの国庫金振込通知書を受け取ったのは12月半ば。金額欄には99円とあった。「だまされて徴用され、償いも長い間、待たされた。あげく、この結果。くやしい」と涙ぐんだ。

 韓国が日本の支配下だった1931年、朝鮮半島南西部の農家に生まれた。6人きょうだいの末っ子。教師を夢見たが、勉強を続けられるほど生家は豊かではなかった。「日本で働けば家が建つほどのお金がもらえ、学校にも通える」。そう教師から聞いたのは、級長だった6年生のときだ。間もなく、先輩ら23人とともに日本へ渡り、名古屋の三菱重工業で働き始めた。「朝鮮女子勤労挺身(ていしん)隊」だった。

 賄い付きの寮住まいで、朝から晩まで働いたことは覚えているが、給料をもらった記憶はない。会社に問い合わせるたび、「年金や貯金にしているから安心しなさい」と言われた。約10カ月後に富山の工場に移ったが、暮らしぶりは相変わらずだった。

 終戦を迎え、故郷へ帰ると、いわれなき中傷を浴びた。挺身隊は「慰安婦」と混同されていた。日本にいたことをひた隠す暮らしがしばらく続いた。

 21歳で結婚。光州市に移り3児の母になった。ところが、数年後、夫は家を出た。日本にいたことを耳にして、やはり誤解したためだった。魚の行商などで生計を立てたが、近所から食べ物をもらい、子どもたちの飢えをしのがねばならない日も多かった


 支援者らの協力などで98年5月、日本名だった「梁川金子」の年金記録を確認し、脱退手当金を請求した。しかし、社会保険庁は「掛け金は2カ月分のみ」として支払いを拒否した。あきらめずに、「消えた年金」問題が表面化した昨年、再交渉したところ、当時の日本人同僚の記録などから主張が認められ、今年10月5日には年金手帳も交付された。申請から11年が過ぎていた。

 今も暮らし向きは厳しく、脱退手当金に期待していた。「まさか、物ごいをしてももらえるような金額とは……。馬鹿にされた思い。挺身隊で人生が狂った。65年間の苦労を換算してほしい」

-------------------------------------------------
■タコべやに軟禁状態にありながら、やはり奴隷的労働に従事させられ、まともな対価がはらわれたことのなかった単身の男性労働者も悲惨であるが、健康体のままで帰国できたばあいは、第二の人生でうまくいった例もすくなくあるまい。■しかし、女性のばあいはちがう。
■戦時賠償は、そういった意味で、当時の労賃を単純に物価スライド換算するだけではなく、労働強度や人権蹂躙を勘案して慰謝料をこめるのが当然だし、女性たちのばあいはそれにくわえて、性的な奴隷であったばあいと、そういった風評によって不幸においこまれた双方を救済する措置がとられねばならない。■当事者の人生をだいなしにしたのは、軍需企業とそれを動員した日本政府なんだから。

■それからすれば、今回の処理方法は、それらすべてに対して対極であり、しかも生存者を何重にも侮辱したという意味で、組織犯罪のたぐいである。この処理方法自体に対して、慰謝料請求の賠償訴訟になりえるとおもう。
■小役人根性というのは、そういった意味で、ニンゲンの下劣さを、非常に端的にあらわしてくれる。ナチズムのような狂気とは別個にね。■ナショナリスト、とりわけ右派は、こういった愚行に対して、どう批判するのか、ちゃんと態度をしめすべきだ。自称、あるいは主観的に愛国者なのだから。
スポンサーサイト

タグ : 1984年 ナショナリズム 公文書

<< 自殺者、09年も3万人超 警察庁まとめ、12年連続(朝日) | ホーム | 見せしめか 著名反体制作家に懲役11年 中国(産経) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。